Audibleすげー!
洋画

『ボーン・アルティメイタム』とかいう尻上がりに面白くなる映画

ボーン・アルティメイタム - 映画情報
  • 公開:2007/08/03
  • 監督:ポール・グリーングラス
  • 出演者:マット・デイモン
  • 製作国:アメリカ合衆国
  • 上映時間:1時間55分
MOVIE REVIEWS

ボーン・アルティメイタム観ました。ボーン・シリーズの第三弾です。とりあえずまだ続編は続きますが、話的にはこの第三弾で一旦完結したと言ってもいいと思います。観終わってから気がついたけど、第一弾だけ監督違うんだね!それにしてもヒットした映画は尻すぼみになるものが多い中、尻上がりに面白くなっていく映画って、すげー珍しい!マジでこの映画、面白かった!…という事で、レビューしていきます。

スポンサードリンク

ボーン・アルティメイタム – あらすじ

今回のレビュー映画紹介

ボーン・アルティメイタム (字幕版)

  • レビュー項目 :
  • ストーリー  :x点
  • キャラクター :x点
  • 演出     :x点
  • 映像     :x点
  • 音楽     :x点

Amazon.co.jp

ボーン・アルティメイタムとは…

ある記者が、人間兵器を生み出すというCIAの秘密の計画「トレッドストーン作戦」を明るみに出そうとしていた。第一被験者であり記憶喪失の男ボーンはこの記者に接触を試みるがCIAは記者を暗殺する。死亡する前にボーンが聞いたのはブラック・ブライヤー作戦という新たな言葉。記憶を取り戻しつつ、自分の行いを恥じていたボーンはCIAに追いかけられながらも全ての真相を明らかにし、終わらせようと走り回る…

もし、あなたに居酒屋で『ボーン・アルティメイタム』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
野口明人
この映画は一言で言えば、“第一弾第二弾が前座と思えてしまう程完成されたアクションサスペンス映画”なんだ。特に第二弾の『ボーン・スプレマシー』は監督が一緒なのもあって、まさに伏線の張り方があっぱれだった。いやー、まさかあれが伏線だったとは…って感じだね。
野口明人
野口明人
第一弾の『ボーン・アイデンティティー』について僕は“ほどよいサスペンスを含んだアクション映画”って評価したし、第二弾は“前回よりアクション2割増、サスペンス2割減の映画”って評価した。そして今回の『ボーン・アルティメイタム』を言うなら、まさにアクションサスペンス映画!どっちかに偏ることのない、バランスのいい映画だな。
野口明人
野口明人
過去の作品はサスペンスがあくまでもアクションの味付けのようなものだった感じで、若干ストーリー弱めかなぁ…でもアクションが爽快で、観ていて笑っちゃう程すげーからいいか!って思ってたけど、今回はストーリーも秀逸。本当に上手いサスペンスは伏線を伏線だと思わせない事なんだなって思った。あんまり詳しく話をしちゃうとネタバレになっちゃって楽しめないからあれなんだが、この映画を観る事で第二弾の『ボーン・スプレマシー』も評価が変わると思う。
野口明人
野口明人
ボーン・シリーズは媒体的には“映画”という事なんで、一本一本独立している必要があるし、どの作品から観始めてもそれだけで楽しめるのが大前提だと思うんだけど、大抵の映画って、それらが独立しすぎちゃって名前が似ているだけの似て非なるものってのが多いでしょ?ヒットした映画の続編が大ゴケするって感じで。
野口明人
野口明人
でもこのシリーズは、まさに最初っから一本の長編映画を作ってそれを3つに分けたってぐらい統一感がありつつ、ぶった切った所だけ観ても(理解出来るかどうかは別として)楽しめる上に、ひとつひとつの映画がちゃんと役割を持っているというね。起承転結的な。まぁ三作品だから序破急だな。まさに序が『ボーン・アイデンティティー』で観客を世界観にグッと引き込み、破の『ボーン・スプレマシー』で雰囲気を一変、ヒロイン死亡で主人公激おこぷんぷん丸、逃げるというより仕掛ける側に回る。そして急の『ボーン・アルティメイタム』でたたみ掛ける。今まではすべてこのためにあったんだぜ!っていうね。僕ら、大満足。
野口明人
野口明人
もちろん、今回もド派手なアクションシーンは健在です。というかパワーアップしてます。独特なカメラワークも健在。一体何を観ているのかわからなくなるぐらいグワングワン揺れる。多分、人によっては気持ち悪さを覚えてしまうぐらいグワングワン揺れる。それを臨場感と捉えれば良さになるだろうし、粗雑さと捉えれば悪さになるだろうから、このアクションシーンは好き嫌いが出ると思う。
野口明人
野口明人
しかも今回のアクションシーンは、街中を利用したかけっこ。スティーブン・スピルバーグ監督の『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』を思い出したね。あれはアニメーションだからこそ出来るアクション!なんて事を過去にこのブログでも書いたんだけど、まさか実写で出来てしまうとは。屋根の上から家の中まで関係なく走り回り、洗濯物を利用したり、その場にある本などを武器にしたり…。
『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』は実写越えのアクションが◎!この映画は実写では再現出来ないアクション映画です!...
野口明人
野口明人
CG無しのカーアクションもついにはバイクまで持ち出して所狭せしと駆けまわる。そして僕は思ったね。車のリア部分というのは武器なのだと。前進で突っ込んでいってしまうと車が壊れてしまうが、バックで突っ込んで行けば、後ろは大抵荷物を積むためのスペースでエンジンなどの大切な部品は使われていないから破損しても車は走ると。
野口明人
野口明人
ひたすらバックで敵をぶっ倒していくボーンに笑ってしまった。しかもかなりの高さから落ちてもシートベルトを掴んでいるだけで大丈夫っていうシートベルトに絶対の信頼を寄せるボーンはまさに最強戦士だった。んで、前作からちょこっと気がついた事なんだが、暗殺者として育てられたボーンだけど、絶対銃では人を撃たないっていうね。敵を倒す時は肉弾戦のみ。敵はバンバン銃を使って殺しまくるけど、ボーンは構えるだけで撃たない。
野口明人
野口明人
それがこのシリーズを通してのボーンの贖罪というか変化なのかもしれない。暗殺者としての自分に疑問を持ち、亡き恋人のマリーの想いを体現しているんだろうな。
野口明人
野口明人
もちろん、あれだよ。第三作品目までなってくると同じ内容な感じがして飽きてくるっていうのもあると思う。敵多すぎるだろ!とか。ちょっと謎な部分が多くなってきて意味がわからなくなるとか。なぜ毎回ボーンは追いかけるのかとか。もうとりあえず理由関係なく追っかけて逃げてのアクションあればいいんじゃね?的な雰囲気を感じ取れちゃったりだとか。
野口明人
野口明人
でも、それを差し引いてもこの三作品は尻上がりに面白くなってたと思うなー。前回のいい所を更に工夫して面白くさせてたり、見せ方を変えたりね。まぁ、あえて評価されているのに僕にはわからなかったっていう部分は音楽かなぁ…。あまりに自然すぎて映画を観終わった後に耳に何も残らなかったからなぁ。
野口明人
野口明人
ま、それぐらいであんまり欠点という欠点はないと思うな。特にこの第三弾は本当に良いシナリオとアクション、演出だと思う。だいぶ映画と内容が違うみたいなんだが原作も読んでみたいな。電子書籍で出てれば即買いしたんだけど、出てないんだよね…。しかもさ、原作者のロバート・ラドラムはもう亡くなちゃったんだけど、その亡くなり方も若干の謎を残しているみたいでまさにスパイ小説作家!って感じだよね。CIAに消されたか…(笑)
野口明人
野口明人
うーん、そうだな。似てる映画で検索してみたけど『007』が出てきた。僕はあんまり観たことないからオススメなのかどうかはわからないけど、ジェイソン・ボーンとジェームズ・ボンド、J.Bで同じイニシャルがなんたら。意図的にしたとかしないとか。ま、あれだ。話にも出したけど『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』を観た事なかったら、アクションシーンを見比べてみても面白いと思うよ。実写とアニメーションと違う土俵なのに、かなりいい勝負しているから。
野口明人
野口明人
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。中々に面白いと思うよ。僕は音楽がなぁーとか言ったけど、この作品、アカデミー賞で録音賞と音響効果賞とってるから。いかに僕の耳がクソ耳だって事がわかるよね!

…そんな事を『ボーン・アルティメイタム』について汁なし担々麺でもすすりながら居酒屋で話すと思います。

スポンサードリンク

『ボーン・アルティメイタム』の名言

物事はどこから見るかで違ってくる

自分のしたことを謝りたい。何て人間だ。謝っても遅いが。

あなたに殉職の栄誉は与えない。

君はなぜ俺を殺す?自分を見ろ。人間と言えるか?

『ボーン・アルティメイタム』のおすすめポイント

野口明人
野口明人
完結編にふさわしい爽やかな締めくくりと、前作を利用した演出の良さは必見!まさか、あのシーンがこんな感じの使われ方をするとは…。
スポンサードリンク

まとめ

さて、Amazonプライムビデオの無料期間が終わってしまうという事で観始めたボーン・シリーズですが、なんとか観終わりました。もしこういう機会に出会わなければ、作品の名前ですら知らなかったかもしれないので、感謝です。

今回思ったのは、僕は本当に映画を観てこなかったんだなぁっていう事と、毎日映画を観ないと本当にもったいないということ。中には駄作もあるかもしれませんが、それらも含めて、自分の人生に吸収しておきたい映画がいっぱいありすぎて、消化しきれません。

1日は24時間。どうやっても増やせないし、映画はその性質上どうやっても観るためにはフィルム分の時間を費やさなければならない。ショートカットも出来ないのです。とにかく僕がやらなければならないのはインプット、インプット、インプット。今まで映画を観てこなかった分、映画を沢山見てきた人よりも多くの感動を損してきた気がします。

ああ。自分はこんなに素晴らしい映画を知らずに生きてきたんだな。そう思わせてくれるボーン・シリーズでした。

映画、ドラマ、舞台、小説、漫画、アニメ…etc。世の中に“ストーリー”を語る媒体は沢山ありますが、映画はその中でも短時間でギュッと凝縮したストーリーを楽しめる。ストーリーを沢山頭に入れれば、きっと何かに役に立つはず。

そう思って今日からも映画を観続けます。

ではでは『ボーン・アルティメイタム』でした。

あー面白かった。

ボーン・アルティメイタム - 感想・評価

ボーン・アルティメイタム
  • 80%
    ストーリー - 80%
  • 85%
    キャラクター - 85%
  • 95%
    演出 - 95%
  • 90%
    映像 - 90%
  • 50%
    音楽 - 50%
80%

レビューまとめ

前作、前々作よりも音楽を抜いて全体的に点数が上がっております。同じシリーズを三本観るのはちょっと…というあなたもぜひ二本目まで観たら絶対にこの三本目まで手を伸ばしてくださいませ。観終わった後に部屋で、うんうん、と縦に首を振っているに違いありません。

Sending
User Review
0 (0 votes)
2000年代 2007年 90分〜120分 ACクリエイト アクション映画 アメリカ合衆国 アルバート・フィニー エドガー・ラミレス オリヴァー・ウッド クリストファー・ラウズ ケネディ/マーシャル コリン・スティントン コーリイ・ジョンソン シェイ・カンリフ ジェフリー・M・ワイナー ジェフ・イマダ ジュリア・スタイルズ ジョアン・アレン ジョン・パウエル ジョージ・ノルフィ スコット・Z・バーンズ スコット・グレン スリラー映画 ダグ・リーマン ダニエル・ブリュール デヴィッド・ストラザーン トニー・ギルロイ トム・ギャロップ ニュージャパンフィルム パディ・コンシダイン パトリック・クロウリー ピーター・ウェナム フランク・マーシャル ブライアン・コックス ヘンリー・モリソン ポール・L・サンドバーグ ポール・グリーングラス マット・デイモン ミステリー映画 ユニバーサル映画 ラドラム・エンターテインメント ロバート・ラドラム 三木眞一郎 中島良明 丸山壮史 久嶋志帆 伊丸岡篤 伊藤和晃 前野智昭 加納千秋 古澤徹 咲野俊介 堀川仁 大塚周夫 大塚芳忠 富田耕生 小山茉美 小川真司 小幡あけみ 小林清志 小林美奈 小林裕幸 山像かおり 岩崎ひろし 平田勝茂 平田広明 広田みのる 志村知幸 斉藤次郎 東宝東和 東條加那子 栗原とみ子 栗林秀年 楠大典 榊原奈緒子 横堀悦夫 櫛田泰道 永木貴依子 沢海陽子 渡辺基 田中完 白熊寛嗣 百々麻子 相沢正輝 石田太郎 神尾千春 竹田雅則 糸博 菊池悟史 藤本教子 西前忠久 谷昌樹 赤城進 風間秀郎 高橋剛 髙階俊嗣 魚建
ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です