『アフタースクール』ヤバい!かなりドストライクな映画に出会った!

アフタースクール

公開:2008年

監督:内田けんじ

出演者:大泉洋,佐々木蔵之介,堺雅人,常盤貴子,田畑智子

製作国:日本

REVIEW - 映画レビュー

この映画『アフタースクール』にはやられた!!シックスセンスを観た時以来の騙された感で爽快!

ども。野口です。えー、今ぼくの中で映画のジャンルが「堺雅人週間」でして、「クヒオ大佐」「南極料理人」「鍵泥棒のメソッド」と来て、今回のアフタースクールです。

この映画は前回の鍵泥棒のメソッドと同様にTwitterで教えてもらった映画。しかも、鍵泥棒のメソッドと同じ、内田けんじ監督の作品。これは期待できる!

しかも、出演陣が大好きな大泉洋と佐々木蔵之介と堺雅人!もう大好き過ぎる俳優さんで面白くないわけがない。

…なんて思って観ていたのですが、どうやら流れが「桐島、部活やめるってよ」って感じの匂い。

堺雅人演じる「木村」というエリートサラリーマンは一番最初に出てきた限りで全然出てこない。やばい。これは桐島状態。「桐島、桐島」と名前だけが出てくるだけで全く登場しない「桐島、部活やめるってよ」があんまり面白くなかったので、ちょっと嫌な感じがしていた。

あらすじ的に、消えた「木村」を探しに探偵役の佐々木蔵之介と先生役の大泉洋がメインで動き回る話。

…だと思っていた。

ここから先はネタバレになってしまうので、詳しくは言えませんが、前回観た鍵泥棒のメソッドはすべての演出が意味を持っていてすんばらしかったと絶賛したんですが、今回も一緒です。

それはまるで伊坂幸太郎の小説を読んでいるかのように物語の途中からがらっと流れが変わります。だ、だまされた!!その爽快感たるや、点数をつけられないぐらいあっぱれ。

この映画はDVDで観たんですが、副音声で内田けんじ監督と大泉洋のオーディオコメンタリーが付いています。一度本編をすべて観終わった後にこの二人のオーディオコメンタリーでの解説を聴きながら観るとこの映画の奥深さがわかります。

「ゆれる」の映画でわかったことですが、「映画というのは、映像から理解する事象は実はすごく不安定なものだ」という事です。

ひとつの映像から、こういう事ことねと頭で理解していたことが、音声を加えるだけで全く違う意味だったという事があり得るのですな。まぁ、この映画のラストらへんのシーンを観ていただければ僕の言いたい事がわかると思います。

この時、この人はなんて思っているんだろうな。と思いながら映画を観る事がこんなに映画を面白くしてくれるなんて知らなかったです。

大泉洋が演じた学校の先生が今は何を思っているんだろうと思いながら観るだけで、この映画を初見で観た時の印象とは全く別の印象が頭に生まれます。

つまりは。

この映画は、「映画を百倍楽しめる方法」みたいなものを教えてくれる映画なのです。

うん。

ラストに種明かしをする映画と言えば、最近では「ユージュアル・サスペクツ」を観ましたが、あれよりも僕はこっちの映画の方が好きだな。それは多分僕の好みがコミカル系な映画だからだと思うけれど。

種明かしして、ほら騙されたでしょ?で終わる映画よりも、ほら騙されたでしょ?でも、なんか笑えるでしょ?みたいな視点を変えるだけでちょっと幸せになれる映画なんですよこれは。

その点で「ユージュアル・サスペクツ」よりもおすすめです。

はい。

ぜひぜひ一度観終わった後に、登場人物からセリフから何から何まで細かく観返して観てください。内田けんじ監督天才ですよ。小説ならミスリードを誘う作品ってありますけど、映像でも出来るんですね。面白い。

やっぱり、映画って出演者も大事ですけど、制作陣も大事なんだな。鍵泥棒のメソッドとアフタースクールの二作品で一気に内田けんじ監督のファンになりました。

そんな感じです。

ではでは。

あ、大泉洋と内田けんじ監督のオーディオコメンタリーはラジオみたいな感じで笑えるので、機会があれば全部聴いてみてもらいたい。それとエンディング歌っているmonobrightはカウントダウンジャパンでみたけど、やっぱり良いよ。

スポンサードリンク



この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!