洋画

『レザボア・ドッグス』本当の映画好きはこういう映画が好きなんだ。

レザボア・ドッグス - 映画情報
  • 公開:1992年
  • 監督:クエンティン・タランティーノ
  • 出演者:ハーヴェイ・カイテル,ティム・ロス,マイケル・マドセン,クリス・ペン,スティーヴ・ブシェミ,ローレンス・ティアニー,クエンティン・タランティーノ
  • 製作国:アメリカ合衆国
MOVIE REVIEWS

うーん…。無駄な所が多い気もするけれど、飽きもせずに観れたB級映画の『レザボア・ドッグス』。クエンティン・タランティーノの監督デビュー作。サブカルチャー好きにはたまらん感じなんだろな。

堺雅人週間を終え、久しぶりに洋画を観たいなと思ったので、TSUTAYAでおすすめの棚に置いてあったこの作品をチョイス。2chでクエンティン・タランティーノの作品の評価も高かったので気になっていた。初めてのクエンティン・タンティーノ映画を視聴。

強盗をする為に集められたお互いを知らない6人。いざ宝石強盗をしようと言う時になぜか事前に情報が警察にバレていて、死傷者を出しながらアジトに逃げ帰る。そこで一体だれが裏切り者か?といういざこざを繰り広げていく映画。

この映画のオープニングはどこかのカフェでマドンナの「ライク・ア・ヴァージン」という曲の解釈について語っているシーンから始まる。ここだけが異質で後は、計画が失敗した後のアジトでの話。個々それぞれの過去を振り返っていく感じで物語の途中ぐらいで裏切り者は誰かわかる。

視聴者はそれをわかったうえで、裏切り者の事を信じてかばう人の切実さやそれをお互いを疑いあう彼らの会話を楽しむような感じだ。

ここんところずっと邦画ばかりみて、なおかつ内田けんじ監督の計算高い演出を観てきたせいか、若干、余計なシーンばっかりな気がした。

途中でアッと驚くどんでん返しもない。ただ、その無駄が多いような映画こそが雰囲気を楽しめる映画の要素かもしれない。サブカル映画ってこんな感じなんだろうね。

この映画の見所はどこ?って聞かれればあれだな。裏切り者をシロだと信じて、自分の友人でこの計画のボスでもある人間をピストルで撃ちながらも、信じていた裏切り者に事実を打ち明けられた時の俳優さんの演技だな。

絶望的な。とても絶望的な。

その顔で映画が終わる。うん。

雰囲気は最高。

ただ、何か物足りない。そういう映画の感想でした。はい。でも、不思議と飽きずに観られたので、他のクエンティン・タランティーノ作品も観てみたいと思います。

ではでは、そんな感じで『レザボア・ドッグス』でした。

ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です