『ミスト』を観た。ラストを知ってから観ると新しい恐怖が襲ってくる

ミスト

公開:2007/11/21

監督:フランク・ダラボン

出演者:トーマス・ジェーン

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

『ミスト』を観ました。フランク・ダラボン監督の映画です。フランク・ダラボン監督と言えば、かの有名な『ショーシャンクの空に』、『マジェスティック』、『グリーンマイル』の監督。今回は『ショーシャンクの空に』や『グリーンマイル』と同じように原作がスティーヴン・キング。

原作スティーヴン・キング、監督フランク・ダラボンのコンビは僕の中で爽快な映画を作ってくれるイメージでしたが、今回の映画はその想像をあっさり裏切ってくれました。そうでした。スティーヴン・キングはホラー作家でした。本来はこういう雰囲気のほうがスティーヴン・キングは本領を発揮するのでした。

スポンサードリンク

10秒でわかる『ミスト』のストーリーのまとめ

嵐が過ぎ去った次の日、デヴィットは買い出しのため子供を連れてスーパーに出かける。嵐の影響で停電している店には客がごった返していたが、やがて店の外でサイレンが鳴り始める。血を流した男性が店に駆け込み「霧の中に何かがいる!」と叫び出す。戸惑う中あっという間に街中が霧に包まれ、不安に駆られた客は店内に閉じこもるが、徐々に精神を蝕まれていき…

もし、あなたに居酒屋で『ミスト』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、絶望的過ぎるラストの映画なんだ。『ショーシャンクの空に』って映画あるじゃん?映画界のミスチル的なAmazonでも700件以上のレビューが付いていながら評価4.5以上の化物級の素晴らしい映画。あれの監督がフランク・ダラボンって言う人で、原作がスティーブン・キングなのね。
野口明人
この『ミスト』もね、監督フランク・ダラボンで原作スティーブン・キングなんだよ。だからさ、ショーシャンク的な爽やかなラストを想像してたのね。あれじゃん?ショーシャンクってもちろん残酷なシーンもあるけど、ラストが爽快で後味がいいと思うんだよね。
野口明人
でも、この映画は違う。マジで同じ人なの!?って叫びたくなるぐらい、ラストがもう、うわぁぁぁぁぁ…だった。もうね、ラストが、うわぁぁぁぁぁ…なの。うん。
野口明人
とりあえず、軽くあらすじを話しちゃうけど、すごい嵐が起きた次の日、主人公デヴィットの家は木が折れて窓が割れたり、ボート小屋が壊れてたりで、必要な物をスーパーに買い出しに行くのね。子供を連れ、不仲な隣人と一緒に車で。まぁ、なんで不仲なのとか、ここん所はそれほど重要じゃないから詳しく話さないけど。
野口明人
んで、スーパーに着くと店は大繁盛。同じように嵐の影響を受けた人たちが買い出しに来ているんだろうね。でも、スーパーもさ嵐によって停電になっててレジは動かないしてんやわんや。唯一冷蔵庫だけは自家発電によってなんとかっていう状況。
野口明人
デヴィットは子供と一緒に必要な物をかごに入れたりしてね、子供にとっちゃ嵐も楽しい出来事みたいな感じでワイワイやってるわけ。でもそんな温かい空気がサイレンによってぶっ壊される。外を見るとなにやらパトカーとか救急車とか軍人がざわついている。そして血を流したおっちゃんが走って店内に入って来ると「霧の中に何かいる!!」とか、もう店内騒然。
野口明人
なんの事かわからないうちに街中が霧に包まれちゃってさ、店の中から外を眺めても、真っ白で何も見えないの。どういう事だよとそのおっちゃんの説明を聞いたものの、イマイチよく把握できない。
野口明人
でも、とりあえず店の外には出ない方がいい!って言うの。状況に怯えた客達はとりあえず店に篭もるんだけど、家に子供を残して来ているんです!っていう女性がいてね、誰か一緒に帰ってくれませんか?って叫ぶけど、主人公を含め、店から出たくない一同はその女性を冷たい目で見るしかなかった。
野口明人
誰からも見放された女性は一人で店を出て霧の中に消えちゃう。残された客達はやる事もないからお店の中で時間を過ごすんだけど、デヴィットは子供のために毛布か何かを持ってきてあげようと店の倉庫に行くの。
野口明人
そこにはさ、冷蔵庫のための自家発電機があるんだけど、なんか煙出てるんだよね。焦って電源を落としたのも束の間、シャッターがドーン!ドーンって外から殴られているのを目にする。
野口明人
や、やばい!って店内に戻り、店員とそこらへんにいた客に話をしたんだけど、デヴィットの話を信じない人ばっかでさ、ビビってんじゃねーよと笑われながら一緒に倉庫に行くの。
野口明人
あれ?自家発電機の電源切れてるじゃんってみんなが言ってさ、そんな事しちゃダメだよと再度電源を入れる。するとまたもや煙が出てさ、あー、これは外のパイプになんか詰まっているんだな、シャッター開けてパイプの詰まりを取り除かなきゃってなるんだけど、デヴィットは必死で反対するわけ。さっきのドーン!ってのを見ているからね。
野口明人
でも他の客はさ、うるせえよ、俺はお前みたいにビビりじゃないんだ、口出しすんなって聞かなくてさ。シャッター開けちゃうの。その瞬間、巨大なタコの触手みたいなのが、人間一人をかっさらうわけ。え?え?え?ってなった客はさ、ビビって動けなくなっちゃって、デヴィットはなんとかシャッターを閉める。
野口明人
お前があいつを殺したんだぞ!!なんて、さっきバカにしてきたヤツを罵倒するデヴィット。でも何の解決にもならない。とりあえずこれで状況はつかめた。絶対に外に出てはいけない。それを店中の客に伝えないといけないわけだね。
野口明人
でもやっぱり実際にさっきの状況を見てない人達は信じないからさ、外に出て助けを呼んだ方がイイ派と店に篭った方がイイ派に分かれちゃうのね。デヴィットは篭もる派。んで、最初に出てきた不仲な隣人は外に出る派。この隣人は弁護士でさ、頭が良くて弁が立つの。だから人々に演説して、外に出る派を募っていく。
野口明人
まあ、最後までこの隣人はデヴィットの意見を聞かなくて、外に出て行っちゃうんだけど、その時に一つだけデヴィットはお願いをした。体にロープをつけて外に出てくれ。そしてそれをこっちで引張りながらいれば、何mまでなら安心だとかわかるってね。
野口明人
そして外に出る派の一人の腰にロープをまいて外に出たんだけど、霧の中に入って間もなく恐ろしい力でロープが引っ張られてね。店内に残ったみんなは焦ってロープを手繰り寄せる。すると残っていたのは人間の下半身だけ。
野口明人
それを見た客達は状況をやっと理解する。これは絶対に外に出てはいけない。窓の付近にバリケード作ったりして完全防備…のつもり。そして夜になる。店内の光に呼び寄せられた巨大な虫や、恐竜みたいな生物が窓を割って店の中に入ってきて、大惨事。死人が出た。
野口明人
とりあえず火とか銃を使ってなんとか巨大な生物をやっつけるんだけど、問題は巨大な生物だけじゃなくてさ。店内に一人お客さんでちょっと頭がおかしいとされてた女性がいたのね。神がなんだのブツブツ狂信的な発言をする人が。最初のうちはみんなその女性の声に耳なんて傾けなかったんだけど、大惨事が起こり始めた時ぐらいから、信者が出てきてね。
野口明人
これは神の裁きなのだとか、なんだの言い始めて、生贄を差し出せとか言い出す始末。最初は少なかった信者も、恐怖にかられてどんどん増えていってしまう。最終的にはデヴィットのような信者じゃない方の人の方が少なくなっちゃってさ。
野口明人
生贄を差し出す事を実行し始めるんだよね。最初は軍人。何やらこの状況を生み出した原因が軍の「アローヘッド計画」っていうのらしくて。異次元がどうのとかなんとかで、それが教祖さまの耳に入ってしまった。お前のせいだ!あいつを生贄として差し出すのだ!その声を聞いた信者達は軍人をナイフで刺し、店の外に出しちゃう。
野口明人
そんな状況を見たデヴィットは次は自分の子供かもしれない、自分の知人かもしれないとかなんとかで、店の中にいたら殺される。これは店を出なきゃってなるの。
野口明人
ロープを繋いだ時にある程度は進めたからさ、それよりも手前にある車に乗れば大丈夫だって感じで準備をして、外に出る計画を立てるわけ。でもそれが教祖様にバレる。んで、教祖が次は息子が生贄だ!ってなって。
野口明人
まぁ、そこらで一悶着あってね、なんとか車に乗って脱出する。車に乗れたのは5人。デヴィット、息子、女性、おっちゃん、ばっちゃ。デヴィットはひとまず自分の家に車を走らせるけど、そこには妻の死体があってね。オーノー…。アウチ。オーマイガー。
野口明人
デヴィットは哀しみをこらえ、車を走らせる。ガソリンの続く限り。窓の外は巨大な怪物や虫、恐竜達がうようよ。ついにはガソリンも切れてしまう。
野口明人
よくやったよな。出来る限りの努力はした。誰も自分達を責める事は出来ない。手元に残ったのは拳銃と4つの弾。乗車しているのは5人…。
野口明人
…と、まあざっくり言うとこんな感じの映画なの。ネタバレしないようにところどころ端折ったけど、ラストがね…。もうね。うわぁぁぁぁぁ…なんだよね。
野口明人
この映画、ジャンル的にはSFホラー。ただ他のSFホラーに比べて、エイリアン的なグロテスクな生物が出て来る場面は非常に少ない。
野口明人
そうだな。前にも話した『キューブ』のように、窮地に立たされた人間の精神の怖さを主軸にしたホラーなんだな。
野口明人
とにかくね、もう怖い怖い。怖いなんてもんじゃない。エイリアン的なスプラッタ的なそういう怖さもある事ながら、人間という集団の壊れていく様、その流れがね、本当に怖い。
野口明人
でもね、それで終わってたら、まぁたまに見かけるよなこういうのって映画で終わっていると思う。本当に怖いのはラストを観ないとわからない。
野口明人
いつまで続くかわからない霧。次第に追い詰められていく精神。スーパーマーケットということで食料などは確保できていたのは幸いだったが、しょせんスーパーマーケットは防御壁ではなく、何かが襲撃してくると、ガラスは割られ、簡単に侵入を許してしまう。精神的に追い詰められた人々は理解不能な状況を神の怒りだと宗教じみたことまで信じるようになってくる。
野口明人
スーパーマーケットの外は何かわからないものが襲ってくる。スーパーマーケットの中は何かわかっているが恐ろしいものが襲ってくる。決心を固めた主人公を含めた数人は、近くにあった車に飛び乗り、残った力をすべて使って逃げる。逃げる。逃げる。逃げる。
野口明人
衝撃のラスト15分。映画予告であったように、この映画の見所はラストの15分。これほど後味の悪い映画は観たことがない。ちくしょー。なんなんだよ…。と、絶望に打ちひしがれてしまったよ。
野口明人
本当にネタバレがあれで詳しく言えないんだけど、この映画の最大の怖さはあれなんだよ。主人公目線で描かれているにも関わらず、主人公の行動が正しくないって所なの。
野口明人
映画を観ている時はさ、主人公がとった行動は正しいように思える。あれじゃん?窮地に立たされて、宗教信じて、生贄がなんだって言ってたら頭おかしいなこいつら、危ないのはこいつらなんだなってなるじゃん?
野口明人
本当に怖いのはエイリアンじゃなくて人間だって思うじゃん?それから逃れる為に店を出る主人公は正しいって思うじゃん?でも、実はこの行動ですら、窮地に立たされてとった行動なわけ。正しい判断が出来てないわけ。
野口明人
んで、ラストはそれを思い知らされるものが待ってるわけ。うわぁぁぁぁ…。ってなるの。調べてみるとスティーヴン・キングの原作「」とは違うみたいで、映画独自のラストのよう。『霧』は短編集に入っている作品なんだけど、その出来のよさにスティーヴン・キングは、執筆中に思いついていたら絶対にこのようにしたのに…と言っているぐらいのラスト。
野口明人
Amazonのレビューでも、小説より映画の方がいいって書いている人もいる。『霧』のラストはネタバレ的に言っちゃうけど、ガソリンが尽きた後に、ガソリンスタンド見つけて、ガソリンを入れて再び目的もなく南に走り続けるって感じで終わっているのね。
野口明人
これならさ、助かるかどうかわからないけど、あのスーパーマーケットにいたら人間に殺されていたかもしれないって事で主人公の行動は正しい感じになるじゃん。でもフランク・ダラボンが考えたラストになる事で、恐怖の矛先が主人公の行動に向くんだよ。正しい事はなんだかわからないってね。
野口明人
もう、もう!とにかくこのラストはあれだ。ミリオンダラーベイビーとか、セブンのラストをさらにさらに後味悪くしたようなラスト。
野口明人
ちくしょー。実際に観てもらわないとこの映画の面白さを伝えきれない…。怖いのはエイリアンじゃないよ。人間だよ。怖いのは人間じゃないよ。自分だよ。自分も人間だって忘れることだよ。こんな感じの恐怖の矛先が二転三転していく感じっていうの?それがすげーんだよ。
野口明人
スティーブン・キングはさ「この結末は衝撃。恐ろしい。だがホラー映画を見に行く人々は必ずしもポリアンナ・エンディングを望んでいるわけではない」って事を言ってるぐらいだ。ポリアンナ効果っての?ネガティブよりもポジティブが好まれる感じなのはそうなんだけど、ホラーはそれじゃなくてもいいっていうね。これぞダラボンの言う「とてもダイレクトで、マッスラーな映画を作りたかった」ってやつだよね。
野口明人
そう。ショーシャンクとミストはジャンルが違う。だから同じ監督、同じ原作者でも、爽やかなラストとそれとは対極にいるラストになるわけだね。同じタッグだから同じ感じを想像、期待しちゃってたけど、それなら『グリーンマイル』を観ればいいんだ。これはホラー。だから同じ感じにはならないんだよね。本当にすげーよ。こう両極端な映画作れるんだもん。
野口明人
そうだな。似たような映画は思いつかないけど、さっきあげた『セブン』とか、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』みたいな映画が好きなら、この映画が好きかもしれない。
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。Wikipediaにはネタバレ書いてあるから、観てからの方が絶対いいとは思う。AmazonのレビューはいくつかのバージョンのDVDで分かれちゃっているから、検索してみてね。

…そんな事を『ミスト』について黒ホッピーでも飲みながら居酒屋で話すと思います。

『ミスト』の名言

「人間は生まれつき善良だわ。ここは文明社会よ」「都市が機能していればね。でもひとたび闇の中に置かれ恐怖を抱くと人は無法状態になる」

人間は根本的に異常な生き物だよ。部屋に2人以上いれば最後は殺し合うんだ。だから政治と宗教がある。

僕を怪物に殺させないで。

できる限り努力した。誰も否定できない。

『ミスト』のおすすめポイント

野口明人
スプラッターホラーがダメな人でもそういう表現が少ない為、比較的観やすい作品。…だからと言っても恐怖は何倍も襲いかかってくるからご注意。ラストを観てから色々と調べて欲しい。観た後も楽しめる、あと引く映画だと思う。

まとめ

ラストがなにかと評価される作品ですが、まさにその通りでした。そして、それを知った後に主人公の行動を振り返ってみると、まじで何が正しいのかわからなくなるよーーーー!!!っていう恐怖ね。

結果論になっちゃうんだけどね。主人公の行動が正しかったか、そうじゃなかったかなんて。それをこう、最後にガツーンと叩きつけられるこの感じね、素晴らしいラストでした。

うん。本当に怖いのは自分も恐怖にかられている事を忘れる事。この映画を観ている人もきっと主人公がとった行動は正しいと思いながら観てしまうはず。

そういう感じで面白い視点を見せてくれる映画でした。こんな映画も観ておいても損はないはず。話題には困らなくなりますので。

時間があれば、ぜひ観てみてくださいませ。

ではでは、今日はこのへんで。『ミスト』でした。

あ、ラストのエンディングロールの時に無音の中にヘリコプターの飛ぶ音などが混じっている感じが主人公の虚しさを表現出来ていて、音響も優れている作品でございます。

野口明人
では、最後に『ミスト』の採点…

スポンサードリンク



ミスト
  • ストーリー - 75%
    75%
  • キャラクター - 70%
    70%
  • 演出 - 95%
    95%
  • 映像 - 75%
    75%
  • 音楽 - 90%
    90%

レビューまとめ

今までのホラーでは体験してこなかった恐怖を感じられる作品。何度か時間を開けて繰り返し観て欲しい。最初に観た時はラストばかりに目が行くけど、ラストを知って観てみると新しい恐怖が生まれると思う。

81%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!