『しあわせの隠れ場所』のような実話を自分も体験したらどうなるか?

しあわせの隠れ場所

公開:2009/11/20

監督:ジョン・リー・ハンコック

出演者:サンドラ・ブロック

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

『しあわせの隠れ場所』という映画がAmazonですこぶる評価が高く、そのレビューも「心温まる」や「愛情溢れる」などの僕が好きそうな内容を彷彿させるものだったので観てみる事にしました。DVDのジャケットもなかなかいい感じだし、「しあわせの○○」っていうタイトルだけで名作と思い込んでしまう僕はかなり期待をしてましたが…

スポンサードリンク

10秒でわかる『しあわせの隠れ場所』のストーリーのまとめ

雨の中、薄着で震えながら歩く黒人の少年をふと車で見かけた白人の家族。そのまま放っておけなかった一家の母親は、彼を家に泊めることにした。彼の境遇を知り、心を動かされた一家は偏見などで周りに白い目で見られるのも厭わず、彼を「家族」として迎え入れる事を決意する。勉強もついていけず優しすぎてスポーツにも向かないと思われた彼だったがアメフトの才能を母親が見出し、一気にスター選手の道を駆け上がっていくことになるのだが…

もし、あなたに居酒屋で『しあわせの隠れ場所』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、ノブレス・オブリージュなんだ。ノブレス・オブリージュという言葉を僕は昔、とあるアニメで知ってね。“高貴なる者に伴う義務”って意味なんだけど、まぁ、力あるものはその力を人のために使わなければならない的な。それを体現している映画なの。
野口明人
超金持ちの白人家族が子供の通っている学校で、悲惨な過去しか知らない黒人の少年を発見して、その彼を不憫に思い、最初は同情だったのかもしれないけど、彼を家に泊めてあげたり、服を買ってあげたり、一緒にご飯を食べたりした。そんな生活を通して、笑わず口もあまり聞かなかった黒人の少年は笑うようになり、徐々に自分の事を話すようになるんだよね。
野口明人
この映画の良い所はさ、金持ちが貧乏人を助けたっていう話ではなくて、彼が変わる事によって、家族の人生も変わっていく事を実感している所にあると思うんだ。この映画、実話らしいんだけど、最初はさ、金持ち一家のお母さんは黒人差別主義だったらしいんだ。黒人は野蛮で危ないっていう先入観をがっつり持ってた。
野口明人
実際映画の中でも最初に家に泊めた時は、何か盗まれていないかとか、私に何かあったらすぐセキュリティーに連絡してっていう場面がある。でも彼の優しい人柄に触れる事で自分の考えが間違っていた事に気が付き、その奥様は周りの偏見だらけの仲間達から離れていくようになる。そして彼のおかげで毎日が幸せだと感じるようになっている自分を発見する。
野口明人
これってすごいことだよね。もし自分が同じ場面に遭遇したら同じことが出来ただろうかと考えてみたんだけど、やっぱり先入観や偏見を壊せず、危なそうなものは遠ざけて触れないようにしちゃうもの。うん。普通出来ないよ。
野口明人
本当に素晴らしかったのは、家族のみんなの理解力。主に母親がどんどん決めていってしまう事を嫌な顔をせず、周りの白い目に負けず受け入れていく。普通の家族なら、一人ぐらい反対するものが出てきてもおかしくないのに、みんな素晴らしく適応していく。本当に温かい家族。人間って本当にいいものですよね。
野口明人
そーだな。似た映画で言えば『ラースと、その彼女』みたいな映画が好きなら、この映画が好きかもしれない。コンセプトは全く違うけど、とにかく愛で溢れている。あれはダッチワイフを本物の彼女だと思い込んだ男を街全体で優しく受け入れていくっていう映画だけど、その温かさがなんとなくこの映画と通ずるものがあると思うんだ。あとは、『リトル・ミス・サンシャイン』のような家族愛。
野口明人
まぁ、たしかにあれなんだけどね。この映画、ストーリー自体は大きな展開とか演出が派手な感じもない。お涙頂戴な泣かせにかかっているってこともない。でも温かさで溢れている。だから観終わった後にこっちまで幸せな気分になれて、自分もちょっと何か人に対して出来る事ないかな?って思えるようになってた。
野口明人
うん。だからさ、アクション映画とかそういう派手で観ていてハラハラする映画も楽しいけど、たまにはこういうのんびりとした映画もいいかなって僕は思うんだ。
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。ネタバレも含んでいるから、出来れば観てから調べて欲しいけど…。

…そんな事を『しあわせの隠れ場所』についてホッピーでも飲みながら居酒屋で話すと思います。

『しあわせの隠れ場所』の名言

「あなたのしてることは立派よ。あなたは彼の人生を変えてあげているんだもの」「ううん。彼が私のを変えてるの」

勇気は難しい。大人の間違った命令に従っても“勇気”。疑問は持てない。コーチや先生という大人の命令だから。大人が正しいかはわからない。疑問を持つかどうかは自分次第。

勇気は難しい。ただ人に従えばいい?意味もわからず従う時はある。バカでも勇気は持てる。でも誇りがあるから人は頑張れる。誇りが人間を決める。大切なものを守る人には誇りも勇気もある。

『しあわせの隠れ場所』のおすすめポイント

野口明人
とにかく温かい。自分に同じことが出来るかと考えたら、難しいとは思うけど、いつかはこの境地にたどり着きたいと思う。そんな映画。

まとめ

いやー、やっぱりAmazonってすごいわ。Amazonで高評価のものって、僕の心を掴んで離さないね。ま、完全にミーハーな人間なんだろうね、僕は。

この映画はさ、アメリカの富裕層と貧困層を如実に表したものだけど、もしもみんながこんな感じのことを普通に出来るようになって、少しずつでも変わっていけたら素敵なことだよな〜って思ってみたけど、この発想は共産主義なんだよな…。

実際、食えない人がいるから食べられる人がいて、みんなが食べられるようになったら人類が全滅するとか言われてたりなんとかで。全員が本当に豊かになって幸せってのは難しいんだろうなぁ。国単位で資源の取り合いだったりするわけだし。みんなで分け合うなんて事をせず。こっからこっちは俺の領地!とかでね。

でもあれなんだ。この映画で本当に心を打ったのは「彼が私のを変えてるの」っていうセリフなんだ。

世の中には沢山のチャリティーとかボランティアとか存在するけど、その姿勢は手を差し伸べましょう的なスタンスだと思う。持っているモノは持っていないモノを助けてあげましょう的な。それこそノブレス・オブリージュの精神でね。

僕の考えもそういう風に思っていたし、募金とかをする時も、少しでも力になれるなら〜なんて、自分が上位な立場な感覚で募金してた。

だからこそ、この映画のあのセリフを聞いた時にハンマーでバチコーンと後頭部を叩かれた感じだった。きっと、今までの考え方だと、自分が困った時に助けてもらえなかったりしたら、自分はあんなことしてあげたのにとか、自分がやっている事が形になって効果が見えなかったりした時は虚しくなったりしてしまっていたと思う。

でもそうじゃない。

自分が相手の為に何かをしてあげられている。そのこと自体が相手が僕に変化をもたらしてくれているという事なんだ。

ま、難しく考えすぎか。

とりあえず、こんな家族が現実に存在しているという事を知って、僕はほっこりしました。そんな事を考えさせてくれる映画『しあわせの隠れ場所』良かったら御覧くださいませ。

P.S.

あ、フィル・コリンズの娘さん、リリー・コリンズが出てるんだけど、くっそ可愛いわ〜。ちくしょう。

野口明人
では、最後に『しあわせの隠れ場所』の採点…

スポンサードリンク



しあわせの隠れ場所
  • ストーリー - 80%
    80%
  • キャラクター - 95%
    95%
  • 演出 - 75%
    75%
  • 映像 - 75%
    75%
  • 音楽 - 65%
    65%

レビューまとめ

派手なドラマチックなストーリー展開や演出はないのに、ちょっぴり目頭が熱くなり、心温まる優しい映画。

78%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!