『卒業』の有名な花嫁を奪い去るシーンが思っていたのと違っていた…

ラストのシーンが有名な卒業ですが、初めて観ました。

自分の中で昔の映画ブームが来たみたいなので、前回の「グーニーズ」をさらにさかのぼって1967年の映画の「卒業」です。

あれね。ラストに結婚式場で花嫁かっさらって逃げるっていう有名なシーンのやつ。

有名なシーンがあるような映画(たとえばマトリックスの何かをよけるシーンみたいなの)ってなんかその印象だけが先行しちゃうみたいで、観た気になっちゃってて、じっくり観てみようという気が起きなかったんですよ。

マトリックスも観ていないし。なんだろ。映画のタイトルを聞いてシーンが彷彿してきてしまうような映画よりも、タイトルからじゃ全く中身が想像出来ない映画の方がワクワク感があるというか、そういう所が僕の映画好奇心の中にあったんです。

なので、この「卒業」に関しても有名なのは知っているけど、あんまり乗り気じゃなく観てこなかった。僕の好きなフォークアーティストのサイモン&ガーファンクルが使われていたのは知っていたんだけど。

でも、グーニーズを観て、やっぱり有名作品にはそれなりに理由があるんだなと思って、観てみた結果。

…これは、僕が抱いていたラストのシーンの印象とは全く違う映画だった。

「花嫁がまさに今、結婚しようとしている時に愛する人が来て自分をかっさらっていき、二人は風の中に消える。二人は大恋愛の末、幸せに暮らしましたとさ。ハッピーエンド!バイバイ!」

みたいな映画だと思っていたんですよ。

でも、実際観てみると、若気の至り映画でした。絶望でした。もっとドロドロしてました。

主人公はかなりエリートな感じで大学を卒業して、みんなに祝われる中、今後の言いようのない漠然とした不安に駆られ二倍以上離れている自分の親のビジネスパートナーの奥さんと大人の関係を結んでしまう。

その上、その奥さんの娘とも恋におちてしまう。

自分の母親と体の関係を持った事を知った花嫁は絶望し、他の男性と婚約する。

その結婚式場で主人公にかっさらわれる。みたいな。そんなストーリー。

結婚式場から逃げた二人はバスに乗り、バスに揺られるシーンでこの映画が終わるんだけれど、二人が笑っていたのは最初だけで、不安になるぐらい長い沈黙が続いて映画の幕が閉じる。

この長い沈黙が何とも、二人の今後の未来の不安を煽ってきて、決してハッピーエンドではない事を示唆している感じがした。

まぁ、この映画、主人公がとにかく自業自得なんですよ。なんだろ。不器用というかなんというか。そう。全く主人公に好意を持てない。

主人公が花嫁を追って、花嫁の通っている大学の近くに下宿した時の大家さんが、主人公の事を、「なんかお前の事は好かん。気に入らん」って言ってましたけど、まさにそんな感じ。

特にコレで嫌だ!っていうわけではないんだけど、全体を通してなんとなく嫌だ。受け付けないって感じだ。

この主人公はとにかくひたすら誘惑に負け続ける。それで最後までダダをこねている感じ。一歩間違えればストーカーのような。精神異常者のような。神経過敏なんだろう。

でも、それが若さゆえの苦悩ってやつだよね!

とにかく小手先の技術なんかよりも、全力で当たるしかない!みたいな。全力で突っ走る以外方法は知りません!っていう。

共感出来るけど、嫌悪感わいてくるのは、自分がそうだったから同族嫌悪みたいな感じだろうな。

そんな感じの映画でした。

やっぱり知った気になっていた映画を改めて観てみる事は新しい発見があって面白い。

これからも新しい映画ばかりではなく昔の映画も観ていこうと思いました。

ではでは。

今すぐ『卒業』をレンタルする

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!