『A.I.』を観ると人間が嫌いになるなぁ…。意外と難しい映画だよな。

A.I.

公開:2001/6/30

監督:スティーヴン・スピルバーグ

出演者:ハーレイ・ジョエル・オスメント

製作国:アメリカ合衆国

『A.I.』は本当におすすめ出来る映画か?

野口 明人
『A.I.』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

前回の『リアル・スティール』、前々回の『アンドリューNDR114』とロボットもので続いたので、やっぱり最後はスティーヴン・スピルバーグの『A.I.』だ!と思って高校生の時に観た時以来、久しぶりに観てみた。

スポンサードリンク

10秒でわかる『A.I.』ストーリー

一生母親を愛する事をプログラムされた、愛を持つロボット、ディビッド。ある事情からその母親に捨てられてしまう。母親にまた愛してもらえるように“人間になる方法”を探して旅に出る。

ネタバレ注意『A.I.』のあらすじまとめ

地球の温暖化が沈み、元は大陸だった所もその多くは海に沈みつつあった。大陸の減少により食料の確保などが難しくなる。そこで政府は人口の制御に立ちきり、許可なしでは妊娠を許さなくなった。そして、食料を必要としない労働力として人工知能、A.I.を搭載したロボットが開発される。人間が行っていた労働のほとんどはロボットが取って代わり、世の中のほとんどはロボットなしでは回らなくなっていた。

セックスを引き受けるセックスロボットも開発された頃、人間のように愛を持つロボットとして、実験的に子供の姿をしたA.I.ロボット、デイビッドが作られた。

デイビッドは不治の病を持つ息子のマーティンの事でずっと気を病んでいるモニカとその旦那ヘンリーの元へ試験的に贈られる。夫婦は冷凍保存されてずっと眠っている息子のマーティンを忘れる為、同じような形をしたデイビットに戸惑いながらも一緒に住むことを許諾する。

特に気に病んでいたモニカは初めはデイビッドに対して冷たい態度を取っていたが次第に普通の子供の用に接するようになり、モニカを永遠に愛するようにするプログラムをデイビッドに施す。このプログラムは一度設定すると変更不能で壊れるまでずっとモニカを愛するように出来ている。今までずっと「モニカ」と呼んでいたデイビッドだが、このプログラム実行後、「マミー」と呼ぶようになった。

デイビッドの愛によって、ヘンリーとモニカは幸せな家庭を取り戻しつつあったが、その時奇跡が起きた。息子のマーティンが目を覚ましたのだ。マーティンが戻ってきた後も、デイビッドは変わらず母親の事を愛し、いじわるなマーティンとも上手くやっていたのだが、母親のモニカは明らかにマーティンにばかり愛情を注ぐようになった。

そしてある日、周りにいた子供が引き金となって、マーティンの命にかかわる事故をデイビッドは起こしてしまう。完全に人間のいたずらに引き起こされた事故だったのだが、そんな事を知らないモニカはデイビッドを森の中へ捨ててしまう。

モニカからもらった喋るクマのぬいぐるみのテディとともに森に置き去りにされたデイビッドは、モニカに読んでもらったピノキオの話を思い出し、途中で出逢ったセックスロボットのジゴロ・ジョーとともに、“ブルーフェアリーに逢って、本当の人間にしてもらえればママにまた愛してもらえる”とブルーフェアリーを探す旅に出るのであった…。

…まだまだ話は続きますが、ネタバレになるのでここら辺までで。

『A.I.』のおすすめポイント

野口明人
人間をロボットらしく、ロボットを人間らしく描いた作品。愛とは何かを考えさせられる。そして人間とは何かを考えなければならなくなる映画。

こんなことやらないよ!と思えるぐらい人間が醜く描かれている映画

モニカが自分の実の子供が戻ってきたらデイビッドの事を捨ててしまったシーンにしてもそうですが、人間たちが自分たちの立場をロボットに取られてしまったからと言って、ロボットを壊すショーを実施していたりと、結構人間に対して嫌悪感満載な映画です。

元はスタンリー・キューブリックが企画を持ち込んだ映画なそうなので、きっとこういう物事を極端化してクッキリさせるのが得意なスタンリー・キューブリックの作風を活かした撮り方をスティーヴン・スピルバーグはしたんだろうな。ただ、ラストのシーンはスタンリー・キューブリックっぽくはない。よって、スタンリー・キューブリックを意識して作ったのはわかるけど、やっぱりスティーヴン・スピルバーグっぽい出来に仕上がった変な感覚の映画。

しかし、それにしてもこの映画、高校生の時に観たんだけれど、こんなに難しい内容だったんだな。ストーリーとしては完全にピノキオベースの話なんですが、セックスの話が途中で混ざっていたり、温暖化がどうとか記憶のデータベースがどうとか、感情を持った人間が宇宙人(設定では宇宙人ではなく高度なA.I.らしいけど、やっぱり宇宙人にしか見えない人達)の羨望の対象だったり結構ごちゃごちゃした設定が存在していた。すごく哲学的映画。

ただ、やっぱりそういうのはあんまり記憶に残らずに、最終的に感じるのは人間って勝手すぎるよなっていう事だけ。高校生の時はハーレイ・ジョエル・オスメントがかわいいなぐらいにしか思っていなかったんだけどね。確か、母とロボットの愛みたいな売り出しだったんだよ、当時。今見ると全然母親じゃねーじゃんコイツって感じなんだが。

自分に愛情を仕向けるようにしたのはモニカ本人なのに、必要なくなったら捨てるんだもんな。ひでえよ。それでも、なんかラストはそんなことなかったかのようにデイビッドと再会していたけど、そんな事許せないよな普通。

…うーん。

まとめ

この映画で人間がやっていることは誇張だってわかっているんだけれど、完全にこうならないとは言い切れない部分もあって、やっぱり人間が嫌いになってしまう映画です。

ふえぇぇえ。

ロボット3作品観たけど、なんとなく人間が嫌いになっただけでした。

次はロボットものじゃない映画を観よう。

ではでは。『A.I.』のレビューでした。

…ハーレイ・ジョエル・オスメントはやっぱりこのころが全盛期だなぁ。

野口明人
では、最後に『A.I.』の採点…
A.I.
  • ストーリー - 60%
    60%
  • キャラクター - 55%
    55%
  • 演出 - 60%
    60%
  • 映像 - 80%
    80%
  • 音楽 - 75%
    75%

レビューまとめ

人間嫌悪満載のファンタジー。無駄に長い気もするが、好きな人は好きだと思う。

66%
User Rating 2.29 (7 votes)
Sending

スポンサードリンク

66%

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!