『宇宙人ポール』全俺が泣いた。卑怯だ!このギャップは卑怯すぎる!

宇宙人ポール

公開:2011/02/14

監督:グレッグ・モットーラ

出演者:サイモン・ペッグ

製作国:イギリス

REVIEW - 映画レビュー

『宇宙人ポール』という映画を発見しました。とにかく落ち込んでいるので、何も考えず笑いたかったのです。低予算のB級映画のようですが、ちょっと下品で、ちょっとくだらない。でも、ちょっぴりしんみりする。そのギャップがまさに求めていたものだと思いました。早速レビューの方をしていきましょう…。

スポンサードリンク

10秒でわかる『宇宙人ポール』のストーリーのまとめ

イギリス人のSF作家のクライヴとイラストレーターのグレアムは二人仲良くアメリカにUFO巡りの旅行に来ていた。キャンピングカーでドライブ中、車の事故現場に遭遇する。車から降りてきたのはなんと宇宙人。ポールと名乗ったその宇宙人は政府から追われていると言う。戸惑いつつも彼をキャンピングカーに乗せ、追手から逃げることに。宇宙人ポールを故郷の星に帰すため、命がけの逃走劇が始まる…。

もし、あなたに居酒屋で『宇宙人ポール』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、ちょっと質のいいパロディ満載のコメディー映画なんだ。ちょっと質のいいって所がミソね。まぁ、あんまりSFを観てこなかったからパロディの元ネタを知らないものも多かったけれど、それでも充分に楽しめた映画。ストーリー的には王道よりかな。でも王道なのにギャップがある。そこに“ちょっとの質”が隠れているんだ。
野口明人
出演している俳優さんはほとんど知らない人だった。もちろん僕が知らないだけで有名な人もいるんだろうけど。でも出演者は知らないにしても映画の中に出てくる会話に登場してくる名前は知ってるものが多い。スピルバーグやらE.T.やらスタートレックやらエイリアンやらメン・イン・ブラックやら…。全部は拾いきれなかったけど、元ネタまとめサイトがあるぐらい散りばめてあるんだよね。
野口明人
もしかしたら映画に詳しい人からすると「表面だけをかっさらったような物しか出してねーじゃねーか!ミーハー野郎が!」と怒りが生まれてくるのかもしれないから、僕ぐらいなちょっとかじった事あるぐらいが一番楽しめる映画なのかもしれないね。僕もaikoとか好きなアイドルとかの特集組まれている番組見て、「なんでこんな有名な曲ばっかり選曲するんだよ。もっといい曲あんだろーが!」って思っちゃうもんね。好きだから仕方がない。でもやっぱり名刺として差し出すにはキャッチーで有名な感じの方が受け取りやすいし、受け入れやすいんだろうね。
野口明人
さて、ではではこの映画の王道ストーリーであるあらすじを追っていこうとしよう。この映画の主人公はイギリス人の二人のSFオタク。一人は小説家。一人はその小説に挿絵を入れているイラストレーター。二人は大の仲良しで周りから見ればゲイのように勘違いされてしまうほど。
野口明人
そんな彼らはアメリカに旅行しに来ていた。目的は二つ。コミコンとUFO巡り。コミコンっていうのは日本のコミケみたいなもの。UFO巡りは聖地巡礼。それのSF版ね。スターウォーズとかのコスプレしたり人が集まって即売会や握手会を行うコミコンに行って、その後キャンピングカーを借りてUFOが目撃されたり、SF映画で使われた現場などに行って同じポーズして写真撮ったりね。
野口明人
まぁ、日本と違うのは場所がアメリカだから端から端まで車で大移動しなきゃいけなかったって事。キャンピングカーで寝泊まりして次の場所に一日かけて向かう的なね。そんな道中、セダンの車が事故を起こす瞬間を見てしまう。心配になってその様子を見るために車を降りると、セダンから出てきたのは典型的でステレオタイプな形、グレイと呼ばれるような見たまんまの宇宙人。しかしその宇宙人は自分の事をポールと呼び、喋っている言葉遣いはまさにおっさんそのもの。
野口明人
ビックリした二人のうち小説家の方は失神してしまい、イラストレーターの方は笑って受け入れた。ポールは言う。「とりあえずビックリしているだろうが、助けてくれ。そうじゃなきゃ俺は殺されてしまうんだ」
野口明人
…冷静に考えればSFオタクにとってこれほど嬉しいことはない。“本物”に会えたわけだから。イラストレーターはポールと協力して失禁して失神している小説家をキャンピングカーに乗せ、ポールの言われるがままに車を発車させる。
野口明人
彼らが発車したちょっと後、車の事故現場に一人の厳しい顔をした男が現れる。彼は残された事故車を調べ、地面に落ちている水たまりをひとすくいして舐める。ペッ!…小便だ。彼はどこかに無線で連絡し指示を受けキャンピングカーが向かった方向に車を走らせる。
野口明人
ま、その後はさ、女性を逃亡の仲間に加えたり、そのことで女性のお父さんからも追われたり、色々な所で敵を作って様々なグループから追われるドラゴンボール的な王道ストーリーになるんだけど、宇宙人ポールとその御一行様はポールが故郷の星に帰る為に右往左往、時には仲間割れをしつつ時には恋愛もありつつ、時には友情もありつつ、時折ブラックジョークを踏まえながら、時折パロディを踏まえながら頑張るっていうのが大筋なんだよね。
野口明人
パイオツが屁をこいたとかちんこがどうのとか下品な雰囲気が常に漂っているから、シリアスとは程遠い映画なんだけど、時には真剣なアクションあり、特にはどんでん返しあり、そしてラストはしんみりムード持ってくるからそのギャップがもうなんかね。やられたーって感じだった。
野口明人
やっぱりさ、シリアスムードからのしんみりよりもギャグムードからのしんみりの方が振り幅が大きいから、同じようなシーンを見せられているにも関わらず、おお!!ってなるよね。ちょっと昔の漫画の『みどりのマキバオー』とか、ギャグなのに泣いたもんね。うんこたれ蔵とかいう主人公の漫画なのに泣きまくったもんね。ギャップはずるいよね。
野口明人
あれだな。『TED』みたいな映画が好きなら、この映画が好きかもしれない。あれもまぁ、かなりお下品で最後はちょっぴりしんみりだからね。あれはクマと人間の友情だけど、こっちは宇宙人と地球人たちの友情。
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。Amazonの方に完璧過ぎるあらすじ書いている人いるから、ネタバレ避ける為にレビューの方はサラッと読んでもらいたいけどね。または観てからレビュー読むとか。まぁ、あれだ。この映画は観終わった後、特に何も考えずにいられるから気楽に観るにはちょうどいい映画だね。

…そんな事を『宇宙人ポール』について缶ビールでも飲みながら居酒屋を出た公園らへんで話すと思います。

スポンサードリンク

『宇宙人ポール』の名言

ピザだ!

たまには冒険するのもいい。

自分らしく正直に言うのが一番さ

『宇宙人ポール』のおすすめポイント

野口明人
コメディーなので知らないものは知らないままでも充分に楽しめる。深い意味を理解しなくてもその場の雰囲気を楽しめばいいのです。

まとめ

なかなかに期待を裏切ってくれたB級映画でした。低予算なんてなんのその。充分面白いよ。レビューを沢山読んでみて感じたのは、この映画は映画が大好きで仕方ない人にとっちゃ観るに耐えないものっぽいけど、家族でたまーに映画を観て楽しみたいっていうライト層にはウケがいいと思う。

まぁ、エロ用語やそれを彷彿させる行動が出て来るので、子供と一緒に観たらアレどういう意味なの?って質問されたりして気まずいかもしれないけど。充分な大人になったお友達などとピザ食べながら観るならいいんじゃないかな。

なんだかんだで100件以上レビューついてて、高評価を維持しているし。

あれだ。映画は自分の感情と相談して、どのジャンルを観るかってとても大切な事なんだと思う。どんな名作だって、自分の身近な人が死んだすぐに観て、映画でも死ぬシーンが描かれてたら、そのシーンが普通の時は感動していたのに、とても観られたものでなくなっちゃうし。

ものすごくへこんでいる時は、こういう何も考えずに笑える映画がいいのだと思う。怒ったり、泣いたり、喜怒哀楽に心が揺さぶられて冷静になれなくなったら、おっぱいの事を考えなさいって死んだばっちゃが言ってたもんな。

ではではそんな感じで『宇宙人ポール』でした。

次もきっとおバカ系のコメディー映画を観ようと思います。

野口明人
では、最後に『宇宙人ポール』の採点…

スポンサードリンク



宇宙人ポール
  • ストーリー - 65%
    65%
  • キャラクター - 90%
    90%
  • 演出 - 85%
    85%
  • 映像 - 70%
    70%
  • 音楽 - 65%
    65%

レビューまとめ

ダークユーモアたっぷりなのに、最後はしっとり。そのギャップにやられた。何も考えずに観るならこの映画は最適だと思う。深く考えちゃダメ。ただ楽しむ為に観るのだ。

75%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!