『カッコーの巣の上で』を観てみた。ジャック・ニコルソンが素晴らしい

カッコーの巣の上で

公開:1976/4/3

監督:ミロス・フォアマン

出演者:ジャック・ニコルソン

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

カッコーの巣の上で』が泣ける映画だというので観てみることにした。結果、今までで一番感想に難しい映画だった気がします。いたるところで名作だといわれている作品ですが、過度な期待はしないほうがいいと思います。

スポンサードリンク

10秒でわかる『カッコーの巣の上で』ストーリー

刑務所行きを逃れ、病状を偽って精神病院に入院してきた男が、患者の人間性まで統制しようとしている病院に反抗し、自由を勝ち取ろうともがく映画。

ネタバレ注意『カッコーの巣の上で』のあらすじまとめ

マクマーフィーは刑務所行きを免れるため、症状を偽り、精神病院に入院してきた。毎日決められた薬を飲まなければならないのだが、それを飲んだフリをしてごまかし、婦長の決めたルールに反抗的な態度をとっていく。

グループセラピーなど意味がない。たまにはワールドシリーズの野球観戦をさせてくれなど意見を出し、多数決をほかの患者から求めたりするが、最初はほかの患者は賛同しなかった。

マクマーフィーは耳の聞こえないインディアンのチーフにかまい、一緒にバスケットボールをさせたり、みんなとタバコをかけてトランプ賭博をしたりして、徐々にほかの患者と仲良くなっていく。

マクマーフィーは自分達で行動しないほかの患者に苛立ち、目の前で持ち上がりそうもない水飲み台を持ち上げようとする。みんなは無理だと決めかねていたが、マクマーフィーは必死になって持ち上げようとし、チャレンジしないやつらに無言の鉄槌をかました。努力はしたぜ。と。

その姿を見ていた彼らは徐々にマクマーフィーの味方をするようになる。

マクマーフィーは看守からバスを奪い、彼らをつれて外の世界へ逃げ出す。そして、船を借り、女を連れ一緒に釣りに向かった。彼らは今までにない楽しさに触れ、自分で行動することを楽しんでいく。しかし、こうしたマクマーフィーの行動は管理主義的な婦長の逆鱗に触れ、マクマーフィーは病院から出られなくなってしまう。

何日間拘束されても婦長の意向しだいでここを出ることが出来ないことがわかったマクマーフィーは失望し、婦長に物言いをするが、その意見の途中、ほかの患者が暴れてしまいその患者を止めようとしたマクマーフィーも一緒におしおきを受けなければならなくなった。電気けいれん療法の順番を待っている際、しゃべることが出来ないはずのインディアン、チーフと一緒に順番を待っていたが、実は彼が話すことが出来ることがわかり、マクマーフィーは一緒に脱走をしないかと提案をする。

しかし、いざ脱出をしようと持ちかけると、自分はマクマーフィーのように大きな人間ではないとその誘いを断る。

クリスマスの日。マクマーフィーは女を連れ込み、酒を持ち込ませ、ドンちゃん騒ぎをした。コレでこの病院ともおさらばだと最後の宴を楽しんでいたマクマーフィーだったが、患者の一人であるビリーがマクマーフィーが連れ込んだ女の一人を好いていることに気が付き、マクマーフィーは別れの挨拶だと、女をビリーにあてがってやる。その行為を待っている最中、マクマーフィーは不覚にも眠ってしまい、気が付けば朝。脱走の計画は無駄になってしまった。

翌朝、ドンちゃん騒ぎをしていたことが婦長にばれてしまい、女性とベッドで裸で寝ていたビリーは婦長に激しく糾弾され、母親につげ口をしなければならないと脅される。そのことに非常にショックを受けたビリーは看護婦の目を盗んで刃物で自分を傷つけ自殺してしまう。マクマーフィーはビリーを人一倍可愛がっていたこともあり、激昂し、婦長の首を絞める。

もう少しで絞め殺すまで行ったマクマーフィーだったが、途中で看守の邪魔が入り、別の患者と隔離されてしまった。

チーフはその一連を見て、この場所を逃げ出す覚悟を決めてマクマーフィーが元に戻ってくるのを待っていたが、戻ってきたマクマーフィーはロボトミー手術を受けさせられ、もはや廃人同然の形となってしまっていた。

チーフは悲しみ、このままここに残しては置けないと、廃人になってしまったマクマーフィーを窒息死させ、マクマーフィーが以前持ち上げようとしていた水飲み台を持ち上げ、窓を破壊し、精神病院を脱走する。

『カッコーの巣の上で』のおすすめポイント

野口明人
ジャック・ニコルソンの演技が秀逸。

みんなが言うほど名作とは思えなかったが…

この映画、Amazonでは大絶賛、そのほか、さまざまな映画評価ランキングの上位に位置しているほどの評価を得ている作品らしいです。まぁ、人それぞれではありますが、僕はそこまで大絶賛されるほどの映画かな?っていう感想でした。

ただ、ジャック・ニコルソンの存在感と、最後のチーフの脱走にはすごく存在感を感じさせられ、観てみてよかったなという感想は抱きました。

ということで、観て損はない映画だとは思います。ただし、期待しすぎると残念な結果になるパターンの映画ではあるでしょう。僕は期待をしすぎてちょっとあれ?って思った側の人間だと思います。

健常者と狂人と言われる人々の戦いですが、今はあまりそういうことが現実にあるのかな?という現実感が沸かなくて感情移入しづらいというところがあったんだと思います。

精神病院の蔑称がカッコーの巣なんだそうです。精神病院やロボトミーはもう過去のものなのかしら。精神病院は今でもありますけど、扱いがまるで違っている感じがします。

なんだろうなぁ。これほど感想が難しい映画もない気がする。なんというか、絶望的なラストなはずなのに、ラストは音楽の使い方で爽快感すら感じさせる終わり方をしている。結局、なんだったんだろう。

難しいです。はい。やっぱり、名作といわれればそういう感じもしないではないですが、でも僕の心はそこまでぐっと動かされなかったし。映画っていうのは難しいですね。

泣ける映画かといわれれば、そうかなとも思うんですが、これのいったいどこで泣けばいいの?という感じもしないでもなくて、結局僕は泣けませんでした。泣ける映画としてみようと思ったのが悪かったのかもしれませんが…。

まぁ、何が言いたいのかわからなくなったので、とりあえず、ジャック・ニコルソンの演技は素晴らしいものだったという感想で終わりにしたいと思います。

まとめ

感想が難しい映画でした。話の流れとしてもなんとなくつかみかねる映画だったんですが、そこまで、マクマーフィーと婦長が戦っているという感じもしなくて、イマイチ話にのめりこめませんでした。

ただ、なんとなくひどい仕打ちを受けているなぁ…と感じつつ、でも、マクマーフィーは罪人だしなぁ…という感じも捨てられず、どっちつかずで見てしまいました。

2時間ちょっとと長い映画でもあったので、途中で何度か休憩を取りながら観たということはイマイチ面白みにかけているという感じもしないでもないですが、でも最後のシーンを見て、若干の爽快感を感じたのも事実で。

・・・はぁ。またもや何の話かわからなくなりそうなので、とりあえずこの映画は感想が難しい映画だって言うことだけ伝えておきたいと思います。

少し昔の映画なので古臭さは抜けません。なので、ある程度歴史的背景を理解した上で見たほうがいいのかも知れません。何度も繰り返し観ては見たのですが、やっぱりイマイチのめり込めなかったのは、僕がその頃の精神病院という性質をイマイチつかめていないからかもしれません。

ということで、全然まとまりませんが、気になったら見てみてください。まぁ、過度な期待はしないほうがいいかもしれません。そのぐらいの気分で名作だということを忘れてみたほうがたぶんちょうどいい感じです。

ではでは、今までで一番ぐだぐだなレビューかもしれませんが、

カッコーの巣の上で』でした。

野口明人
では、最後に『カッコーの巣の上で』の採点…

スポンサードリンク



カッコーの巣の上で
  • ストーリー - 65%
    65%
  • キャラクター - 80%
    80%
  • 演出 - 70%
    70%
  • 映像 - 55%
    55%
  • 音楽 - 70%
    70%

レビューまとめ

難しい映画でした。涙は流れませんでしたが、ラストは爽快感があります。

68%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

1 個のコメント

  • この映画のあなたの感想・レビューへコメント

    ABOUTこの記事をかいた人

    好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!