『父親たちの星条旗』戦争を分かった気でいるやつはバカだと言われ…

父親たちの星条旗

公開:2006/10/21

監督:クリント・イーストウッド

出演者:ライアン・フィリップ

製作国:アメリカ合衆国

『父親たちの星条旗』は本当におすすめ出来る映画か?

野口 明人
『父親たちの星条旗』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

『父親たちの星条旗』を観た理由は、前回観たトップガンが戦争にまつわる感じの話だったからという簡単な理由だったのだが、この映画を観て、本当にここにレビューを書いて良いのか迷ってしまった。

それはこの映画があまりにも“戦争”というものに対して善悪を抜きにして語っているからであり、冒頭の部分でもそう釘を刺しているからだ。僕は戦争を体験もしていないし、戦争は悪いものだとある種分かっているつもりで観てしまっていたので、心が痛くなった。

そんな僕がこの映画の良し悪しを語っていいのだろうか。レビューという名目を借りて点数をつけて良いのだろうかとわからなくなった。…ただ観終わった後にこの映画で扱った硫黄島の戦いを調べていくうちに、これは作品なのだ。一人の人間が戦争を語ろうとして生み出した作品であり、この作品を肯定したり否定する事は戦争を肯定したり否定するものではない。アメリカを賞賛するものでも日本を侮辱するものでもないのだと考えるようになりました。

このレビューを観て心を悪くしてしまう人もいると思いますが、悪意はありません。戦争を侮辱するものでもありません。純粋に映画としての作品の評価をしているものなのだとご理解くださいませ。これはカメラを通して語った物語であり、カメラが終われば死んだ人間は死んだ演技を終え、普通に生活しているのだ。そう言い聞かせて戦争を語るのではなく映画を語るように気をつけたいと思います。

他にも戦争映画は観てきたつもりですが、他の映画とは一線を画する映画の作り方…。

スポンサードリンク

10秒でわかる『父親たちの星条旗』のストーリーのまとめ

長い人生が終わろうとしている老人ドク。1945年、衛生兵として硫黄島の戦いに参加し1枚の写真に撮られた事で彼は英雄扱いされた過去があった。しかし彼は戦後家族を持った後にも硫黄島の戦いのこと、アメリカ中で有名になった写真ことは決して語らなかった。死に面して初めて息子のジェームズに語られる硫黄島の戦いの真実…

もし、あなたに居酒屋で『父親たちの星条旗』ってどんな映画?あらすじとか評判は?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、“アメリカ視点で描いた硫黄島の戦いとその真実”なんだ。クリント・イーストウッドの硫黄島プロジェクトの片割れで、日本視点で描かれた映画『硫黄島からの手紙』とセットで観ろというのが定説みたいなんだが、とりあえず僕は先に『父親たちの星条旗』の方を観た。
ちぐのさん
2時間11分の映画なんだけどね、正直な所を言うと観ていてちょっと疲れてしもうた…。戦争映画で心が痛いという面と、時間軸があっちこっちに行くから状況を把握するのに苦労するという面と。でもその作り方があったから他の戦争映画とは違うメッセージの伝え方をしてきたと思う映画なんだわ。
野口明人
戦争映画で今までで一番衝撃的だったのは『プライベート・ライアン』なんだけど、あれは第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を切り取って3時間の映画の中でその悲惨さを伝えるっていう作り方だと思う。その生々しさがスゴくて、戦争は悪だ!絶対にダメだ!っていう印象がスゴく残ったんだよ。
ちぐのさん
でも、この映画はさ、戦時中の戦場・戦時中の都市部・戦後・現在っていう場面転換を頻繁に繰り返すから、悲惨なシーンもあるっちゃあるんだけど、伝えようとしているのはそういうことじゃなくて…っていう感じがしたんだよね。そしてまず初めに「戦争を分かった気でいるやつはバカだ」ってフルスイングで僕の頭の中の戦争に対する考え方をぶっ壊してくるの。マジで衝撃的だった。『プライベート・ライアン』で感じた「戦争は悪だ!」っていうのをぶっ壊されたから。
野口明人
学校の歴史の教科書で教えてくれるのはさ、どっちが先に仕掛けただの、お国のために戦っただの、勝てば官軍負ければ賊軍だの“善悪”で戦争を捉える感じだと思うんだ。でもそうじゃねーんだよこの野郎!っていうのがこの映画のテーマだと思う。
ちぐのさん
あらすじを話すと、戦争の夢を見て今でもうなされるおじいちゃんというシーンから始まる。そのおじいちゃんが病で倒れて、現実と戦時中の事がごっちゃになって病院に運ばれる。そこで今までずっと聞かされなかった硫黄島の戦いの話を息子ジェームズが聞くという枠で話が進むのね。
野口明人
ただ、ここもまた時間軸がズレて、おじいちゃんだけの話じゃなくて、その話を聞いて興味を持った息子が他の戦争体験者からも話を聞いているシーンが割り込んでくるから、そういうシーンの切り貼り的な撮り方してるんだなってのは是非最初に頭に入れておいてからこの映画を見たほうがわかりやすいと思う。
ちぐのさん
体験者は語る。「戦場の実態というのは想像を絶するほど残酷なものだ。だが正当化しないと。分かりやすい事実が必要だ。言葉などなくてもいい」そう言って一枚の写真の話をするの。歴史的にも有名な星条旗のやつ。あ、wikipediaに動画あったわ。

野口明人
これを写真に撮ったものがこれ。

WW2 Iwo Jima flag raising.jpg
By Joe Rosenthalhttp://blogs.archives.gov/todaysdocument/2011/02/23/february-23-flag-raising-on-iwo-jima/, specifically http://farm6.staticflickr.com/5056/5389845905_f093a8fdc3.jpg. See also image 520748 at http://arcweb.archives.gov/arc/action/BasicSearchForm, Link

ちぐのさん
この写真を見てどう思う?戦争で戦って得た領地に自分たちの旗をあげているように見えるじゃん。言ってみれば戦時中にこれを見た人は「戦況は私達の国が有利なんだわ!この旗を立てている人は命をかけて戦って、まさにこの国の英雄だわ!」って思うじゃん。これが分かりやすい事実。言葉などなくても写真一枚あればわかるってやつ。ベトナム戦争でも写真一枚で負けたっていうぐらい、写真の存在は大きい。
野口明人
実際、この写真に写っている6人のうち3人は戦死しちゃったけど残りの3人は戦場から帰還させられて国の英雄として米国中を回って、破産寸前で疲れ切っていた戦時中の国民を鼓舞する役割を担ったわけ。その旗を持っていた3人のうちの一人が最初のおじいちゃん。話を聞いてまわるジェームズの父ね。ジェームズの父ドグは英雄として扱われた。…でも、事実はそうじゃねーんだ。っていう話。だからドクは息子にも家族にも写真の話や硫黄島の戦いの話をしなかった。
ちぐのさん
そして事実の話が続けられる。そこからは国はこの写真を利用して、国民に国債を買わせる為に写真を利用して英雄3人を連れ回す話と、事実はそうじゃない事に苦悩する3人という形で話が広がっていくわけなんだが、あらすじは短いけどこんな感じかな。
野口明人
…結構ね、グロテスクな描写とかあるんだけどそういうのダメならつらい映像が多い。ただ、生々しさだけで言えば、よくよくこの映画と比較される『プライベート・ライアン』の最初の20分の方がショッキングだとは思った。この映画はちょっと作り物感がわかってしまうし、CGだなってのがわかる。艦隊とか海、兵隊一部はCGで作られているらしいんだけど。
ちぐのさん
でもシーン別で言えば『プライベート・ライアン』よりもショッキングなものが多い気がしたなぁ。船から落ちた兵士を拾わずに船が進んでいって運命共同体じゃないのか…とつぶやくシーンとか、味方に撃たれたと言って死んでいくシーンとか。インディアンに対する冷遇とか。国籍を買おうっていう歌とか。戦場に出ている人間と町で待っている人間の戦争に対する温度差とか。死んでる人間を何度も銃剣で刺している仲間の背中をゾッとした目で見ているシーンとか。親と会うためにヒッチハイクをしている姿とか…。もう沢山ありすぎるわ。
野口明人
この映画自体がシーンの切り貼りしている作り方だからなのかもしれないけど、心にグサっとくるシーンが他ジャンルに散りばめられている。それらすべてを通して、戦争の異常さが伝わってくる。時にはイライラしたり、え?なんで?と思う事もあるけど、それが戦争を知らない僕らが戦争をわかっているつもりでもわかっていないバカだと言われてしまういわれなのかと。
ちぐのさん
『父親たちの星条旗』と『プライベート・ライアン』どちらも違ったアプローチで戦争について訴えてくる映画だから、どちらが良いってわけではなく、どちらも観てみて色々と戦争について色んな角度から考えるのが必要だと思うな。
野口明人
あとはアレだ。アメリカ視点で描かれた映画で、日本人の目線からみると…的なレビューあったけど、僕はあんまりそういうのは感じなかったな。アメリカ万歳な映画の作り方はしてないと思う。どちらかというとそういう常識に疑問を投げかけている感じの作り方だと思った。
ちぐのさん
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。あと興味が出たら、硫黄島の戦いについて調べてみたり、硫黄島の星条旗について調べてみたら映画が深くわかるようになると思う。

…そんな事を『父親たちの星条旗』についておしぼりをたたみながら居酒屋で話すと思います。

『父親たちの星条旗』の名言・心をざわつかせた言葉

戦争を分かった気でいるやつはバカだ。特に戦場を知らぬ者に多い。皆単純に考えたがる。“善 対 悪”“ヒーロー 対 悪者”どちらも大勢いる。だが実際は我々の思うようなものではない。

政治家と役者はこの世で一番ケチな人種だ。

クソッタレ、旗は大隊みんなの物だ。大勢の命に替えて島を奪ったのは政治家の見栄のためか?ふざけるなってんだ。

大勢の仲間が死んだ。誰かの命を救えば確かに英雄だが、彼らは旗を揚げただけだ。

私が戦場で見たことややったことは、誇れるものじゃありません。

英雄とは人間が必要にかられて作るものだ。そうでもしないと命を犠牲にする行為は理解しがたいからだ。だが父と戦友たちが危険を冒し傷を負ったのは仲間のためだ。国のための戦いでも死ぬのは友のため。共に戦った男たちのためだ。彼らの栄誉をたたえたいならありのままの姿を心にとどめよう。

『父親たちの星条旗』は↓こんな作品や世界観が好きなあなたにおすすめ。この映画を観ている時にパッと思い浮かんだ映画・小説・漫画・アニメ・テレビドラマ、または音楽など

ちぐのさん
やはり記事の中でも書いたけど、ショッキングのジャンルは違えども心にグサッと来る映画。他にも戦争映画で『ブラックホークダウン』とか『ホテル・ルワンダ』とか『フルメタル・ジャケット』など色々と見てきたけど、第二次世界大戦を扱ったものとして『プライベート・ライアン』をおすすめしておきます。

『父親たちの星条旗』のような映画が好きなあなたに、ぜひ次に観て欲しい映画はズバリ…

野口明人
ふたつセットみたいなので日本人視点から撮ったという同じクリント・イーストウッド監督の作品を。僕もまだ観ていないので次回観ようと思います。逆に言えば『硫黄島からの手紙』を観ていなくても『父親たちの星条旗』は理解出来る作りになっているのかと。

まとめ

戦争映画は観ていて辛い…。そして今回は戦争をわかったつもりでいた自分が辛い。戦争を体験していなく、生まれた時から平和だった僕も、この平和は当たり前のものだと思ってはいけないとマジマジと感じました。

ただ、戦争は善と悪の戦いではないと言っていたけれど、戦争は悪だ‥と思いたい。もちろん政府は国を考え、国が豊かになる道を進もうと戦争という手段を選んだのかもしれないけど、戦争で勝っても負けても誰もが全て幸せになれない。

じゃあ戦争をしなかったら全員が幸せになれるのかというとそうじゃないのはわかっているんですが、なんとか武力で訴えず、口論もせず、お互いがお互いの存在を認め尊重し合える世界はないんでしょうか…。

本当に生きているだけで幸せだと思える今の僕は、恵まれているんだなぁ…。

自分って薄っぺらい。

父親たちの星条旗』でした。

…あ。どうでもいいことですが、最近見たアンタッチャブルという映画の乳母車の名シーンで使われていた階段が『父親たちの星条旗』でも使われていました。多分、一緒の場所のハズ。CANAL STREETって書いてあった所。ユニオンステーションって場所らしいんですが。

野口明人
では、最後に『父親たちの星条旗』の採点…
父親たちの星条旗
  • ストーリー - 80%
    80%
  • キャラクター - 95%
    95%
  • 演出 - 80%
    80%
  • 映像 - 70%
    70%
  • 音楽 - 75%
    75%

レビューまとめ

この点数を観て、他の映画と比較してなぜあの映画のストーリーより点数が低いんだとかなぜ演出が低いんだと言われてしまったら、どうしようもないのですがこの映画を観た後に点数を考えるとこんな感じになりました。5点間隔で採点するのやめようかな。ま、辞めても他の作品すべてと比較して点数はつけられないから一緒かもしれない。

80%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

スポンサードリンク

80%

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!