『グーニーズ』全く古さを感じさせない名作。いいものは色褪せない!

主人公と発明家の子がきらりと光る作品。

名作、グーニーズを観てみました。これって1985年の作品なんですね。初めて観ましたが全然古さを感じませんでした。

ストーリーとしてはすごく王道。子供のグループが家で宝の地図を見つけて、探しに行くっていうもの。そこに犯罪グループがいて、子供たちが宝を探すのを邪魔する。んで、なんとか宝を見つけて、悪者も退治されておしまい。みたいなそんなストーリー。

この映画を観ながら、なんとなく頭に浮かんだのは「スタンド・バイ・ミー」。

まぁ、スタンド・バイ・ミーの方が後の作品なんですが、僕はそっちしかみたことなかったので。両方とも子供たちグループの話で、似たところがあるから思い浮かんだのかなぁ~なんて思っていたんですが、調べてみると、登場人物で一緒の役者さんいるじゃないですか。

グーニーズのおしゃべりな「マウス」を演じたコリー・フェルドマン。「テディ」という役でスタンド・バイ・ミーに出てました。

だからか。なんとなくスタンド・バイ・ミーが始終頭から離れなかったのは。同じ子供グループ映画で、グループに同じ顔があれば嫌でも思い出す。

ちなみに、スタンド・バイ・ミーの方はあんまり好きじゃない映画でした。かなり評判はいいみたいですけど、僕には合わなかったんですね。

しかし、グーニーズはどうか。

こっちはとにかく見所満載。

宝を探しに行った地下でのブービートラップの映像の撮り方はハラハラドキドキの臨場感が伝わってくるし、主人公のマイキーは喘息持ちなのだが、冒険に立ち向かっていく姿勢や言う事がかっこいい。

そして、一番の見どころといえば、発明家のデータという子供の「イジメっ子撃退を目的とした発明道具」がことごとく、冒険の役に立っていくところ。こいついなかったらこの冒険、とっくにみんな死んじゃって終了していたぐらい活躍している。

また、お兄さんの恋人と主人公が間違ってキスしちゃったりね。なんとなく甘酸っぱさも備えつつ、食いしん坊のチャンクと犯罪グループの仲間だったスロースの友情なんてなんか涙出ちゃったよ。

これが1985年の映画?本当に?ってぐらい面白かった。やっぱり今になってもどこかで話題に挙がる映画ってのは沢山の魅力を持っていて古くならないんですな。

そんな感じで、グーニーズ発表年から30年ぐらい経っちゃうわけですが、30年前の映画の面白さを再発見した作品でした。観たことなかったらもったいない。

ちなみに「グーニーズ」とは、まぬけな連中という意味とグーンドックっていう町の名をかけたものだそうです。

ではでは。

今すぐ『グーニーズ』をダウンロード

スポンサードリンク



この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!