『ナイト ミュージアム』ついに…出してしまった。理由は観ればわかる

ナイト ミュージアム

公開:2006/12/22

監督:ショーン・レヴィ

出演者:ベン・スティラー

製作国:アメリカ合衆国

REVIEW - 映画レビュー

『ナイト ミュージアム』という映画を全く知らないでいた。しかし僕が好きな俳優であるロビン・ウィリアムズのWikipediaで、主な出演作に『ナイト ミュージアム』という名前が3つもあるのを見つけ、検索してみると中々な高評価だけれど、シリーズが続くにつれて尻すぼみな評価になっている。

まぁ、人気のあるシリーズってだいたいそうだよなと、それほど期待もせず第一作目を観てみたのだが、さすがシリーズ化されているだけある。まさかこのサイトで初めて演出に100点を付ける作品になるとは…

スポンサードリンク

10秒でわかる『ナイト ミュージアム』のストーリーのまとめ

どんな仕事も続かず住む場所も転々とする中年男のラリーは、離婚した元妻と住む息子のニックに安定した職に就くように諭されてしまう。ガッカリした息子の顔を見てしまったラリーは職業斡旋所で自然史博物館の警備員の仕事を紹介してもらう。経営不振で3人の老人警備員をクビにし、代わりに新しくラリーを夜勤警備として雇うというその博物館にはある秘密があった。夜になると魔法の力で展示物たちが暴れだすのだ。一人で対処しきれないラリーはまたもや仕事を辞めてしまいそうになるが…

もし、あなたに居酒屋で『ナイト ミュージアム』ってどんな映画?あらすじとか評判は?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、“父親が息子の信頼を取り戻すファンタジー”なんだ。映画とはこうあって欲しいという願望が見事に叶ったハッピーな作品。観終わった後、こんなにも幸せな気持ちで一杯になった作品は久しぶりだな。
ちぐのさん
主人公役は『メリーに首ったけ』で有名なベン・スティラー。コメディ映画が似合う俳優さんのイメージだから、この作品にピッタリ。そのベン・スティラーが演じるラリーは冴えないバツイチの中年男性。夢ばかり追いかけ、妙な発明で一攫千金を狙ったりするが、どれもうまく行かず職も転々とする。それでいいとラリー自身は思っていたが、離婚した妻と一緒に住む息子のニックに定職についた方がいいと心配そうな顔で諭されてしまう。
野口明人
ニックは元妻の再婚相手の職業である債権トレーダーを将来の夢だと言っていた。父親の面目丸つぶれ。これではダメだと職業斡旋所に行き、なんとか職業を紹介してもらったが、なぜかみんなに断られるといういわくつきの場所。それが今回の映画の舞台である自然史博物館。
ちぐのさん
経営不振でお客さんはほとんどおらず、人件費削減のため3人の老人警備員をリストラして1人の警備員を雇おうとしているのだった。ラリーはセシルを代表とする3人の爺さんから一冊の手引書とともに仕事の説明をざっくりと受け、夜勤警備を始める。
野口明人
広い博物館で一人警備をして周るラリーだったが、いつの間にか馬鹿でかいティラノサウルスの骨の標本が消えている事に気がつく。セシルのいたずらかと思い呼びかけるが、返事をしたのは大暴れする骨の恐竜。大慌てで逃げ出しセシルに電話をかけたが、そんな事当然かのように手引書を読めとだけ言って切られてしまった。
ちぐのさん
恐竜だけではなく、博物館のあらゆる展示物達が命を宿し大暴れする。その対応にてんやわんやなラリー。時には恐ろしい部族に八つ裂きにされそうになり、時にはミニチュアな人間達にガリバー旅行記のように体を縛り付けられ、時には南北戦争で闘う顔のない兵隊達の戦争に巻き込まれ、マンモスやライオンに襲われる。
野口明人
いたずらな猿には鍵を盗まれ、文句をいうとおしっこをひっかけられる始末。一冊しかない手引書も破られてしまった。様々なひどい目に合うラリーを助けてくれたのは第26代大統領セオドア・テディ・ルーズベルトの蝋人形。彼がこの不思議な現象の原因は古代エジプトのブースにある「アクメンラーの石版」にあるのだと教えてくれる。
ちぐのさん
原因がわかった所で、自分の仕事の内容が変わるわけではない。自分には手に負えないと判断したラリーは仕事を辞めるつもりだとテディに告げると、「この世には生まれつきの偉人となりゆきの偉人がいる。君が偉大になるチャンスは今だ」と言い残し元の展示物に戻っていった。博物館の展示物達は朝が来ると魔法が解ける。
野口明人
様子を見に来た3人の老人警備員。夢のような出来事が過ぎ現実に戻されたラリーはふつふつと抑えていた不満が爆発し、3人に仕事を辞めると告げ博物館から外に出た。しかしそこにニックと再婚相手の男がラリーの職場を見学しに来ていた。こんな所で働けるなんてすごいと嬉しそうなニックの顔を見て考え直すラリー。
ちぐのさん
セシルにやっぱりもう一晩働いてみると言い直し、手引書はないかと質問する。あれは一冊しかないのだ、歴史を勉強すれば対処できるようになるとアドバイスをもらったラリーは、博物館の案内をしている女性のレベッカの話を聞いたり、本で調べたりして知識をつけていく。
野口明人
そして夜勤警備に就くとあれだけてんやわんやだった展示物達にも対処が出来るようになり、仕事のコツを掴めてきた。しかしちょっとのミスを神経質な館長に指摘されクビだと言われてしまう。なんとかもう一夜だけチャンスをもらったラリーだったが、運悪くクビだと告げられているシーンを友達に父親を自慢しに来たニックに見られてしまう。
ちぐのさん
またもや仕事が続かなかったねと家でガッカリしているニックに、夜の魔法の出来事を見せてやろうと職場に連れて行くのだが、時間になっても展示物たちは動き出さない。いよいよ呆れ返るニック。なぜ動かないのかと原因を探ると「アクメンラーの石版」が無い。何者かの影を見つけたラリーとニックは…こんな感じのあらすじ。ここから盛り上がっていくのだけれど、ネタバレになるのでここまでで。
野口明人
この映画、とにかく演出が良い。ストーリー的にはそれほど難しくもなくひねりもない。わかりやすい話なので、子供と一緒に見ても楽しめる作品。ただ、そんなある意味ありがちな話であるにも関わらず、ここまで楽しめるのは演出の素晴らしさだと思うんだよね。
ちぐのさん
一つ一つが凝っていて、ミニチュアなキャラ達が一生懸命やっているシーンを激しく見せたかと思えば、人間サイズに戻した視点でギャップを楽しませるカメラワークがあったり、最初に主人公が妙な発明の話をしていたことがラストに効いてくる伏線だったり、親と子供の絆を主軸に据えつつ、博物館の案内人と憧れていた偉人の対面だったり、展示物同士の恋愛や、諍いあっていた者同士の和解…などなど、色んな所で色んな話がすべてうまくいく。
野口明人
それが見ていて本当に爽快で、映画とは夢を見せてくれるものなのだと実感したね。現実にはこう上手く行かない事が多いからこそ、せめて映画の中だけでもひとつのミスなくすべてが上手くいく世界を見たい。そんな願望を満たしてくれる映画だよ。もちろん、リアリズムを否定しているわけじゃないよ。現実をありのままに見せてくれる映画も勉強になるけど、時にはこういう不思議な力によって勇気をもらえる作品を見たっていいじゃないか。
ちぐのさん
うん。ご都合主義と言っちゃえば何もかもおしまいだけど、全部が自分の都合のいい世界もたまにはいいよね。
野口明人
そしてやっぱり、僕の中じゃロビン・ウィリアムズは特別だわ。この人が自殺してしまったなんて、今でも受け止められない。この人の存在、この人の話す言葉、その優しい語り口調、たまに見せるおどけた芝居。僕の心にすーっと心地よい風を吹かせてくれるね。
ちぐのさん
くー、たまらん。それとエンディングロール中もちょっとしたおまけ映像ついているから見逃さないようにね。僕が一番好きなシーンはラストで博物館の館長がラリーにライトを渡すシーンで、その時の館長の表情が実にイイ!
野口明人
ラストにEarth, Wind & FireのSeptemberをかけるあたりは、観る人が観ればニヤッとしちゃうんじゃないかな。
ちぐのさん
ま、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。続編が2つ出ているみたいだけど、Amazonプライムビデオで今のところ観れるのは今作品だけみたいだね。

…そんな事を『ナイト ミュージアム』についてフライドチキンを棍棒のように振り回しながら居酒屋で話すと思います。

スポンサードリンク

『ナイト ミュージアム』の名言・心をざわつかせた言葉

恨みがあっても僕は人に小便なんかひっかけないぞ。

たとえ体は小さくてもハートは大きいのだ!

人間、何事も独立独歩だ。答えは自分で探すのだ。

この世には生まれつきの偉人となりゆきの偉人がいる。君が偉大になるチャンスは今だ。

過去を知ることが未来につながる。

たった一晩で努力とは言えん。

私は蝋でできてる。君は違うだろ?

息子の前で僕をバカにするな。

『ナイト ミュージアム』は↓こんな作品や世界観が好きなあなたにおすすめ。この映画を観ている時にパッと思い浮かんだ映画・小説・漫画・アニメ・テレビドラマ、または音楽など

ちぐのさん
似てる似てないはあくまでも個人的な意見ですが、ジュマンジがまずはじめに頭に浮かびました。ジュマンジは僕が人生で初めて観た映画でもあるんですが、セオドア・ルーズベルト役をやっていたロビン・ウィリアムズも主人公として出ています。ジュマンジの方がファンタジー色が強く冒険ものが好きな人には向いているかも。『ガリバー旅行記』映画も出てますが原作の方は無料で読めるし面白いです。『ホーム・アローン』はラストの方の演出の雰囲気が似てます。

『ナイト ミュージアム』のような映画が好きなあなたに、ぜひ次に観て欲しい映画はズバリ…

野口明人
普段動かないものが動き出すと言えば、コレでしょう!特にトイ・ストーリーシリーズでも、悪者がいながらもラストには全員ハッピーに終わるという3が今回の映画の雰囲気にもピッタリでオススメ!

まとめ

いやー、思わぬ伏兵だった。全く期待せずに観ていたらここまで僕好みの映画だったとは…。ロビン・ウィリアムズはやっぱり素敵だし、ベン・スティラーをそれほど知らなかったけど一気にファンになった。

この映画の本当に素晴らしい所は何と言っても誰も憎むべきキャラクターがいないって所。大抵の物語には正義と悪があって、正義を引き立てる為に悪がひどいキャラクターとして描かれるものだけど、この映画はそうじゃない。

ちゃんとして理由があって、悪の側にも共感が出来、最終的に懲らしめられはするけど、ちゃんと彼らにもハッピーな結末で終わってくれている。

悪がやっつけられる物語の爽快さとはまた違った爽やかな夢のある映画。

また、展示物達が動き出すというのも誰もが夢見る事で、素晴らしいファンタジーでした。良かったら夜中に観て欲しい映画『ナイト ミュージアム』でした。

野口明人
では、最後に『ナイト ミュージアム』の採点…

スポンサードリンク



ナイト ミュージアム
  • ストーリー - 75%
    75%
  • キャラクター - 90%
    90%
  • 演出 - 100%
    100%
  • 映像 - 90%
    90%
  • 音楽 - 85%
    85%

レビューまとめ

正直な所、主人公はジム・キャリーがやった方がいいのでは?と開始10分は思っていた。しかし、この作品を見終わった後にはすっかりベン・スティラーの虜になっていた。彼の作品をもっとみたい。もしジム・キャリーだったら、ロビン・ウィリアムズとの関わりも違っていたものになってただろうし、やっぱりこの主人公はベン・スティラーが適役。演出は初めて100点つけたかもしれない。それだけ完璧だった。一度全てを見た後にもう一度観てみるとその演出の懲りようがよくわかる。細かい所まで行き届いた作品。

88%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

四国で歩き遍路中。えもぶれ!で検索!好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!