『スナッチ』は音の使い方が秀逸!それだけで面白いと思ってしまう!

スナッチ

公開:2000年

監督:ガイ・リッチー

出演者:ブラッド・ピット,ジェイソン・ステイサム

製作国:イギリス

『スナッチ』は本当におすすめ出来る映画か?

[amazonjs asin="B004H9PEXS" locale="JP" imgsize="medium" title="スナッチ"]
野口 明人
『スナッチ』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

スナッチ』は、ブラッド・ピットがこの映画の監督ガイ・リッチーのデビュー作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」に感動して、ギャラ安くてもいいからあんたの作品に出させてくれ!と言って出演した作品。まだ「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」は観た事がないが…

スポンサードリンク

スナッチを選んだ理由

ガイ・リッチー監督の作品を観てみました。まぁ、なんで観てみようと思ったかと言えば、今日、公式サイトの方で「ポップコーンメーカーを買ったら、体重がみるみる痩せた件について。」っていう記事を書きまして、ポップコーンについて調べてみるとマドンナがポップコーンダイエットをしていたみたいな記事を読んだ。

そこでマドンナを調べてみると、この監督の元奥さんという事で、作品群をざーっとみるとこの「スナッチ」だけ聞いた事がある作品だった。それにパッケージを観るとブラッド・ピットが出てたし、こりゃ面白そうだなと。

んで、実際どうだったか。まずはあらすじ。

あらすじ的なもの

この映画は最近見た「ラブ・アクチュアリー」みたいな多くの登場人物のシーンが交差する群像劇です。数多くの小悪党が様々な形で絡み合うストーリー。一応、ジェイソン・ステイサムが主人公を務めていますが、まだまだあまり有名ではないとのことで、パッケージなどではブラッド・ピットが真ん中を務めています。つまりは、ブラッド・ピットも数多く登場するうちの小悪党の一人なわけです。

話の発端は、宝石商からある強盗集団がダイアモンドを盗むところから始まる。このダイアモンドが色々なアクシデントに見舞われ、様々な小悪党の手に渡り二転三転するというもの。

ストーリーとしてはこれだけです。ダイアモンドが二転三転する。はい。

実はストーリーは大して面白いものではなかった

はい。群像劇と言えば大きく広げた風呂敷がどうやって収束するのかというのがまぁひとつの面白みと言えるでしょう。それに関して言えば、この作品はこれは綺麗にまとまったな!っていう感動はあまりありません。

なんとなくダイアモンドの行方を追っていくというだけなので。

しかし、それでもこの映画は面白いと思ってしまうのは、かなり効果的に「音」を使っているからだと思う。

ジャンルと言えばそうだな。

「テクノ」かな。しゃべるセリフと音楽が見事にマッチしてひとつの音楽になるみたいな。そういう感じ。

それと音と言えば、僕はちょいちょい色々な所で群像劇の傑作といえばアニメ「バッカーノ!」だなんて豪語するんですが、どうやらこの映画のOPをバッカーノ!はオマージュしているみたいです。

結構、コミカルタッチなんだよな。

この映画をさらりと観られる理由は犯罪映画なのにグロくないから

グロい内容をグロいまま見せる手法とグロい内容を扱っているけど、具体的な所は見せない手法があって、映画「サイコ」の監督、アルフレッド・ヒッチコックはあの作品の中で、いかに悲惨に切り刻まれた死体を見せないで運ぶかというのを苦心したみたいに具体的に見せない事で作品の全体像がガラッと変わる。

同じ群像劇で最近みた犯罪映画だとタンティーノの「パルプ・フィクション」か。あれは完全にグロいまま見せる映画。ピストルで撃たれるシーンも映像に入っているし、そのものをそのまま映像化する。

一方、今回のスナッチはドンパチやって撃たれたりするんだけれど、実際はそのシーンは音だけだったり、役者の視線で表現されたりしている。パルプ・フィクションはコミカルとは言えないけれど、スナッチはコミカルだという印象が生まれるのはそこに起因していると思う。

まとめ

この作品が面白かったか面白くなかったかで言えば面白かったです。人に薦められるか薦められないかで言えば、万人には難しいかもしれない…。でも、さらっと観れるし、それなりに爽快感もあるので万人受けはすると思います。…うーん。万人受けするけど、万人には薦められない映画?

難しい。

まぁ、ブラッド・ピット好きなら素晴らしい肉体が観られるので観たほうがいいです。でもファイト・クラブの方が面白いかな。

名作とは言えないけども、たまにはこういう映画も観たいな的な映画でした。うん。たぶんそれだ。

では、『スナッチ』でした。

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!