『2012』は金持ちの道楽作品。内容も救われない。映像だけが綺麗だ。

パニック映画。なんというか、最低…。

2009年に公開されたローランド・エメリッヒ監督の2012を観てみました。正直な感想を言うと、観なきゃよかった。です。

古代、マヤ人が2012年12月21日に世界の終末が訪れるとして、それを想定して作った映画。地殻変動が起き、地割れや津波などで地球がどんどん破滅に向かっていく。CGや音楽が壮大で、人がどんどん死んでいく。興行収入も結構良かったようで、大ヒットの部類に入る映画だそうです。

…ただね。内容がひどいひどい。

アメリカが地殻変動をいち早く察知して、ノアの方舟のような人類が生き残れる船を作る。それに乗れる人はどうやって選ばれたかというと、お金。お金で権利を買う。グリーンパスのような名前だった気がする。

でもね、グリーンパスを買った人が乗船をしようって時に、あらかじめ乗っていた政府の人達は、予定よりも早く津波が押し寄せてくるってので、大勢の人を見捨てようとする。それに疑問を持った人がそんなん生き残ったって人間じゃないでしょ?って口論して、津波が押し寄せてくる中、乗船させようってことになる。

そしていざ出発しようって時に、船にエラーが起きる。主人公が隠れて乗り込もうってしたせいで、コードが扉を閉める歯車にひっかかって扉が閉まらない。もう水は船の中に入ってきてしまっていて、それを取り除きに主人公が命を懸ける。それがクライマックス。

…なんとなく、アルマゲドンに似ているのだけど、なんも感動しない。

結局、監督のご都合主義で、生き残るのは金持ちで、所々無意味に人は死んで、どうでもいいところでひゃっほうとか喜んで、感動的な音楽をかけて感動させようとしている。

正直、クライマックスを迎えた時に、画面割ってやろうかと思いました。何この映画。

話の筋的には、あまり上手くいっていない家族がこの事件をきっかけに上手くいくようになるってのが主な話なんだろうけど、もうね、そんなんどうでもいいの。とにかく意味が分からない。希望もわかない。考え方が嫌い。それなのに、ハッピーエンド迎えましたぜって感じを演出してくる。

2時間半の映画なんだけど、最初の2時間はとにかくパニック。ひたすらにパニック。車で地割れを走る時などは、あぁ、作り物の世界やんって思ってしまうぐらいあり得ない。

本当に面白くない映画を観ました。

あえて、この映画の長所をあげるとすれば、CGがすごいって所でしょうか。…でも、そのCGも今となってはなんとなく違和感があって、のめりこめなかったです。

この映画、好きな人はごめんなさい。僕には好きになれそうもありません。

ではでは、今日は辛口でしたがこんな感じで終わりです。

今すぐ2012をダウンロード

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

2 件のコメント


  • 個人的には好きですねこの映画。
    多分俺がこういうパニック物に慣れてないのが理由のひとつでしょうけど。
    あなたは現実味がないと批判されていましたが、そもそもパニック映画とはそういう「非現実味」を楽しむものなのでは?


    • コメントありがとうございます!!

      大変参考になります。

      パニック映画とはそういう非現実味を楽しむというのは同感です。

      ただ、この作品に関しては、リアルな世界でおきそうな話を取り扱っているので、出来る限りリアル感から逸脱しない方がいいかなぁ…と。なんというか、作り物とは知ってはいるんですが、実際こういうの起きたら怖いよな!!っていうのを感じられるから面白いのであって、それがなくなってしまうと一気に冷めてしまう…みたいな。

      うーん。

      なんというか、上手く言えませんが、そういう感じでした。

      大変貴重なコメントありがとうございました。

      前に見てから時間も経っているので、もう一度見てみようかな。今見たらまた違う感想になるかもしれません。

  • この映画のあなたの感想・レビューへコメント

    ABOUTこの記事をかいた人

    好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!