『十二人の怒れる男』はオセロだ!最初の状況がジワジワ裏返っていく

十二人の怒れる男

公開:1957年

監督:シドニー・ルメット

出演者:ヘンリー・フォンダ

製作国:アメリカ合衆国

『十二人の怒れる男』は本当におすすめ出来る映画か?

[amazonjs asin="B008CD7884" locale="JP" imgsize="medium" title="十二人の怒れる男"]
野口 明人
『十二人の怒れる男』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

映画とは演技ありきなんだとはっきりわかる良作。『十二人の怒れる男』には豪華なCGも派手なアクションも壮大な風景もないけれど、これほど面白い作品は珍しい。

1957年の古い映画。ジャケットはカラーになっていますがモノクロ映画です。色々なサイトでいつも話にあがっている映画だったので観てみることにしました。

スポンサードリンク

あらすじ

父親殺しで罪を問われている17歳の少年。陪審員制度によって、12人の陪審員により有罪か無罪かの審議が行われる。

法廷に提出された証拠や証言は明らかに少年を有罪と示していて、陪審員の審議もほとんど有罪の流れですぐに決まると思われていた。

陪審員制度の決まりにより全員一致が規則となっており、形の上で決を採ってみる。すると一人の男性が無罪と主張してきた。

他の11人にへそ曲がりがいると批難されながらも、冷静に無罪と主張する論理を展開していく…。

こんな感じのあらすじです。

すべての話はひとつの部屋で行われる

この映画の特徴として、ほとんどのシーンをひとつの部屋で行われる密室劇であること。ほぼ同じ背景で特に際立った激しい動きもなく、あるとすれば時折トイレに立ち入るシーンがあるだけ。

なおかつモノクロ映画なので現代のCGや壮大なカメラワークに慣れてしまっている僕らの感覚からすると退屈だと感じてしまう状況が揃っている映画と思われる。

しかし、不思議と飽きもしないし単調だとも思わない。シーンがほとんど切り替わらないこともそれほど気にならない。気が付くとのめり込んでいて、映画のエンディングロールが流れていた。

そう。

この映画は俳優の演技ひとつだけで映画を「魅せている」作品なのだ。モノクロ映画でわかりにくい映像からでもこの部屋の蒸し暑苦しさが伝わってくる。切迫し、白熱した演技によってそう伝わってくるのだろう。

人間の感情と感情のぶつかり合いが熱い!

とにかく主人公がかっこよすぎる

国の機関から無作為に選ばれた様々な性格の12人の陪審員。野球のナイターを観に行く予定の為に早く帰りたいと思っている人や、自分の息子との確執から若者に偏見を抱いてしまっている人や、自分の意見を持っていない人や、差別意識が高い人など。

ひとりとして顔見知りがおらず、お互いの名前すら知らない。こういう場面に陥ると普通は波風を立てずに多数を占めている意見に流されるのが人間の性だと思うのだけれど、その中で自分の意見をしっかりと持ち、自分の違和感を正直に打ち明けられる主人公。

最初は1対11だった状況。それが2対10になり、3対9になり、6対6になり、最後には12対0にまで持っていく。それはまさにオセロのゲームのよう。一面、黒に覆われた盤面にたった一点の白。誰もがすぐに負けると思っていた試合だったが、試合が終わってみるとすべて真っ白に変わっている。

かっこいい。かっこよすぎる…。

本物のヒーローの条件

どうやら、2003年にアメリカ映画協会が選んだアメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100で、この映画の主人公、「陪審員8番」がヒーロー部門第28位にランクインしたらしいです。

多くの人々がこの映画の主人公にヒーロー性を感じたみたいですね。世の中にはたくさんのヒーローがいて、ただ単に悪を倒せばそれだけでヒーローみたいな風潮がある気がしますが、その多くはあまり心に残らずに廃れてしまう。

ではなぜこの映画の主人公にはヒーロー性を感じる人が多かったのか。

それはヒーローの条件として、「最初は受け入れられない」という条件が存在するからなんじゃないかな?とこの映画を観て思いました。

多くのヒーローは当然のように存在して、最初っから当然のように「味方」「正義」として受け入れられている。そこに見てくれのカッコよさがあっても勇気はない。でも、歴史を振り返って先導者や革命者、本物のヒーローと語り続けられる人達、たとえばマーティン・ルーサー・キング・ジュニアやガンジー、ジョン・レノンのような人達は多くの人達が思っていても怖くて言えなかった事を大きな声で叫んだのです。

多くの人の意見に流されずに自分の意見を叫ぶその姿に「勇気」を見出し、そこにヒーロー性が現れてきた。この映画の主人公のように1対11の状況が最初にあった。それを11対1、12対0にした条件があったから本物のヒーローになれたんじゃないかと。

考えてみれば、アンパンマンも今ではアンパンをあげる姿が普通に受け入れられていますけど、最初はみんなに受け入れられない中肉中背の、パンをあげる人間のおっさんだったみたいですし。

まとめ

密室。モノクロ。古い映画。今の僕らの感覚からするとヒットする要素が何一つなさそうな映画ではありますが、今の僕らが観ても充分面白いと思える映画です。役者さんの演技力、脚本、キャラクターの三つが素晴らしいんでしょうね。

はい。

そんな感じで、いろいろなサイトで話題に挙がる理由もなんとなくわかりました。それだけこの映画は面白いのでまだ観ていないあなたはぜひ観てみてくださいませ。

ではでは。『十二人の怒れる男』でした。

あ、個人的には「サイコ」に出ていた探偵役の人がこの映画にも出ていたのでなんか嬉しかったです。はい。

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!