『イントゥ・ザ・ワイルド』を観た。映像美がとにかくすごい。美しい

イントゥ・ザ・ワイルド

公開:2008/9/6

監督:ショーン・ペン

出演者:エミール・ハーシュ

製作国:アメリカ合衆国

『イントゥ・ザ・ワイルド』は本当におすすめ出来る映画か?

野口 明人
『イントゥ・ザ・ワイルド』のレビューをするのは僕。
REVIEW - 映画レビュー

イントゥ・ザ・ワイルドを観た。深かった。観終わった後の何か虚脱感がハンパなかった。僕は思った。なぜだったのか…と。

スポンサードリンク

10秒でわかる『イントゥ・ザ・ワイルド』ストーリー

過去をすべて捨てて、荒野へ行った青年。彼はそこで何を見たのか。

ネタバレ注意『イントゥ・ザ・ワイルド』のあらすじまとめ

裕福な家庭に生まれ、何不自由なく育ったクリス・マッキャンドレスは優秀な成績で大学を卒業する。卒業後、クリスの両親はクリスがハーバードのロースクールに進むものとばかり思っていたが、クリスは突然姿を消した。学資預金をすべて慈善団体に寄付してしまい、乗っていた車を乗り捨て、身分証も焼き捨ててあった。

彼はアレグザンダー・スーパートランプと自分の名前を新しく変え、アラスカで独り生活するために旅を続ける。物にありふれた社会や、ケンカばかりの両親にうんざりしたのだ。

旅を続けるうちにいろいろな人と出会い、さまざまなことを感じることもあったが、クリスの目的は何も変わらなかった。とにかくアラスカへ。

アラスカに着いたクリスはバスを見つけ、そこを住処とする。

しかし、自然は人間に対し、脅威を与える。

食べるもののたくわえがなくなり、飢えに困ったクリスは本を頼りに食べられる植物を探した。しかし、毒のある植物を誤って食べてしまい、嘔吐や食中毒に悩まされる。

徐々に体が弱っていくクリス。

彼は弱りゆく意識の中で、幸せとは何なのかを知る。

『イントゥ・ザ・ワイルド』の名言

人生において必要なのは―――実際の強さより強いと感じる心だ。

自分の頭と手しか頼れない

自由とその素朴な美しさは無視するにはすばらしすぎる…

幸福が現実となるのは、それを誰かと分ちあったときだ。

『イントゥ・ザ・ワイルド』のおすすめポイント

野口明人
とにかく映像が美しい。

ところどころに心を打つ言葉がちらほらと見える。

なぜ彼はこだわりを捨てられなかったのか?

この映画は実話だそうです。大学卒業まで何不自由のない暮らしをしていたはずの彼でしたが、急にすべてを捨て旅に出ました。なぜ彼はこだわりを捨てられなかったのか?それだけがこの映画を観た後に何度も頭をよぎりました。

悪く言ってしまえば、自意識過剰の男が旅に出て餓死するだけの話なんだけれど、それだけじゃ済まされないようなものが映像を通してこっちに訴えてくる。

なんだろうなぁ。

2時間半近くある映画だったが、飽きることなく一気に観ることが出来た。

妹の考察もあるけど、主人公が感じてた戸惑いというのは結構大きいものだったのではないかと感じる。自信過剰とは一言で片付けてはいけない何かが彼を動かしていたんだろう。

まぁ、映画を観て人それぞれ感じることは違うと思うけども、僕はこの主人公に感情移入が出来たので比較的いい映画に思えました。

最後に死んでしまうのは残念だったが、現実の世界で起きたことだから仕方がない。彼が旅の途中のどこかで、こだわりを捨てることが出来たら、死ぬこともなかっただろうに。それだけの人には出逢って来たと思ったんだけど、残念です。

アラスカで彼が感じたことを持ち帰って、家族とシェア出来ていたら、すばらしい家族になっていただろうにと感じました。

まとめ

以上、あまりまとまっていない気がしますが、イントゥ・ザ・ワイルドを観た感想です。

この映画は深い何かを感じさせてくれる映画でした。家族とうまくいっていない人が見てみたらいいんじゃないかな。

たくさんの言葉の中に何か感じるものがきっとあるはずです。

ではでは、『イントゥ・ザ・ワイルド』でした。

野口明人
では、最後に『イントゥ・ザ・ワイルド』の採点…
イントゥ・ザ・ワイルド
  • ストーリー - 80%
    80%
  • キャラクター - 75%
    75%
  • 演出 - 70%
    70%
  • 映像 - 85%
    85%
  • 音楽 - 70%
    70%

レビューまとめ

主人公の行動に共感できるかどうかで結構見方が変わってくる映画。

76%
User Rating 0 (0 votes)
Sending

スポンサードリンク

76%

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!