『グッドフェローズ』なんじゃこりゃ!怖すぎてマフィアなんて言葉…

グッドフェローズ

公開:1990/09/19

監督:マーティン・スコセッシ

出演者:レイ・リオッタ

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

『グッドフェローズ』という映画が『スカーフェイス』のおすすめ映画に出てきた。最近はもっぱらピカレスク・ロマンな映画を漁って観ているのだけれど、この映画は以前観た事がある『タクシードライバー』を撮ったマーティン・スコセッシ監督の作品だし、ロバート・デ・ニーロ出てるしで、かなり期待していましたが、観終わった後にこんなに汗かくとは思いもしなかった…

スポンサードリンク

10秒でわかる『グッドフェローズ』のストーリーのまとめ

ヘンリーは物心が付いた時から当然のようにマフィアになりたいと思っていた。11歳でマフィアの手下になり界隈の顔役ポール・シセロの元で働くようになる。生きる伝説のジミーや、すぐキレるトミーとも仲間になり本格的にマフィアの道を進み、42万ドルの強奪事件も成功する。さらに10年後には600万ドルの強奪にも成功したが、関わった仲間たちを口封じのために殺害。ヘンリーはポールの組織ではタブーとされる麻薬売買にも手を出し始めた。実在したヘンリー・ヒルという男の出世から没落までを描くギャングの日常と裏切りの映画…

もし、あなたに居酒屋で『グッドフェローズ』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、“The 悪!な映画”なんだ。スカーフェイスのような組の抗争のようなものは出てこないし、ドンパチも少ない。ただひたすらにマフィアの生々しい生活が描かれているだけなの。どのように金を儲け、どのように人を殺し、どのように女を手に入れ、どのように時間を過ごすのか。
野口明人
あまりにも自然すぎて、あれ?この人マジでマフィアなのかな…。え?これ演技でやってるんだよね?この人俳優さんなんだよね?と、現実と映画の中の話の境目がよくわからなくなってくる。有名どころで言えばロバート・デ・ニーロが生きる伝説のジミー役で出ているんだけど、彼の雰囲気は前回見た『アンタッチャブル』のアル・カポネ役とはまた違った独特な怖さを漂わせている。それは流石!って感じなんだけどさ、それよりも…。

『アンタッチャブル』に出てくるじいさんがかっこよすぎる件について

2017.04.04
野口明人
それよりもね、トミー役の人の演技がヤバイんだ。最初はさ、チビで声が高くて中々にキャラの濃い感じだったから哀川翔かよ!…とか、軽く観てたのね。でもこの映画が進むに連れてこの人の狂気じみたキャラクターが怖すぎて、マジでその筋の人なんじゃないかと思ってきた。
野口明人
この人を観ていると「イタリアに行ったらマフィアって本当にいるんですか?なんて聞いちゃいけない。だって相手がマフィアじゃない可能性がないわけじゃないんだから」ってテレビで言ってたのを思い出す。日本人はマフィア、マフィアって簡単に言うけど本場に行ってそんな事言ってたらマジで殺されかねないんじゃないか?だって、マフィアの幹部は幹部以外の人間なら誰を殺しても良いという権限が与えられているとかいうのをこの映画の中で言ってたし。それ聞いてゾッとしたわ。
野口明人
この映画の中でも、鼻くそをほじる感覚で人を殺す。ちょっとコンビニ行ってくるわぐらいの感じで。ダンスを踊れと人の足を撃ち、少しでも口答えをしたら少年でも撃ち殺す。
野口明人
ま、前置きはさておき軽くあらすじを。僕はさDVDのパッケージ見ててっきりこの映画の主人公はロバート・デ・ニーロだと思ってたのね。でもそうじゃなくてレイ・リオッタっていう人。過去に見た映画だと『フィールド・オブ・ドリームス』に出てたな。でもこの作品が一番有名な彼の作品なのだそうだよ。そのレイ・リオッタが演じるヘンリー・ヒルという実在したギャングが主人公。

『フィールド・オブ・ドリームス』どんな名作も良し悪しは気持ち次第

2014.08.12
野口明人
彼は小さい頃に誰もが野球選手になりたいと憧れるかのようにマフィアになりたいと憧れていた。そして実際、11歳から街を牛耳っていたポールの元で働くようになる。主にジミーという生きる伝説にくっついて学び、ジミーに言われてトミーという同い年ぐらいの男の子と組んでタバコの密売などを手伝っていた。
野口明人
ヘンリーはそのまま大きくなりジミー、トミーと共謀し国際空港で42万ドルの現金を盗み出すことに成功。実生活も潤いのあるものとなり、ヘンリーはカレンという女性と結婚する。カレンはヘンリーの仕事をよく知らなかったけれど、普通では体験出来ないような事ばかりを経験させてくれるヘンリーを好いていたし、ヘンリーの性格も好きだった。
野口明人
しかしヘンリーは結婚をしてから家に帰らない事も多く、愛人も作っていた。その事を知ってからもカレンはヘンリーに当たる事があっても離れる事は出来ない。彼が好きだからだ。彼の正体を知ってからも、彼が刑務所に入ることがあっても、ヒストリーを起こしつつも裏切る事はしなかった。
野口明人
ヘンリーの素行は刑務所に一度入った頃から徐々に荒れはじめ、麻薬に手を出し、ポールに嘘を付きながら売買で巨額の金を手に入れる。そして600万ドル強奪事件を皮切りに破滅への道を進んでいく事になる。ジミーは強奪事件に関わった仲間たちを口封じのために殺しはじめ、トミーは幹部殺しの罪で組織に消された。ヘンリーは麻薬の密売の罪で捕まり、保釈金ですっからかんになり、ポリーからも見放され組織を破門になった。
野口明人
組織をはみ出たものは殺される。ずっと面倒を見てくれていたジミーでさえも自分を消そうとしている。行き場をなくしたヘンリーは…。こんな感じのあらすじなんだ。実話を元にしたものだから、Wikiか何かで調べればこの映画の結末も書いてあるんだけどさ、この映画はとにかくマフィアを全く美化してないの。
野口明人
生々しい感じをひたすら伝えるだけ。『スカーフェイス』を観た時はさ、マフィアとかギャングってかっこいいなぁ!なんて思うシーンがいくつもあった。あの映画の主人公も全部を手に入れたはずの人生が麻薬で身を破滅させていくっていうピカレスク・ロマンのテンプレみたいな感じだったけど、こっちのヘンリーも話的には同じじゃん?

『スカーフェイス』ってご存知?友達のアドレスに入ってて気になって

2017.04.02
野口明人
強奪事件で現金を手に入れ、ウハウハ。綺麗な奥さんもいるし生活にも困らない程のお金もある。それでも麻薬に手を出し、徐々にやつれはじめ、逮捕され、組織にすら見放され、自分の命ですら狙われる立場にっていう転落人生。なのに、こっちのヘンリー・ヒルには全くかっこよさがない。観終わってからも、今まで観た映画の中で一番のクズだったんじゃないか?っていうぐらいひどい主人公のイメージで終わった。
野口明人
でもだからこそ、マフィアの実情をありありと伝えている映画として観れてすごく面白かった。もちろんジャンルがジャンルだから、こういう映画が嫌いな人にとっちゃ何が面白いのかわからないっていう感じだとは思うけど。この映画を観ればね、間違ってもマフィアに憧れなんて抱かないと思うね。そういった意味じゃピカレスク・ロマン映画の逆を行ってるよね。ただあれだね、主人公がクズでも面白い映画ってあるんだなぁっていう新しい発見があった。
野口明人
あと、この映画、カメラワークもなかなか良くてさ、ロバート・デ・ニーロが誰かを見つめている引きの絵から徐々にアップになっていく場面で彼が頭の中で何を考えているのか伝えたり、主人公と彼女が長い行列に並ばずに裏口から中に入って最前列に座ってショーを観るっていうシーンもカットを切らずにワンカットで全部撮ってて、ああこういう感じで美味しい所をつまむのがマフィアなのかってTPS(Third Person shooter)のゲームやっているような目線でわかる。
野口明人
…という事で『スカーフェイス』とは全く別のタイプではあると思うけど、これはこれでギャング映画の名作だと思うんだよね。かなり学ぶ所が多い映画だ。ゲス目線でね。あと、なぜかこの映画、料理をするシーンが多い。ニンニクをひたすら薄く切るボスとか。麻薬の粉を混ぜつつ、トマトソースを焦げないように混ぜるシーンとか。
野口明人
それとジミーがヘンリーを消しにかかってきたラスト近くのファミレスのシーンでメガネをかけるんだけど、その時のロバート・デ・ニーロの目がむっちゃデカくなって、明らかに不自然だろって思うのに、そこにすら恐怖を感じてしまう演出ね。あれは一度観てもらいたい。スクショタイムかよっていうぐらい一枚絵で観ると笑えそうなのに、動画で観ると怖いっていう。
野口明人
そういう細かい所も含めて、2時間半弱の映画だけど何度も観たくなる良作だと僕は思ったね。似た映画あるかな。監督自身はこの映画が痛く気に入ったみたいでね、ジミーとトニーのコンビで『カジノ』っていうマフィア映画を後に作っているみたいだ。僕はまだ観てないんだけど。
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。トニー役のちょー怖い人、ジョー・ペシはこの映画でアカデミー助演男優賞を取ってるんだってさ。そりゃーそーだよね。マジで怖いもん。

…そんな事を『グッドフェローズ』についてトマトとニンニクのパスタをフォークでグルグルしながら居酒屋で話すと思います。

『グッドフェローズ』の名言・心をざわつかせた言葉

暗黒街こそ俺の世界だ。カスどもばかりの街でデカい顔ができる。

男らしいぞ。大切なことを2つ学んだわけだ。いいか。“仲間を売るな”“決して口を割るな”

まともな稼業はアホだ。つまらない仕事でケチな金をもらい、毎日地下鉄で通う奴らはクソ食らえだ。タマも付いてねえ腑抜けだ。欲しい物は奪い取る。文句をたれる奴はたたきのめせば黙る。余計なことは考えない。

殺しは当然のことだった。秩序を守る唯一の手段。組織からはみ出た者は消される。時には、はみ出さなくても消される。殺しが癖になるからだ。つまらない口論ですぐに誰かが死ぬ。

土曜は女房サービス。金曜の夜は愛人と遊ぶ。

慌てないで。世の終わりじゃないわ。

組織の奴らは前触れもなしに相手を殺す。何も言わない。映画みたいに言い争いなどしない。殺し屋は親しげにほほえみながら現れる。最も助けが必要なとき、力になってくれるべき者が冷酷に忍び寄る。

電話で何でも手に入る。車は使い放題。街中にある隠れ家。週末に3万ドルも賭け、派手に勝ち金を使ったり、胴元に払ったり…。そんなこと何でもなかった。金がなくなりゃ盗みに行けばいい。何でもやった。デカを金で買い、弁護士や裁判官も買収した。誰もが金で動き思いどおりになった。だが、もう終わりだ。

『グッドフェローズ』のおすすめポイント

野口明人
決して美化しないマフィアの醜悪さ、卑劣さ、貪欲さなどをまじまじと感じられる演出。大きなストーリーもなく、ドンパチもないのでワクワクドキドキはしないけれど何故か飽きもせず2時間半さらっと観れてしまう不思議な魅力を持った映画。ラストの主人公のカメラ目線のゲスさ加減が半端ない。

まとめ

『スカーフェイス』以降、同じような映画を観たいと『アンタッチャブル』、『グッドフェローズ』と観ましたが、全てマフィアを扱っている映画なのに全部タッチが違って、それでいて全てが面白いっていうね。結局の所、唯一無二な存在の映画だから評価されているんだろうし、同じような映画を探すなら、同じ映画を何度も観たほうがいいのかも。

とりあえず、もう少しピカレスク・ロマンなギャング映画を漁ってみますが、そろそろ他のジャンルも観てみたくなってきたな。

それにしてもロバート・デ・ニーロって本当に何でも出来るんですね。色々な役をやっていて、全部ちゃんと別人に見える。もし僕がマフィアの役をやったら、かなりステレオタイプなイメージのマフィアしか演じられないと思うのですが、大物から中間管理的な立場から全部分けて演じられる。本当にすげー。

ではでは、映画を観終わった後でもなぜ『グッドフェローズ』なんだ?と解説を観てもタイトルの意味が理解出来ない僕でした。

…個人的にはロバート・デ・ニーロが公衆電話を破壊する所が一番好きなシーンです。あ、それと1時間30分58秒らへんに『バッファロー’66』のヴィンセント・ギャロが一瞬出てます。Wikiに名前が載ってたのでマジで?どこに出てたの?って感じでしたが、ほんの一瞬です。

野口明人
では、最後に『グッドフェローズ』の採点…

スポンサードリンク



グッドフェローズ
  • ストーリー - 65%
    65%
  • キャラクター - 85%
    85%
  • 演出 - 90%
    90%
  • 映像 - 85%
    85%
  • 音楽 - 75%
    75%

レビューまとめ

主人公は全く魅力がなくクズ。言ってる事も道徳の欠片すらない。なのにすげー面白い。このクセになりそうな不思議な魅力を持った映画をぜひ一度観ていただきたい。

80%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!