『パルプ・フィクション』を観た。この映画は無駄な所が素敵な所だ。

パルプ・フィクション

公開:1994年

監督:クエンティン・タランティーノ

出演者:ジョン・トラボルタ,ユマ・サーマン,サミュエル・L・ジャクソン,ブルース・ウィリス,ティム・ロス

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

2時間半ある映画『パルプ・フィクション』を字幕と吹き替え両方ぶっ続けで観た。合計5時間映画を観続けたことになるが面白くて時間など気にならなかった作品。

「レザボア・ドッグス」があんまりよくわからなかったけれど、なんとなく雰囲気いいなと思ったので、クエンティン・タランティーノの次の作品を観てみることにしました。

正直、この作品にはやられた。特にストーリーが秀逸というわけではないし、相変わらず本筋からみて無駄な演出だよなと思えるところが多々あるんだけれども、面白い。そう。面白いんですよ。

またもや犯罪映画、マフィアの話なんだけれども、今回は群像劇みたいな感じ。時系列はバラバラ。様々な登場人物に焦点があてられて、ぶつ切りぶつ切りで話は進むんだけれども、最終的には輪っかになっていて収束するみたいな。

もちろん、すべてが丸く収まるような完璧な収束はしないんだけれども、なんとなくうまくまとまっている。

この映画の見所は二人のマフィア(ジョン・トラボルタとサミュエル・L・ジャクソン)のどうでもいいような会話だろう。ハンバーガーが地方によって呼び方が違うとか、足のマッサージはアソコに舌を突っ込むのと同じようだ、そうじゃないだの、神の奇跡がどうだとか。

ブルース・ウィリスが群像劇の一人として登場していて、時間もかなり割いていて日本刀のチャンバラシーンがあったりとかそれはそれで面白いんだけれど、どうもこの二人の会話の印象が強すぎて、この映画はこの二人の会話を楽しむためのものだと思ってしまう。

それほど強烈。ラストの聖書のくだりも結構良い。サミュエル・L・ジャクソンが僕は気に入ったんだろうな。

あまりにもよかったので、字幕で観た後に吹き替えでも観てしまったほどですよ。英語で字幕だと情報量が少ないからね。やたらファックファック言ってたけど、字幕だとカットされているところが多くて、それで吹き替えだとどうなっているんだろうと2回リピートしてしまった。

まぁ、かなり豪華声優陣使ってましたな。吹き替えの方がわかりやすいかな。字幕よりも。ただ、アメリカンジョークみたいなのは改変されて吹きかえられていたのがちょっと気になった。結局、英語を直接理解出来るようにならないと、100%楽しめる事にはならないのだろうけど、英語わからないからな~。

この映画ほど英語聞き取れればよかったのにと思った作品はなかったです。

あ、そういえば、この3人は前回のレザボア・ドッグスには出ていなかったけれど、レザボア・ドッグスで出ていた多くの俳優さんがこの映画にも登場している。ティム・ロスとか。それをみてなんとなくニヤニヤしてしまった。三谷幸喜とか彷彿させるよね。同じキャスト使うのとか。

またもや、クエンティン・タランティーノ出てるし。癖のあるキャラで。

レザボア・ドッグスとパルプ・フィクション。この二つを観て、初めてクエンティン・タランティーノの良さがわかった気がする。うん。

彼は多分、ものすごく映画が好きなんだろうね。映画の大ファンが集まって、最高傑作を作りました。的な映画の作り方をする。こういうの観たかったんだよっていう映画の作り方。

遊び心もたっぷり入っているし、ぐいっと引っ張っていく何かもちゃんと持っている。

もちろん、王道なストーリー大好きな人がこういう映画を観ると、え?なにこれ全然わからんし、つまんないんだけど…ってなるかもしれないけれど、映画をエンターテイメントとして捉えるとこの人の作品はすごく心をくすぐる作り方をすると思います。

はい。

そんな感じで、2時間半と結構長い部類に入る映画で、ストーリー的にも大きく引っ張っていくようなものでもなく飽きそうな感じもしないでもないですが、ガッとハマる人にはハマると映画だと思いました。僕はハマりました。

よかったら雰囲気楽しんでみてください。結構ヒットです。

ではでは。『パルプ・フィクション』でした。

あ、ブルース・ウィリスの彼女役をやっている人、むちゃくちゃタイプです。かわいいなぁ。はい。

スポンサードリンク



この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!