『REC/レック』を観たけど、何がなんだかよくわからず笑ってしまった

REC/レック

公開:2008/6/14

監督:ジャウマ・バラゲロ

出演者:マヌエラ・ベラスコ

製作国:スペイン

REVIEW - 映画レビュー

スペインで大ヒットしたという『REC/レック』を観てみました。ハンディカムで主観的に撮った手法で、近いところで言えばパラノーマル・アクティビティ?かな。ブレア・ウィッチ・プロジェクトという映画は観たことがないのでアレだけど、ブレア・ウィッチ・プロジェクトが一番近い手法でPOV方式というのだそうだ。

スポンサードリンク

10秒でわかる『REC/レック』ストーリー

消防隊の密着取材で通報のあったアパートに同行したレポーターとカメラマンが捕らえた、未知の感染症に犯された凶暴な人々の記録。

ネタバレ注意『REC/レック』のあらすじまとめ

女性レポーターのアンヘラとカメラマンのパブロは「眠らぬ街」という番組の密着取材で消防署に来ていた。彼らの取材は実に退屈なものでサイレンが鳴らないかしらなどと冗談を言っていたアンヘラ。

待機中の消防隊員はバスケットをしたり、食事をしたり仮眠をしたり。その姿を撮るだけで面白い特ダネはない。そこへあるアパートで老女の救出という出動要請が出たというのでアンヘラたちも同行させてもらうことになった。

消防署の仕事は火事で出動することは少なく、70%ぐらいは人命救助や水道管の破裂などのトラブルによるものらしい。

アパートに着くと住民達ががやがやと騒いでいた。2階に住む老女の悲鳴を聞いて通報したのだそうだ。老女は他の住人とほとんど関わりがないらしい。扉を破り中に突入すると血だらけの老女が立っていた。

救急車を呼ぶよう命令し、老女の話を聞こうとすると突然老女が発狂し、近くにいた警備員の首に噛み付き肉を引きちぎった。混乱する一同。

なんとか警備員を老女から引き剥がし、外へ運び出そうとすると外からサイレンが流れ、なぜかアパートは封鎖される。外に出られずさらに混乱する住民。保険当局が安全のため建物を封鎖したと外から指示があるが怪我の治療をしなければ警備員は死んでしまう。

混乱のさなか突然上から血だらけの人が落ちてくる。消防隊員の一名が首を食いちぎられ降ってきたのだ。事情を説明しても外へは出してもらえない。

中で出来る限りの治療をするしかなく、首をちぎられた警備員などの治療に当たっていると、その怪我人が突然動き出し、治療をしていた人に噛み付いた。徐々に感染者が増えていくアパート内。

消防隊は全滅し、最後に残ったのはアンヘラとパブロのみ。彼女らは管理人の部屋から鍵を探し出し、地下の下水道から逃げ出そうとするが感染者達がさまよっていて下には逃げられない。階段を上ってくる感染者。

彼女らは必死で逃げ、目に入った部屋に入り鍵をかける。そこは奇妙な写真や資料がちりばめられた気色が悪い部屋だった。そこにある資料を読んでみるとどうやら今回の事件と関連がありそうな記録。

“取り付かれた少女の記録”

同じような内容が書かれた記録を読み、さらに探すとテープレコーダーが見つかった。再生してみるとひとりの男の独白が始まる。

“早く抹殺すべきだった…”

そう語る彼の言葉を聴きながら、アンヘラたちは必死で逃げ道を探す…。

スポンサードリンク

『REC/レック』のおすすめポイント

野口明人
暗闇で撮影されているゾンビが気色悪すぎる。たぶん怖いと思えるところはそこぐらい。

とりあえずパニックしとけば怖いんじゃね?っていう映画

この映画にはほとんどストーリーのようなものはありません。レポーターがアパートに行ってアパート全部がゾンビ化するっていうだけの話です。

なので、ストーリーでぐいぐい引っ張られるような楽しさはこの映画には全くないです。でも、ホラー映画ってそういう感じなんじゃないの?大事なのは怖がらせる演出でしょ?っていう感じなわけですが、この映画の怖がらせかたは追いかけられる恐怖ではなく、突然大きな音を出す、ビックリ系の怖がらせかたばかり。

ゾンビ化した人もそれほど怖くないし、それほど追っかけられるシーンもない。急に空から人が降ってきたり振り返ったらそこにゾンビがいる!っていう怖さなのでホラーが苦手な人でもたぶん見ることが出来ると思います。

ただ、僕が観た中で一番のマイナス点はとにかくレポーターがパニックになりすぎてうるさい事。ずっとぎゃーぎゃー騒いでいるだけでなーんも共感出来るところがないんですよね。ゾンビ、ギャー、ゾンビ、ギャー!の繰り返しです。

もう少し主人公に何か見ている人が自分を重ねられるような特徴をつけてあったら、観やすかったかなぁと思いました。

あと、これは好みの問題かもしれないですが、ハンディカムで撮っているよ!っていう主張が激しすぎて映像が何を映しているのかわからない部分が多いです。観ていて酔いそうになりました。

まとめ

まとめますが、スペインで大ヒットしたというこのホラー映画、僕には全くダメでした。もう最後の方はホラー映画なのに笑っちゃうぐらい退屈なものでした。

はい。ただ、続編があるみたいなので、今回残った秘密は明かされるのかな?それが気になるので続編も見てみようかとは思います。

ではでは、『REC/レック』でした。

※12月01日追記。

『REC/レック2』を観ました。ただ、記事を新しく書くほどの内容ではなかった為、ここに書きます。『REC/レック2』の方が今作よりも面白かったといえば面白かったんですが、それでもやはり微妙の域を脱していません。

続編が4まであるみたいなんですが、『REC/レック2』で視聴を辞めることにします。

野口明人
では、最後に『REC/レック』の採点…

スポンサードリンク



REC/レック
  • ストーリー - 45%
    45%
  • キャラクター - 40%
    40%
  • 演出 - 55%
    55%
  • 映像 - 35%
    35%
  • 音楽 - 50%
    50%

レビューまとめ

もっと怖い感じに出来たんじゃないかな…と思う。ビックリはするけど恐怖は感じないホラー映画

45%
User Rating 2 (1 vote)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!