邦画

『ラッシュライフ』ここまでひどい作品て…。原作の良さが全くない。

23%
ラッシュライフ - 映画情報
  • 公開:2009/6/13
  • 監督:真利子哲也,遠山智子,野原位,西野真伊
  • 出演者:堺雅人,寺島しのぶ,柄本佑,板尾創路
  • 製作国:日本
MOVIE REVIEWS

伊坂幸太郎原作の『ラッシュライフ』。伊坂幸太郎の作品は比較的好きだし、大好きな堺雅人も出ているので観てみることにした。

原作を読んだのはもう8年ぐらい前になる。伊坂幸太郎を発見してから比較的最初の方に読んだ作品だったので、結構印象が強い作品だったはずなのだが、それすら吹っ飛ぶぐらいクソな映画だった。

結論は出ているけれど、とりあえず感想。

スポンサードリンク

10秒でわかる『ラッシュライフ』ストーリー

5つの物語が並行して進んでいく。画商、泥棒、新興宗教にハマる青年、不倫中のカウンセラー、失業してしまった男。一見バラバラに見える5人だが意外な所で絡み合っていく…

ネタバレ注意『ラッシュライフ』のあらすじまとめ

様々な種類の人間が交錯し、収束していくいわゆるグランドホテル形式。高橋という男を神と崇める若者、泥棒を生業としている男、女性画家、お互いの妻と旦那を殺そうとしている愛人関係の二人、職を失った男。

これらの登場人物が個々にピックアップされ、ストーリーは展開していく。その物語のどこかしらで他のだれかとつながり、最終的には話が上手くまとまる。

…はずなのだが、この映画では全くまとまっていない。

スポンサードリンク

『ラッシュライフ』のおすすめポイント

野口明人
野口明人
原作の良さをここまでダメに出来るものなんだ、やはり映画というのは監督の良し悪しでだいぶ変わるものなのだと学ぶことが出来る。

問題点は東京芸術大学の映像研究科生たち、複数で監督をしたこと

各それぞれのエピソードを別々の人間が監督を務めたらしい。はっきり言ってバカじゃないの?かと。伊坂幸太郎の原作、さしずめこの作品に関しては別々の話がひとつに上手くまとまる所がキモなのに、世にも奇妙な物語じゃないんだから、別々な監督がやっちゃダメだろ。

統一感ゼロ。

特に、最初の高橋という男を神と崇拝する若者のストーリーを撮った人は落第点すらあげられない。意味もないグロのリアル感に、ドキュメントタッチの手振れ撮影。

演技も上手く撮れていないし、切迫したシーンなのに緊張感伝わらないし。観ていてかなり苦痛だった。

思いついたから撮りました。とりあえず、こういうの撮りたいんです。付き合ってくださいレベル。これはキツイ。

逆に、堺雅人が登場するシーンの部分はよかった。あのストーリーを撮った監督が一貫して撮ってくれていたら、もう少しましなものになっていたと思う。

うーん。学生が撮るのは別に問題ないとは思うんだが、作品に合った体制で撮って欲しかった。原作読んだにも関わらず、この映画観たらラッシュライフとはいったいなんだったのかが全くわからなかった。

スポンサードリンク

まとめ

この映画観るぐらいなら、ぜひ原作を読んでください。堺雅人ファンの方、堺雅人が出ているシーンだけ観ましょう。というか、もう別々の物語なのだ、世にも奇妙な物語だと思って観たほうが面白いです。一つの作品として2時間も観なければならないのはすごく苦痛です。話の意味が分かりませんから。4つの奇妙な物語で。

頑張っていただいた俳優さんには非常に申し訳ないですが、これは撮影する側が完全に悪い。

あーぁ。でした。

とりあえず、伊坂幸太郎の他の作品でも観てリフレッシュします。

ではでは。

原作ラッシュライフとはもっと素晴らしい作品なので、嫌いにならないでくださいませ。

ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です