『ミッション: 8ミニッツ』可もなく不可もなく安定して観られる映画!

あっさり観れて、それなりに面白い映画だった。

前から観よう観ようと思っていたミッション: 8ミニッツを観た。これは居酒屋で友達が薦めてくれた映画で、内容を語る友人の熱さはすさまじいものだった。

まぁ、正直最後まで中身話されちゃったから観なくてもよかったんだけどね。でもこの映画、どんな話でどんな結末というのがわかっていても楽しめる映画だと思う。

大まかな話の流れとしては、電車の中にいる主人公。その8分後に電車は爆弾により爆発してしまう。そして変な部屋で気が付く。どうやらそこはテロ対策の組織の部屋のようで。そこで開発された空間転移装置みたいなもので爆発の8分前に戻される。

しかし、また8分後爆発してしまう。気が付くとまた例の部屋。わけのわからない主人公。オペレーターに説明を求めるも勝手に爆発の8分前に飛ばされる。犯人を見つけろとの指示だが、8分間じゃなんの手も打てない。

その8分で出来る事と言えば、恋人の命を救う事。とりあえず一人の命を救うことに成功し、例の部屋に戻された主人公だったが、その事をオペレーターに告げると助けたはずの恋人は現実の世界では死んでいる事がわかった。

まぁ、ここは何とも説明しがたいのだけども、空間転移装置みたいなものは人の脳の記憶を何度も再生が出来るだけで過去に実際に飛んでいるわけではないらしい。つまりはバックトゥーザフューチャーみたいに過去をいじると現在に影響が出てくるという話ではない模様。

テロ対策組織の目的はあくまでも、次に起こるテロを未然に防ぐ為に犯人を割り出すこと。過去に起こってしまったテロ行為は覆せない。そのことに疑問を持ち始めた主人公だったが、それ以上に衝撃を受ける事実を告げられ犯人を割り出すことにチャレンジする。(その事実はネタバレになりそうなので言いません)

何度も何度も同じ8分間を繰り返した結果…。

こんな感じの話なんですけどね、すんごく観やすい映画でした。80分ぐらいで終わる映画なんっすけど、疲れることもなくすぐに見終える。そしてなんとなく爽快感のあるラスト。

タイムリープもの大好きな僕としては、複線をはりまくって、あっと驚く綺麗なラストみたいなのがなかったのはちょっと残念でしたけど、それでもこの映画面白かったです。8分間の繰り返しなはずなのに、マンネリ化しないような作りになっている。

調べてみるとウォルト・ディズニー・ピクチャーズですよ。ディズニーなの?これ!ほほう。それなりのクオリティーは外しませんな。

そんな感じで泣けるわけでもないし、笑えるわけでもない。あっと驚く結末があるわけでもないけれど、綺麗にまとまっていて観ても損はしない映画でした。はい。

ではでは。

今すぐ『ミッション:8ミニッツ』をダウンロード

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!