『硫黄島からの手紙』信じられるかい?この映画作ったのアメリカ人…

硫黄島からの手紙

公開:2006/12/09

監督:クリント・イーストウッド

出演者:渡辺謙

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

『硫黄島からの手紙』を前回の『父親たちの星条旗』に引き続き観てみることにした。正直前回の映画は精神的にかなりまいったので2日連続の戦争映画はキツイかと思ったが、こちらの方は比較的内容も理解しやすく、同じ監督とは思えないほど全く違う雰囲気で作られていたのですんなり観ることが出来た。

それにしても、アメリカ贔屓を全く感じさせない出来に感動すら覚えた。なぜこれが日本人ではない監督に作れるのか…。

早速レビューをして行こうと思います。ちなみに製作国がアメリカ合衆国なのでこのブログでは洋画に分類しましたが、ほぼ日本人キャスト、ほぼ日本語で展開されます。

スポンサードリンク

10秒でわかる『硫黄島からの手紙』のストーリーのまとめ

2006年に硫黄島の地中から発見された数百通もの手紙。そこには硫黄島の戦いで散っていった兵士たちが家族に向けて書いた思いが綴ってあった。決して届くことのなかった手紙。彼らは一体どんな思いで戦っていたのか…

もし、あなたに居酒屋で『硫黄島からの手紙』ってどんな映画?あらすじとか評判は?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、“日本側から観た硫黄島の戦いの記録”なんだ。クリント・イーストウッド監督の硫黄島プロジェクトの片割れね。『父親たちの星条旗』がアメリカから見た硫黄島の戦いの映画。
ちぐのさん
『父親たちの星条旗』の方はどちらかというと時間軸がバラバラで戦争だったり現在だったり行ったり来たりで、ちょっと内容が捉えにくい部分があったけど、この映画はほぼ全編が硫黄島での戦いの事を描いているから分かりやすい。
野口明人
嵐の二宮和也演じる西郷昇陸軍一等兵と渡辺謙演じる栗林忠道陸軍中将などが家族に書いた、届くことはなかった手紙が後に発見されてそれを元に作ったって感じ。西郷は実在しないけど、栗林忠道陸軍中将は実在した人物で、硫黄島での戦いで指揮を取っていたボス的立場の人なんだね。
ちぐのさん
他にも中村獅童とか加瀬亮とか存在感がある日本の俳優さんが沢山出てるんだけど、洋画って所が不思議だよなー。『ラストサムライ』も日本人が日本語で演技するけど洋画なんだってのはあったけど、あっちはトム・クルーズが主演だったのに対して、こっちは完全に日本人が主役だもんな。クリント・イーストウッド、日本語喋れないのに監督するとか、すげー。
野口明人
ニノはクリント・イーストウッドが日本語通じないのを良いことに、タメ語で文句言ったりいじったりしたらしいけど、クランクアップ後にサインもらいに言ったら、「お前は嫌だ」って冗談いわれたらしいよ。やっぱり雰囲気は伝わるんだね(笑)
ちぐのさん
まぁあれだ。前作は観終わった後にかなり精神やられたんだけど、日本人が演じてるっていうのと、演じてる人が今でも普通にテレビで活躍している姿を観られるっていうのがあるから、前作よりかは“作品”として観ることが出来たね。
野口明人
それでもかなりショッキングな描写とかあるから、間違いなく戦争の雰囲気はズシズシ伝わってくる。戦争の悲惨さとか、日本がまだ大日本帝国だった頃の統治の仕方だったり、天皇陛下万歳と言いながら散っていく姿とか、敵に殺されるような恥を晒すなら玉砕せよと、手榴弾自殺するシーンとか、大和魂という形で表現されているけど、やっぱりそれでも兵士たちは「本当は死にたくない、死ぬことを簡単には割り切れない」という姿を見て胸が苦しくなる。
ちぐのさん
この映画のすごい所は、クリント・イーストウッドが撮ったというのに日本人を変なイメージで捉えず、兵士たちの思いは日本もアメリカも一緒だったというテーマで描いている所だと思う。お国のためといいつつ、戦場で戦っている兵士はそれぞれ国や天皇陛下という意識よりも自分を産んでくれた母親や、奥さん、子供を思って戦っていたという描写が強い。
野口明人
それを栗林中将の手紙を読んだ時に感じ取ったクリント・イーストウッドは、本来日本人がやる予定だった監督を、私にも出来るかもしれないと引き受けたわけだね。
ちぐのさん
日本が登場する外国映画って結構多いけど、侍や忍者のイメージを現代に当てはめて、刀、チャンバラを無理矢理ねじ込んできたり、漢字がかっこいい意識で、これって日本っていうより中国みたいな街になっちゃってるじゃんっていうのばっかり。だからこの映画もそういう日本人が感じる外国人が作り出す“日本”の違和感みたいなのあるのかなーって思ったけど、マジで全くない。
野口明人
日本人の監督が作ったって言ってもいいぐらい“日本”をちゃんと表現してくれている。そして日本人の監督が撮るよりも、より強く“日本”に尊敬の念を込めて作ってくれている感じがする。
ちぐのさん
前回も思ったけど、クリント・イーストウッドは“アメリカ人”を比較的嫌悪感を持たせるような撮り方をしていると思うんだ。アメリカ万歳な映画が多いのに、クリント・イーストウッドは“アメリカ人”という人種に疑問符を投げかけるような撮り方をするの。その上、“日本人”は日本人が観た時にガッカリされないような礼を尽くして撮ってくれている。この監督の客観的視野、本当にすごいわ。ステレオタイプを全く省いて物事を捉えられるのかね。
野口明人
それと前回ちょっと文句をつけたCGについて、作り物感がなんだと言ったけど、今回の映画に『父親たちの星条旗』で使ったCGを流用していたにも関わらず美しさを感じたのはなんでだろ。映像から伝わってくる硫黄島の美しさみたいなのもあったんだよね…。今回は硫黄島の撮影許可も少し降りたみたいで、所々に使われているからかね。
ちぐのさん
あと、全体を通した映像の色合いね。戦争映画って比較的暗いカラーの映像を使うじゃない。でも本当の戦争の時ってセピア色になってたりグレートーンやモノクロになっていたりせず、僕らが今生きている時に見るように、晴れた日には空は青かったはず。ただ映画の中になると重々しさを感じさせるように、兵士たちが汗だくになるぐらい晴れていても暗い空だったりする。
野口明人
この映画でも状況によって色合いが変わるんだけど、印象的なものだけは画面全体で色を変えず、その“物”だけがくっきり現実的な色を放っているんだよ。例えば硫黄島のミドリだったり、太陽のオレンジだったり。それがね、美しさを醸し出していると思うんだ。
ちぐのさん
ま、感想はほどほどにあらすじの話をしよう。…と言ってもほぼ概要的なものしか話せないんだけど。戦況はもうほぼ日本が敗戦間近な時期。アメリカは日本の首都に近い硫黄島を拠点にし、そこから総攻撃を仕掛ける為にどうしても硫黄島が欲しかった。日本としてはそれだけは絶対に阻止をしなければならないのだけれど戦力もない。そこに派遣された栗林中将。
野口明人
彼はアメリカに行った事があり、そこで友好の証としてピストルをもらった過去がある。日本はアメリカと絶対、戦うべきじゃない。日本はアメリカと友好的な関係を結ぶべきだという意見を持ち、アメリカの社交界にも参加し、交友を深めていた。
ちぐのさん
しかし、そこで軍人の奥さんに「もし戦争になったらどうするんです?」と質問されると栗林中将はこう答える。「絶対にそんな事はあり得ませんが、もしそうなったら国のために務めを果たす」と。「夫を撃つということ?」「信念に従う」「君の信念?それとも国の信念?」「同じことでは?」という会話をし、彼は真の軍人だと賞賛されていた。
野口明人
だが、実際に絶対に起こって欲しくなかったアメリカとの戦争。硫黄島で指揮を執らなければならなくなった。硫黄島にはすでにアメリカとの戦いに備えて兵士達が過酷な状況下の中準備をしていた。それをみた栗林中将はこんな事では守れない。今すぐに辞めて別の作戦で行こうと指示する。
ちぐのさん
それを聞いた現場の指揮官達は栗林中将に反感を持つ。アメリカの腰巾着めがと。しかし実際は硫黄島で準備をしていたものたちには戦況が伝えられておらず、援軍ありきな準備をしていた為、栗林中将の指示がなければ、もっと早くに全滅していただろう。現場の指揮官達は“鬼畜米兵”という言葉だけを刷り込まれたアメリカを知らない日本人たちなのだ。
野口明人
指揮官達は不満を抱えながら現場の兵士たちに指示を与える。そこに妻とまだ生まれて間もない顔さえ見ていない娘を残して出兵してきた元パン屋の西郷は文句をたれ、非国民だと折檻されてしまう。その光景をみた栗林中将は、代わりになる兵力を持っているのかと止めに入る。助けてもらった西郷はあの人は出来た人だと好意を持つ。
ちぐのさん
その後、アメリカ軍が攻めてきて、海岸から迫ってくる。しかし栗林中将は攻撃の合図を出さない。その事にも不満を募らせる現場指揮官達。迫りくるアメリカ軍隊。頃合いを見計らって、やっとの事で攻撃の合図を出す。じわりじわりと日本軍の兵隊を削っていく。
野口明人
西郷のいた舞台もほぼ壊滅状態。指示を聞きに西郷は現場の指揮官の場所へ走る。無線で栗林中将が他の部隊と合流しろと指示を出すが、現場の指揮官達はもう玉砕しかないと栗林中将の指示を無視して兵士へ手榴弾で自爆することを指示する。次々と死んでいく兵士。現場指揮官も自爆し、憲兵隊から派遣された兵士と西郷だけが残る。西郷は逃げ出すが、憲兵は西郷に向かってピストルを突きつける。
ちぐのさん
「俺は聞いたんだ。栗林中将が玉砕はするな。他の舞台へ合流しろと。ここでこのまま死ぬのと生きて戦い続けることとどっちが陛下の御為になる。あ?どっちだよー!」西郷の凄みに憲兵は怯む。憲兵は考えを変え、西郷と共に他の部隊へ合流する。
野口明人
しかし、合流した先の現場指揮官は逃げてきた西郷達を非国民だと罵り、刀で斬りかかる。そこに現れる栗林中将。またしても助けられた。西郷は生き延びる為に色んな策を練り、それをみていた憲兵は卑怯者だと罵るが、その足は震えている。合流しては部隊が壊滅し、合流しては壊滅する。しかし西郷は生き延びるためならなんでもする。
ちぐのさん
栗林中将と仲の良かった元オリンピック選手が指揮官を務める部隊に合流した時、負傷したアメリカ兵を指揮官が手当をしてやれと言い、アメリカ兵と話す時があった。彼は手当も虚しく息絶えてしまうが、彼が持っていた母親の手紙は、日本兵のみなが思い描く鬼畜米兵ではなく、普通の愛する子供にあてた手紙だった。日本人もアメリカ人も一緒なのだ。
野口明人
一度もアメリカへ行った事がない日本兵。鬼畜米兵、アメリカ兵はヘタレだと言い聞かされ続けてきた彼らには、その手紙は衝撃だった。正義とはなんだ。一体何のために戦っているのか。憲兵はこんな所で死にたくないと西郷にもらす。一緒に投降しよう…。
ちぐのさん
…とまぁ、ネタバレしない程度にあらすじを言ったけど、あらすじじゃ伝えられない内容だから実際に観て確かめてみて。アメリカ軍の鬼畜さとか、その他もろもろ描かれてるから。僕はどちらか先に観ろというなら『父親たちの星条旗』より『硫黄島からの手紙』の方がすんなり受け止められるんじゃないかなって思うよ。
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。栗林忠道の事も調べるとより深く考えられるんじゃないかな。

…そんな事を『硫黄島からの手紙』についてジョニーウォーカーをすすりながら居酒屋で話すと思います。

『硫黄島からの手紙』の名言・心をざわつかせた言葉

戦争のため?お国のため?なんでパンなんだよ。

いいか今から言うことは誰にも言っちゃいけないぞ。いいな。父ちゃんは生きて返ってくるからな。

我々の子供らが日本で一日でも長く安泰に暮らせるなら、我々がこの島を守る一日には意味があるんです!

ここでこのまま死ぬのと生きて戦い続けることとどっちが陛下の御為になる。あ?どっちだよー!

向こうで落ち合おう。もし会えなければ、来世で会おう。

「固まって歩くな。そこを狙われる。少し距離を置け」「卑怯者が」「死んだ兵隊はな役に立たねーんだよ!」

鬼畜米兵という言葉を俺は鵜呑みにしていた。だがあの米兵、あいつの母親の文面は私の母のと同じだった。私は閣下のため、お国のために任務を全うしたい。だが無駄死にはしたくない。

不思議なもんだな。家族のために死ぬまでここで戦い抜くと誓ったのに、家族がいるから死ぬことをためらう自分がいる。

『硫黄島からの手紙』は↓こんな作品や世界観が好きなあなたにおすすめ。この映画を観ている時にパッと思い浮かんだ映画・小説・漫画・アニメ・テレビドラマ、または音楽など

ちぐのさん
この映画を観た時に真っ先に浮かんだのがこの小説。映画化もされていますが、まだ観たことがありません。小説は分厚い部類に入ると思いますが一晩で読んでしまった事を思い出します。

『硫黄島からの手紙』のような映画が好きなあなたに、ぜひ次に観て欲しい映画はズバリ…

野口明人
レビューが倍近く『硫黄島からの手紙』についてますが、やっぱりセットで観て欲しいなぁと。前回は『硫黄島からの手紙』を観ていない状態でしたが両方観た今でも、両方一緒に観る価値があると思いました。他の戦争映画も気になったら『硫黄島からの手紙』で挙げた映画を観てもらうといいかな。

『父親たちの星条旗』戦争を分かった気でいるやつはバカだと言われ…

2017.05.03

まとめ

二日続けて戦争映画。次回はもうちょっとほんわかとしたハッピーな映画がいいなーとは思いますが、『硫黄島からの手紙』観てよかった。クリント・イーストウッドの映画でここまで、おおお!!ってなったのも久しぶりです。

本当になぜこんな映画が作れるのだと感動すら覚えました。この映画をアメリカ人が作った事に価値があると思います。

昨日は戦争は善や悪ではないと叩きのめされましたが、戦争の中に垣間見える善と悪が平等な視点で描かれていました。犬を撃ち殺せない憲兵。犬を撃ち殺す憲兵。一日見張りをするのが面倒くさいという理由で捕虜を撃ち殺す兵隊。人を刺し殺す影を見てハッとする兵士。

前回の作品同様に、心に刺さるシーンがたくさん散りばめられています。ただ単に残酷な殺し合いを見せるだけではなく、直接的に映像で写すのではなく、時には映さない事で伝える戦争の残酷さ。異常さ。その演出が本当にすげーなーと思った今日なのでした。

ではでは『硫黄島からの手紙』でした。

影を見てハッとするシーンは僕がこの映画で一番印象に残ったシーンなので、是非この映画を観た時は捜してみてください。

野口明人
では、最後に『硫黄島からの手紙』の採点…

スポンサードリンク



硫黄島からの手紙
  • ストーリー - 80%
    80%
  • キャラクター - 90%
    90%
  • 演出 - 95%
    95%
  • 映像 - 90%
    90%
  • 音楽 - 65%
    65%

レビューまとめ

何度も何度も繰り返しますが、この映画を撮ったのはアメリカ人なのかよ!と驚く出来だと思います。そして前回の作品に比べて映像を使った演出も多く、心を揺さぶってきます。僕が今まで観た映画の中では一番友達に勧めたくなる作品でした。

84%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!