Audibleすげー!
洋画

『ボディガード』エンダアアアアアアイヤァアアアアアアウィルオオ…

ボディガード - 映画情報
  • 公開:1992年
  • 監督:ミック・ジャクソン
  • 出演者:ケビン・コスナー,ホイットニー・ヒューストン
  • 製作国:アメリカ合衆国
MOVIE REVIEWS

ボディガード』を観て気がついた。ホイットニー・ヒューストンはこんなに歯が綺麗な人だったんだなぁ…。

ケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演した不朽の名作と言われている、ボディーガードを初めて観てみました。この映画は、

エンダアアアアアアアアアアアアアアアイヤァアアアアアアアアアアアアアアアアウィルオオオオオルウェイズラアアブユウウウウウウウウアアアアアアアアアアアアア♪

の歌が有名過ぎて、映画を知らなくてもこの歌なら知っているであろう映画です。僕の勝手なイメージで歌のイメージ、とりわけ結婚式とかで使われそうなイメージが先行してしまって、結婚式場の扉をドカーンと開けるシーンとかあるんだろ!?って思っていました。

…が、そんなシーンはどこにもなく、エンダアアアアアの歌も途中、男性が歌っていたし、思っていたのと全然違っていました。とりあえず視聴した感想いきます。

スポンサードリンク

あらすじ

過去にレーガン大統領のシークレット・サービスをしていた事がある主人公のフランク(ケビン・コスナー)。彼は現在、専属の雇い主を持たず、独立してボディーガードをやっている。そんな彼の元に人気歌手レイチェル(ホイットニー・ヒューストン)の護衛の依頼が届く。

あまり乗り気ではなかったフランクだったが、とりあえず逢ってみるだけ逢ってみようと彼女の家に行くと、まるで警戒態勢のない自宅に愕然。依頼主の話によると彼女を不安にさせないように詳しいことは話していないらしいが、不審な手紙や、自宅侵入まで許してしまっているらしい。あまりに悪質な感じだったので、フランクに依頼に来たのだ。

そんなことも知らず、レイチェルは普通のボディーガードだと思って、フランクのいう事を聞かない。フランクはそんな彼女の態度にイライラし、何度も依頼を断る決意をする。

しかし、仕事中はしっかりと彼女を守り、そんな姿に次第にレイチェルは信頼を寄せるようになる。次第に二人はいい感じになり、一夜を共にする。その後、レイチェルはフランクと恋仲の関係を結ぶつもりだったのだが、公私混同してはボディーガードの仕事の支障をきたすとフランクはレイチェルとの関係を突き放す。

せっかくいい感じの二人だったが、またもや不仲の関係になってしまう。フランクの警告も聞かず勝ってに買い物に行ったりするレイチェル。いよいよ我慢の限界に来たフランクは契約破棄の決意をする。

フランクはレーガン大統領のボディーガードをしていた時、自分の不在の時に死なせてしまった。そのことがずっとひっかかっていて、もしもの時、自分がそこにいないことが一番怖いのだと恐れていたのだ。

そんなとき、レイチェルの元に息子を装った悪質な電話がかかってくる。その声で自分の身が、そして子供の安全が本当に危ない状態だと悟ったレイチェルは素直にフランクのいう事を聞くことにした。

レイチェルの仕事などすべて休暇を取り、フランクの実家に移る。レイチェルとは全く関係のない土地。そんな土地だったはずなのに、息子が乗ったボートが爆発する。

危機一髪、息子の命は助かったがいよいよプロの犯行だと悟ったフランクは決死の覚悟で彼女を守ることを約束する。果たして黒幕は誰なのか?

…っていう感じのロマンスサスペンス映画です。

正直、ストーリー的にはかなーりベタです

この映画はタイトルからして、「ボディーガード」という名前で、恐らくラストで彼女の命を守る為に、自分の身を投げ捨てるんだろうな~なんて思いながら観ました。結果、そうでした。

それにこの人が犯人なんだろうな~って思いながら観て、結局やっぱりその人が犯人でした。

…つまり、結構ベタな話なので先を予想しやすい内容なのです。

でも、だからと言ってつまらないわけではありません。いつ襲われるの?いつ?犯人いつ迫ってくるの?っていうハラハラ感は始終あって目を離せず、なおかつ途中で黒沢明の映画を観て62回も観たよとフランクが言ったり、日本刀を持って耽美なシーンがあったり、単純なストーリーを単純なストーリーに思わせない演出がちょいちょい挟まれています。

結果的に、中の中!

感動はしないけど退屈もしない。そんな映画でした。

スポンサードリンク

まとめ

驚くことに、ホイットニー・ヒューストンは映画、初出演だったのだね。あまりにも自然体過ぎるから気が付かなかった。恐らくこの映画、女性の方が好きなんじゃないかな。

僕としては可もなく不可もなくな映画だと思ったけど、これこそまさに白馬の王子様的な映画なので女性はこういうシチュエーションに憧れたりするのかなと。

はい。

僕としては映画本編よりも、特典でついていた今は亡き、ホイットニー・ヒューストンが歌うオールウェイズ・ラヴ・ユーのPVが満足でした。彼女、すごく歯が綺麗。

歯が綺麗な女性フェチな僕にはたまりませんでした。

あ、あと、オールウェイズ・ラヴ・ユーってホイットニーのオリジナル曲じゃなかったんだね。ドリー・パートンというカントリー歌手のカバーだったみたい。初めて知ったー。

ええ。

そんな感じです。

ではでは。『ボディガード』でした。

…この映画を観た後に、『エンダアアアアを歌うマッチョが上手すぎて引くレベル』という動画を観て、腹筋崩壊したのは内緒です。

エンダアアアアを歌うマッチョが上手すぎて引くレベル

1992年 TIGプロダクションズ アメリカ アラン・シルヴェストリ アンドリュー・ダン エイミー・ルー・デンプシー エセル・アイヤー クリストファー・バート ケビン・コスナー ゲイリー・ケンプ シェリー・A・ヒル ジェリー・バマン ジム・ウィルソン ジョー・ユーラ デビー・レイノルズ デヴォーン・ニクソン トニー・ピアース トーマス・アラナ ナサニエル・パーカー バート・レムゼン パトリシア・ヒーリー ビル・コッブス プロセンスタジオ ホイットニー・ヒューストン マイク・スター ミシェル・ラマー・リチャーズ ミック・ジャクソン ムービーテレビジョン ラルフ・ウェイト リチャード・A・ハリス リチャード・シフ ロバート・ウール ロブ・サリバン ローレンス・カスダン ワーナー・ブラザース ワーナー・ホーム・ビデオ 中澤やよい 中田和宏 中西真澄 久保田民絵 二又一成 仲野裕 伊原奈津子 伊藤栄次 佐久田修 八木亜希子 内澤祐豊 内田聡明 円谷文彦 加藤優子 加藤精三 千田光男 古澤徹 吉田理保子 唐沢潤 土方優人 坂口賢一 堀内賢雄 堀部隆一 塚田正昭 塩屋浩三 塩田朋子 大木民夫 大滝寛 安井邦彦 宝亀克寿 富田耕生 小室正幸 小山田詩乃 小島敏彦 小川政弘 小松直史 小林勝彦 小野健一 山下裕康 山本洋平 山田太平 山野史人 島田敏 平田広明 後藤敦 恋愛映画 成田剣 春日正伸 有本欽隆 松川陸 松村卓朗 松田佐栄子 林一夫 栗林秀年 檀臣幸 武満眞樹 江原正士 津嘉山正種 津野田なるみ 瀬畑奈津子 火野カチコ 相原正之 矢崎文也 石井直子 石森達幸 福永莞爾 福田信昭 秋元羊介 紗ゆり 若本規夫 藤本譲 藤生聖子 西村知道 貴島久祐子 金尾哲夫 鈴鹿千春 長島雄一 阪脩 飯嶋永昭 高宮俊介 高島雅羅 高村章子 麻生侑里
ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です