『ソードフィッシュ』のような悪が全勝ちする映画って他に何かある?

ソードフィッシュ

公開:2001/06/08

監督:ドミニク・セナ

出演者:ジョン・トラボルタ

製作国:アメリカ合衆国

『ソードフィッシュ』は本当におすすめ出来る映画か?

野口 明人
『ソードフィッシュ』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

『ソードフィッシュ』というアクション映画を観てみることにしました。…と、いうのも前回観た作品があまりにも愛で溢れ、穏やかな映画だったので、感想でもアクション映画もいいけど、こういう映画もいいよねと書いた瞬間、アクション映画が観たくなったからです。ノンストップでハラハラなスカッとする映画。時間も出来れば短い物がいい。それで見つけたのが『ソードフィッシュ』。公開当初はマトリックスを超えたというフレコミのせいで散々な評価だったそうですが…。

スポンサードリンク

10秒でわかる『ソードフィッシュ』のストーリーのまとめ

かつては超有名ハッカーとして名を馳せていたスタンリーだったが、逮捕をきっかけに愛娘のホリーと会うことさえ出来なくなってしまった。出所後トレーラーで生活し、性悪な元妻から子供の親権を勝ち取ろうと何度も裁判を起こしては却下される日々。お金もない。パソコンを触る事も禁止されていた彼の元にひとりの女性が現れ、ある男と会うだけで10万ドル。娘とも会えるようになると誘惑され、95億ドルを奪う計画に巻き込まれていく…

もし、あなたに居酒屋で『ソードフィッシュ』ってどんな映画?あらすじは?と聞かれたなら…

野口明人
この映画は一言で言えば、悪が全勝ちするアクション映画なんだ。なかなか珍しいんじゃないかな。
野口明人
映画の冒頭が「ハリウッドはクソみたいな映画ばかり作ってる」というトラボルタの言葉から始まるんだけど、これがただのセリフなのか、それともこの映画の中身を匂わすセリフなのか、全部見終わった後に考えてしまうほど意味深な発言でね。今のアメリカの映画にはリアリズムがないんだってさ。
野口明人
そのリアリズムを追求していくと、無数にある映画のように最後はハッピーエンドになったりもしないし、悪役が倒されて終わりっていう事にもならない。みたいな。んで、この『ソードフィッシュ』は悪のトラボルタが全勝ちする。人質は簡単に爆弾で殺しちゃうし、警察があれこれ画策しても全部その上を行く。最後は…まぁ、観てのお楽しみなんだけど。ハッピーエンドのように見えて、あらま!って感じ。悪役に人情があって失敗するみたいなことはまったくない。常に完璧。正義が最後には勝つのだーはっはっはー、なんて事にならない。冷酷で頭がよく、手に入れたいと思ったものはすべて思い通りにする、そんな悪。
野口明人
まぁ、そんな悪役トラボルタに娘の弱みを握られて仕事の手伝いをしちゃう主人公が最強のハッカーなわけ。トラボルタは彼を気に入って、その昔ソードフィッシュ作戦っていう麻薬捜査で作った、おとり会社が偶然生み出してしまった巨額の利益95億ドルを銀行にハッキングして奪っちゃおう、そのハッキングに主人公を利用しようってのが今回の映画のあらすじ。
野口明人
主人公はさ、最初から乗り気ではないの。でも事あるごとに娘をちらつかせて協力させるトラボルタ。それに対して手伝いをしながらも主人公はハッキングの中に色々とトラップを仕掛ける。途中から天才ハッカーなりにも、正義感が生まれてきた主人公とトラボルタの戦いみたいな形にはなるんだけど、常にトラボルタが勝つ。主人公がこういう行動をとるのを全部把握してたみたいな。その流れを楽しむみたいな映画かな。所々に見どころがあるから飽きずに楽しめると思うよ。
野口明人
でもまぁ、この映画、ちょこちょこ要らないよなこのシーンって思う所があるんだよね。ん?変な所にこだわってるなぁ。でも中途半端だなぁ…。って感じで。無駄にすごいカメラワークかと思いきや、統一感がなかったり、すごいアクションだと思ったら、今のシーンの意味は?って思ったり。
野口明人
だからまぁ、あんまり期待しないで観て欲しいかな。うーんそうだな『ユージュアル・サスペクツ』みたいな映画が好きなら、この映画が好きかもしれない。あの映画をもうちょっとアクションを派手にして、雑な作り込みにして、いらん色気を足したらソードフィッシュになると思う。あの映画みたいに繰り返しみたいな〜ってほどの中毒性はないけど。
野口明人
ま、いい所もあるし、悪いところもある。そんな映画だから、興味が湧いたらAmazonのレビューみたり、Wikipediaで調べたりしてみてよ。ネタバレするかもしれないから、出来れば観てから調べて欲しいけど…。

…そんな事を『ソードフィッシュ』についてハイボールでも飲みながら唐揚げをつまみ、楽しげに居酒屋で話すと思います。

『ソードフィッシュ』の名言

人は目と耳の刺激にだまされやすい。

『ソードフィッシュ』のおすすめポイント

野口明人
思い込みを利用したミスリードのストーリー展開が面白い。大どんでん返し!ってまではいかないけど、スピード感のあるトリック映画を楽しめると思う。いい意味でも悪い意味でも観終わった後に、あー楽しかった。で終わる映画だと思う。

まとめ

いやー、褒めたのかけなしたのかわからない評価になりましたけど、なかなか楽しい映画だと思いました。完全に娯楽映画で、深くは考えずに観たほうがいいと思います。簡単に人死ぬし、簡単におっぱい出て来るし、テロ撲滅をするためにテロを行うのは正義みたいな発言も出るし、道徳心がどうのっていい始めたらこの映画は楽しめない。

冒頭にリアリズムがどうのってセリフから始まりますが、これは映画です。作り物です。作り物だとわかっているからこそ楽しめるものもあるはず。リアリズムがどうのって議論はまた後でしましょう。

そーいえば、悪が全勝ちする映画、すぐには思いつかなかったんですが、まぁじっくり思い出してみれば結構ありますよね。セブンとか、ソウとか、ユージュアルサスペクツとか。あーゆーの好きな人は楽しいんじゃないかな。

トラボルタがなかなかいい味出してる。うん。そんな感じで『ソードフィッシュ』でした。

たまにはアクションもいいね。

野口明人
では、最後に『ソードフィッシュ』の採点…
ソードフィッシュ
  • ストーリー - 65%
    65%
  • キャラクター - 70%
    70%
  • 演出 - 75%
    75%
  • 映像 - 65%
    65%
  • 音楽 - 75%
    75%

レビューまとめ

何も考えず、ただただ楽しもう。深い意味とか考えず面白けりゃいいや!っていう人にはうってつけの映画だと思います。無駄にすごいカメラワークで笑ってしまった。

70%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

スポンサードリンク

70%

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!