『世界最速のインディアン』タイトルから連想するものとは全然違う!

この映画、かなり胸アツ!!

ロジャー・ドナルドソン監督の世界最速のインディアンという映画を観ました。このタイトルを読んだ時にインディアンが全速力で駆け回る映画を想像していたんですが、観てみたら全く違う映画でした。

インディアンというのは、バイク、オートバイの名前です。バイク乗りの話なのです。

そしてそれにまたがっているのは60代のおじいちゃん、羊たちの沈黙で有名なアンソニー・ホプキンスです。このおじいちゃんが本当にかっこいいんです。「俺の心は17歳だぜ」なんて真顔で言っちゃうぐらいイケているおじいちゃんなのです。

このおじいちゃんはニュージーランドに住んでいるのですが、もう40年近く愛車「インディアン」の改造にいそしんでいます。いつか世界記録を塗り替えてみたいという夢を胸に生きてきたのですが、その記録を打ち立てるためにはニュージーランドから地球の反対側、アメリカのボンヌヴィル塩平原という場所に大金をはたいていかなければなりません。お金の問題もあって、決断できずに日々を過ごしていました。

そんなある日、胸が急に苦しくなってしまいます。病院に運ばれると狭心症と診断され、バイクには乗ってはいけないと注意されました。

しかし、それをきっかけに生きているうちにやれることはやっておこうと、アメリカのボンヌヴィル塩平原に向かう事を決意します。

そして…

そんな話なんですが、この映画、開始30分ほどでもう泣きそうになりました。そしてラスト30分で感動のすべてを持っていかれました。この映画、本当にすごくいい映画です。誰も不幸になりません。幸せに満ち溢れています。

実際にあった話を脚色して作った映画らしいので、完全ノンフィクションではないのですが、一人の男が周りにバカにされながらも夢を追いかけるという姿が本当にかっこいい映画です。なんか、勇気もらえますよ。

ここまで、最初の想像とギャップがあった映画も珍しいです。全く期待せずに観た映画だっただけに、感動が大きくなりました。夢を追いかけない人間は野菜と同じだそうです。キャベツだそうです。

夢を追う事を忘れてしまった人にぜひ見てもらいたい映画です。

おすすめです。

ではでは。

今すぐ『世界最速のインディアン』をダウンロード

Sending
User Review
0 (0 votes)

この記事をシェアする

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!