『マジェスティック』隠れた名作。ラストのジム・キャリーが沁みる!

マジェスティック

公開:2001/12/21

監督:フランク・ダラボン

出演者:ジム・キャリー

製作国:アメリカ合衆国

『マジェスティック』は本当におすすめ出来る映画か?

野口 明人
『マジェスティック』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

『マジェスティック』がフランク・ダラボン監督の映画だと言うし、大好きな俳優ジム・キャリーが出ていて二重で魅力的だったので観てみることにした。

フランク・ダラボン監督はショーシャンクの空にやグリーン・マイルの監督だが、この監督が作る映画は本当に観た後に爽快感を与えてくれる。

ショーシャンクもマジェスティックも、もちろんグリーン・マイルも実は過去に観たことがある作品で、TSUTAYAが旧作100円というのを始めたので自分の中で映画ブームが再熱し、もう一度観てみようと思ったのです。

ショーシャンクはもう、周りの評価からわかるように映画界のミスチルです。みんな大好きショーシャンクです。

一方、マジェスティックはそれほど話題に上がらない映画ですが、やっぱりこれも素敵でした。二回見ても泣きました。いい映画は何度見てもいいものです。

スポンサードリンク

10秒でわかる『マジェスティック』のストーリーのまとめ

1951年、脚本家アプルトンは共産主義者の疑いをかけられ映画界を追われてしまう。絶望の中、飲酒運転で事故を起こし記憶を失ったアプルトンを迎えたのは戦争で希望を失った小さな町だった。町の英雄ルークに間違われたアプルトンは復興の第一歩として映画館『マジェスティック』の再建を目指すのだが…

もし、あなたに居酒屋で『マジェスティック』ってどんな映画?あらすじとか評判は?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、“ジム・キャリー、なんでも出来るじゃん!な映画”なんだ。ジム・キャリーってコメディーな色が強いけど、この映画とかエターナル・サンシャインみたいなシリアス系を観ると度肝を抜かれる。
ちぐのさん
映画のあらすじは記憶喪失になってしまった主人公を町中が希望だと囃し立て、それに乗せられてか、町の再興を考え実行するというお話。まぁ、かなりざっくり。この映画のキャッチコピーが「自分のことすら知らない男を、町の誰もが”希望”と呼んだ。」だそうだよ。
野口明人
この映画の良さはストーリー的なものじゃないんだ。あらすじは今言った事を理解していれば充分。人生に絶望した脚本家が新しい人生で温かい人々に囲まれてなんとかその人達の期待に答えたくて的なね。みんな温かいんだよ。その温かさがこの映画の魅力。
ちぐのさん
主役のジム・キャリーは本当に何でも出来るんだなぁ。『マスク』でコメディータッチなキャラを演じたり、エターナル・サンシャインで切なすぎる男性を演じたり。この映画じゃ、B級脚本家と、記憶喪失の町のヒーローですか。尊敬物だよほんと。
野口明人
基本的にジム・キャリーが出ている映画にはハズレはないと思っているぐらいジム・キャリーが好き。この作品では最後のほうの法廷でのやり取りは胸が熱くなる。最近は悲しくて泣く事が多いけど、温かくて泣ける映画だねこれは。
ちぐのさん
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。ネタバレするかもしれないから、出来れば観てから調べて欲しいけど…。

…そんな事を『マジェスティック』についてベロンベロンになって、枝豆でもツマミながら居酒屋で話すと思います。

『マジェスティック』の名言・心をざわつかせた言葉

「党の集会に参加したら党員だ」「じゃ詩の朗読会に参加したら詩人か?」

「見ろよ、ゴミの山だ」「見てるとも。でも見えるのは可能性だ」

みんなが映画の魔法にかかる。映画館で見ることで。

「映画でゾラは法廷に立ち無実の人の名誉を汚したフランス政府を糾弾する。ゾラは弁護士じゃないけど、あの毅然とした話し方…。あの時決めたの。弁護士になるって」「それだけで?」「だけ?十分でしょ」

“独立宣言”か?“合衆国憲法”か?サイン入りの単なる紙切れだ。何と同じだと思う?契約書さ。状況に応じて内容は変わる。

生きてれば傷つきもする。仕方ないわ。

もし春の日、君が外を歩いていて、そよ風がほおをなでたら、そのそよ風は僕のキスだ。

敏腕捜査官でも恋する男の心理は承知では?

正直言って、僕には信念というものがない。必要と思えなかったし。本音を言えば、信念を持つだけの勇気がなかった。だがルークは違う。信念と勇気があった。面識はないが知人の気がして。ずっと考えてたんです。もし彼なら何と言うだろうと。たぶんこう言うでしょう。“僕が命懸けで守ろうとした国はこんな国じゃない”と。

『マジェスティック』で心に残ったシーン・実況

  • 0:10:45頃
    ジム・キャリーが肘でサルのぬいぐるみを落として箱の中に入れるシーン。なんでもないシーンがかっこいい…。
  • 0:13:20頃
    ジム・キャリーがサルのマネして「イー」と歯を見せるシーン。に、似てる!
  • 0:32:30頃
    お父さんが嬉しそうにジム・キャリーの靴を脱がすシーンになんか目頭が熱くなった。…なぜだ。
  • 0:43:45頃
    戦争から帰ってきたボブに握手するシーン。義手だと気がついた時のジム・キャリーの顔と、ジム・キャリーが本物のルークではないと知っている僕の心がリンクした気がした。…ま、勘違いだけど。
  • 0:46:25頃
    「僕の思い過ごしかな。誰かが尾けてる」と振り返るシーン。…誰かが尾けてるというレベルじゃない(笑)
  • 0:54:00頃
    しゃっくりのとまらないアデルが可愛い…。そして止める方法がロマンティック過ぎる…。
  • 1:10:00頃
    ピアノを弾かなければならないシーン。事情を知っているだけにドキドキした。
  • 1:18:00頃
    ジム・キャリーが俯いているシーン。影も相まってしみじみする。
  • 1:29:40頃
    映画館を再開する初日を迎えたジム・キャリーの笑顔が眩しい。お父さんの笑顔と揃ってハッピーな気分になる。
  • 1:40:00頃
    お父さんと会話して涙をためるジム・キャリーより先に涙が流れた…。本当の事を言おうとして、相手の表情の変化を感じて言えなくなった目のちからがヤバイ…。吸い込まれる。こんな優しい嘘なら、仕方がない…。
  • 1:49:00頃
    ルークの正体を知り、残念そうに散っていく町の人々のシーン。…いやー、気持ちはわからんでもないけど、自分たちで勝手に担ぎ上げてきたんだから少々薄情さを感じてしまう。胸がチクチクするよ…。
  • 2:00:00頃
    お医者さんの含み笑顔がすごく好意的ないい顔だった。
  • 2:10:30頃
    水を飲むというだけでこれだけ緊張が伝わってくる演出…。すげー。
  • 2:12:00頃
    何度観てもこの演説の所で泣いてしまう…。ルークと間違われたアプルトンという男が勇気を出して立ち向かうその姿に涙が…。ジム・キャリーの真剣な演技に心引き込まれてしまう。
  • 2:15:45頃
    市長の涙につられる…。
  • 2:27:00頃
    ラストにこの写真を持ってくるとは、やってくれるぜ…。

『マジェスティック』は↓こんな作品や世界観が好きなあなたにおすすめ。この映画を観ている時にパッと思い浮かんだ映画・小説・漫画・アニメ・テレビドラマ、または音楽など

オススメ大好きちぐのさん
似てる似てないはあくまでも個人的な意見ですが、アル・パチーノの演説とこの映画のジム・キャリーの演説は通じるものがあると思う!

『マジェスティック』のような映画が好きなあなたに、ぜひ次に観て欲しい映画はズバリ…

野口明人
…なぜ、こんな映画を勧めたんだ!と怒られてしまうかもしれないですが、フランク・ダラボン監督がこうも全く雰囲気の違う映画を作れるものなのか!と知ってもらいたいが為に観てもらいたい映画です。ちなみに今回の映画でヒロインのアデルを演じたローリー・ホールデンがミストにも出演しています。この人の瞳、宝石みたいですよね…。

『マジェスティック』まとめ

まとめ大好きちぐのさん

温かいね。とにかく温かい。こんな町に生まれてみたかった。悲劇じゃなくても充分に号泣出来ます。ラストの演説が実に素晴らしい。

フランク・ダラボン監督は悲劇で涙を誘うような映画が少ないから好きです。悲劇ではない。でも涙が出て止まらない。それは何の涙か。人間の生きる力への感動です。心揺れ動かされますよ、この映画。

観た後の爽快感は観た人にしかわからないかもしれませんが、あぁ、いいものに触れたんだな…と余韻に浸れる映画です。

もし、『ショーシャンクの空に』が気に入ったのであれば続けてこの作品も観てもらいたいです。周りの評価以上の映画だと僕は思いました。あんまり知名度ないのかもしれないですが、フランク・ダラボンが好きでジム・キャリーが大好きな僕にはタマラナイ映画でした。

ではでは『マジェスティック』でした。

…あ、ルークの手紙を読む所でルークの声を吹き込んでいるのはマット・デイモンっていうね。すごい贅沢な使い方(笑)

野口明人
では、最後に『マジェスティック』の採点…
マジェスティック
  • ストーリー - 74%
    74%
  • キャラクター - 96%
    96%
  • 演出 - 88%
    88%
  • 映像 - 72%
    72%
  • 音楽 - 66%
    66%

レビューまとめ

中にはこういう映画が嫌いな人もいるでしょう。ちょっと政治色が強くて、ちょっと偽善的で。でもそれでもこの温かさが嫌いな人はそうそういないと思われる。それほどにイヤミのない温かさを表現している映画。

79%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

スポンサードリンク

79%

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!