『パラノーマル・アクティビティ3』ちょっと巻き返してきた感がある!

とりあえず、ビビりまくりました。

パラノーマル・アクティビティ、パラノーマル・アクティビティ2を観たので、続けてパラノーマル・アクティビティ3も観てみました。

やっぱり、こういう続編物がある映画はどうしても1がよくて、徐々にダメになっていくっていう感じがパラノーマル・アクティビティ2を観た時は感じてしまったんですが、ところがどっこい、今回の3は2よりもよかったですね。ビビらせてやろうっていう監督の意向がうかがえてしまったのは事実ですが、それでもその意向に逆らえずビビりまくりました。

まぁ、パラノーマル・アクティビティ、パラノーマル・アクティビティ2、パラノーマル・アクティビティ3と観て、謎は謎のままなんですけどね…。

今回はパラノーマル・アクティビティの主人公?ケイティーとパラノーマル・アクティビティ2の主人公?クリスティーが子供時代の話です。なんでそうなった?っていうのは結局わからないままで終わりましたが、2人の子供役がすごくいい味を出しています。トビーというわけのわからない悪霊?に話しかけたり、階段から飛び降りたり、子供が演じるからこそ怖っ!って思う部分が多々あります。

それと今回から導入されたシステム。左右に動くカメラ。今までは固定されたカメラ内の中でポルターガイストみたいなことが起きてビックリするっていうのがあったんですが、今回の扇風機の上にカメラを設置して部屋を左右見回せるようにしたのが、低予算ながらビックリさせるということに一役買っていて、来るぞ、来るぞ、来るぞ、来たーーーー!!の恐怖感が増幅しました。

そう考えてみると、パラノーマル・アクティビティシリーズの中ではパラノーマル・アクティビティ3は一番面白いのかな。まぁ、パラノーマル・アクティビティ1、2と見ないと話がわからないですけどね。

シリーズがすべて同じ感じの作り方をしているので、観ている方としてはマンネリを感じ得ない所ですが、今回は若干その感じを打破したのかなぁ…と。

まぁ、パラノーマル・アクティビティ2が中だるみしていて、あまり期待しなかったってのもあるかもしれないですけどね。

なので、パラノーマル・アクティビティ2を観て、もうこの映画はいいやって思ってしまっても、ぜひ3まで観てみてほしいです。ちょっとは見直しますから。

それでは、そんな感じでした。ではでは。

今すぐパラノーマル・アクティビティ3をダウンロード

Sending
User Review
0 (0 votes)

この記事をシェアする

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!