Audibleすげー!
邦画

『鍵泥棒のメソッド』の脚本には脱帽。完璧すぎる演出にはアッパレ!

鍵泥棒のメソッド - 映画情報
  • 公開:2012年
  • 監督:内田けんじ
  • 出演者:堺雅人,香川照之,広末涼子,荒川良々,森口瑶子
  • 製作国:日本
MOVIE REVIEWS

こんなに完璧な演出・脚本の邦画初めてみた!!モンスターズ・インクを観た時の衝撃と似ている。堺雅人週間で、堺雅人が出ている映画を観ているわけですが、Twitterで教えてもらった作品をTSUTAYAで借りてきました。その一つがこの「鍵泥棒のメソッド」です。

自殺を試みた売れない役者(堺雅人)とプロの人殺し(香川照之)が入れ替わるという話。

まぁ入れ替わると言っても、マンガやアニメであるような頭の中身がすべて入れ替わってしまうというものではなく、二人が同じお風呂屋さんにいた時にプロの殺し屋が石鹸でこけてしまい、強く頭を打って救急車で運ばれるのだが、その時に自殺を試みた役者がその人のロッカーのカギと自分のロッカーのカギを入れ替えて、持ち物をすり替えるというもの。

強く頭を打ったショックで記憶喪失になってしまった殺し屋は、入れ替わった持ち物から役者の身分証などを自分のものだと思い、そのまま生活します。もちろん、当の役者の方は記憶はそのままなので時々記憶を取り戻していないか様子を見てくる。

まぁ、その時は殺し屋だったなんて全く知らないわけですが、いろいろと話が進んでいくうちに、鍵を盗んだ人が殺し屋だという事がわかり、殺し屋の仕事をしなければならなくなる。

そういう入れ替わりです。

この映画の見所は堺雅人もそうなんですが、なんといっても香川照之でしょう。もうね、彼は天才ですわ。「ゆれる」の時も香川照之の演技がすんばらしすぎたわけですが、今回もすごいです。

殺し屋と記憶を失った人の使い分けがもうね。たまらん。

そして広末涼子と恋愛をする流れになるんですが、この二人がなんとも癖のある感じでね。すべてをきちっきちっとしていく性格で恋愛においてぎこちないんですね。その雰囲気がもう初々しくて心清らかになります。

かわいいよ。広末涼子。彼女はどの作品に出てもどんなキャラを演じても素敵な女性に映りますな。

演技としての見所もさることながら、この映画の最大の見所は何と言っても演出です。

それはまるでよく出来た推理小説を読んでいるような、そうだな、伊坂幸太郎とか村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドみたいな、伏線すべてがあとあと効いてくるみたいな。そういう演出の仕方なのです。

出てくる流れ、会話、それらすべてが無駄にならない作り方です。

さらに言えば、モンスターズ・インクの遊び心に僕は感心した記憶があるんですが、この映画にも共通していました。まぁ、中身を話してしまうとネタバレになってしまって楽しめないと思うので、詳しくは言いません。ぜひ観て確かめてください。

最後の最後まで素敵な映画だなって思える映画です。

やっぱり、堺雅人と香川照之のコンビはいいわ。素敵すぎる。

さ、まだまだ教えてもらった映画があるので、堺雅人週間は続きます。

はい。そんな感じで『鍵泥棒のメソッド』でした。

…それにしても、この映画の堺雅人が僕にはどうしても、ラーメンズの小林賢太郎に見えてしかたがありませんでした。そして、広末涼子の姉役の小山田サユリがかわいかったです。

ではでは。

ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です