CATEGORY 邦画

日本の映画

恋愛映画

『トイレのピエタ』信者と言われてもいい。信者以外に観てもらいたい

『トイレのピエタ』を観ました。この映画二つほど引っかかりがありまして、僕が一番好きなバンド、RADWIMPSのボーカル野田洋次郎が主演で俳優デビューし、日本アカデミー賞の新人賞を取った作品だったので是非観たいとは思っていました。

…が、『トイレのピエタ』というのは1989年に手塚治虫が死ぬ前に書いた最後の作品、最後の文章、日記でして、手塚治虫のファンでもない松永大司監督がインスピレーションを得たとして作ったのがこの映画なんですよね。タイトルまで使ってしまって…。手塚治虫の娘さんの手塚るみ子さんが試写会後に酷評したこととしても有名でして、故人を思うとなんとなく気がひけて観ていいものかと迷っていました。現に某レビューサイトでは洋次郎信者の高評価と手塚治虫ファンの低評価がバチバチしている作品でして。

それでも2011年ぐらいから応援していた杉咲花が出てるというので、おそるおそる観てみると洋次郎とか手塚治虫とか抜きにして、その存在感は圧巻でした…。

ヒューマンドラマ映画

『銀のエンゼル』に有安出てたし金八の生徒も出てたけどストーリーも

『銀のエンゼル』という映画が水曜どうでしょうの鈴井さん(鈴井貴之)が監督した作品という事で、いつか観ようとずっとウォッチリストに入れてあったのだが、この度Amazonプライムビデオの無料期間が終わってしまうという事で、なんとかその前に観なければと思って観てみることにした。再生ボタンを押してみてビックリ…