邦画

『南極料理人』邦画特有のゆっくりとした時間を楽しめるほんのり映画

南極料理人 - 映画情報
  • 公開:2009年
  • 監督:沖田修一
  • 出演者:堺雅人,生瀬勝久,きたろう,高良健吾,豊原功補
  • 製作国:日本
MOVIE REVIEWS

なんか特にヤマもないんだが、『南極料理人』は観終わった後ほっこりするなぁ~。なんだかんだでいい映画でした。

クヒオ大佐に続き堺雅人が出演する映画週間です。

この映画は、最強の単身赴任先として南極で仕事をする人達の話で、主役の堺雅人はそこで料理担当を担っている西村さんという役をやっています。

南極だからといって、人が遭難して仲間が死んでそれを乗り越えて生き延びるという話では全くありません。毎日観測などをしたりする仕事で、基地でたんたんと暮らしていきます。

一緒に生活している人は、それぞれが勝手な事を言って生活していますが、ご飯を食べる時は同じ食卓で西村さんが作ったものを食べます。ただそれだけの映画ですが、飽きずに観れてしまいました。

決してドラマチックではないけれど、なんとも言い得ない雰囲気を持っている映画です。盛り上がりに欠けると言えば悪く聞こえますが、超絶大ストーリーのような非現実的な映画よりも何かひしひしと伝わってくるものがあります。

リアル感。そう。リアル感が重要なんでしょう。この映画は。

徐々に溜まっていく南極へ閉じ込められているストレスなどが人々のぶつかりを生んで、ちょこっとした事件などもおきますが、本当にありえそうな内容です。

さらにもうひとつこの映画のいいところと言えば、伏線が結構見事です。ちょこっと話した事が後あとで、ここでこうなるか!というささやかな幸せが一杯詰まっています。

それと、堺雅人の演技も素晴らしいんですが、なんとも言えない素晴らしさなのが生瀬さんの演技です。この二人はドラマ、リーガルハイで共演しているところを観た事がありましたが、その時の生瀬さんも好きなんですが、こっちのかなり渋い味のある感じの生瀬さんの演技は特筆に値します。

それと娘役の小野花梨という子のふてぶしさと電話の時の対応のギャップが印象深かったな。

ま、映画に何を求めるかですけどね、映画館で大迫力なCGや演出を楽しむのもイイですが、これは多分、家でゆっくりコタツなんかでミカンを食べながら観るホームムービー向きかもしれないですな。

観た後に何か上手く表現できないけれど、いい映画だったよな?って思える映画でした。僕はクヒオ大佐よりこっちの方が好きです。

はい。

そんな感じです。

ではでは。『南極料理人』でした。

ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です