洋画

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』クソおもろ!

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い - 映画情報
  • 公開:2009年
  • 監督:トッド・フィリップス
  • 出演者:ブラッドレイ・クーパー,エド・ヘルムズ,ザック・ガリフィアナキス,ジャスティン・バーサ,ヘザー・グラハム
  • 製作国:アメリカ合衆国
MOVIE REVIEWS

これは文句なしに面白い!「R」指定コメディーのハングオーバー!を観ました。友人から薦められて観たのだが、久しぶりに自分の中での大ヒットです。

「R」指定の理由とすれば、まぁ、若干ゲスい要素が満載だからなんだが、アメリカンな乗りが小気味良い。それほどエロくはないです。

あらすじとしては、結婚式前に仲の良い友人4人で独身パーティーをラスベガスで開くことになったのだが、その日の事はすべて忘れるというノリではしゃぎまくった結果。朝になって本当に全く何も覚えていない。

そして、肝心の花婿がどこにも見当たらない。残った3人が花婿を探しにあれやこれやと探し回るという映画。

登場人物のほとんどが大スターではなく、低予算な映画だったらしいのだが、北米週末興行収入で2週連続1位を取ったもよう。僕としては、イエスマン “YES”は人生のパスワードに出ていたブラッドレイ・クーパーが主役級の扱いだったので、それだけで大満足だったんだが、花嫁の弟役のザック・ガリフィアナキスがすごくいい味を出していた。

ザック・ガリフィアナキスはダメ中年男を演じていたわけだが、ラスベガスでのブラックジャックで勝負を仕掛けている時なんて、ものすごくかっこよく見えた。

そのシーン繋がりで、友人の結婚式後に自分もプロポーズをしようとしていた、歯医者さんのスチュという人は尻に敷かれている彼女がいるにも関わらず、気が付くとあったばかりのストリッパーと結婚していたという話があるのだが、そのストリッパーの女性の人が本当にけなげで、最後に結婚は冗談だったんだというシーンではちょこっとホロりとしてしまった。

ブラックジャックでの彼女の名演技あってこそ。最後には尻に敷かれていた現彼女にがつっというのも爽快。

さらに、この映画の隠れた見所としては、音楽が本当にいい。

サントラ欲しくなった。スチュが途中でピアノで適当に歌った歌も素晴らしいし、結婚式の時に歌っていたちょっとお下品な歌詞の歌もよいメロディーだった。

つまりは、笑えて泣けてハラハラ出来るとっても良い作品でした。観たことなかったら絶対に観てくださいませ。文句なしに面白いです。

こういうバカなことが出来る仲間がいたら最高だろうな。

ではでは。『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』でした。

ABOUT ME
野口 明人
えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です