『それでもボクはやってない』を観た。すごく色々と考えさせられた。

観ている間中、ずっと心の中でふつふつとしたなにかが込み上げていた作品。

痴漢冤罪についての映画。男性としては誰もが降りかかってくる可能性がある話で、どうも僕はずっと心が揺り動かされていたようだ。観終わった今もなんだか心がすっきりしない。

実際、こんな目にあったらどうしようか。

そればかりが頭をよぎる。満員電車で痴漢に間違われるという事は自分としてはまだ経験のないことだが、まぁ、間違われてもなんとかわかってもらえるんだろうぐらいに考えていた。

もちろん、これは映画であって、作品であるから、誇張されてはいるだろう。ステレオタイプな方が作品として映えるし、観ていてわかりやすいこともある。検察官や裁判官に自分の事を言っても信じてもらえない、国家権力が働いて簡単には無罪に出来ない的な。

そしてにしてもだ。実際に僕が痴漢に間違われて、本当はやっていないのに、この映画の数パーセントでも現実の世界で目の当りにしてしまったら。

何を言っても信じてもらえない。やっていないのに実刑判決をくだされる。

そんな事が起こったら。

どうしよう。ずっとそればかり考えている。

痴漢は犯罪です。犯罪は罰すべきです。それはわかってます。でも、犯罪を犯していないのに、犯罪者と世間に思われるような報道をするメディアとか、冤罪判決をしてしまう事は犯罪ではないのか。人を傷つけているのに。

なぜ?

法に定められていないからです。

犯罪は法律を違反する事。法律に違反していなければ犯罪ではない。脱法ハーブとか。体にいい影響を与えなくても法律で定められていないから犯罪ではない。そういう感じ。

僕はずっと、「法律は僕らを守ってくれるもの」だと思っていました。

僕らを傷つけるものから守ってくれるものであると。でも、この映画のようなものが法律によって引き起こされていたのであれば、それは勘違いだった。

法律はあくまでも僕らを規制するものでしかないのかもしれない。

この範囲内で生きていきなさいと。

もう何もかもわからなくなりました。

「法律を守る人間=正しい人間」ではないのです。

信じられるのは自分の道徳心です。人に迷惑をかけてはいけない。ただそれだけです。痴漢は犯罪だからやってはいけないのではない。痴漢は被害者の女性を傷つけるからやってはいけないのではない。

痴漢をすることによって、痴漢に間違われる人が出る事、被害者の女性を傷つける事、その他もろもろ、痴漢というものが存在することによって発生する人々の思考回路のあれこれによって、「多くの人が迷惑になるから」やってはいけないのです。

法律で定められていない事でも、「多くの人に迷惑になる」ことはやってはいけないのです。

だから僕は痴漢を憎みます。

…なんというか、そういう事を考えました。

この映画、下のレビュー点では、基準が「ストーリー」「演出」「映像」「キャラクター」っていうこのサイトすべての映画を判断するものさしだけで採点しているので、あんまり点数は高くつけられませんでしたが、実際、加瀬亮の演技とかに涙したし、役所広司が怒鳴る所に迫真の演技を感じました。

なので、点数では表せないぐらい評価したい作品です。

今は、裁判員裁判制度が出てきたので、この映画のような状況が少しは緩和しているとは思いますが、それでも実際、自分に起きたらどうしようと今でも考えてしまっています。

僕の「世の中にある作品が良い物であるかどうか」の基準は心が動かされるかどうかです。そういう意味で僕はこの作品は素晴らしい作品なのかなぁと思います。メッセージ性強かった。

まぁ、賛否両論な作品だと思うけども。

あ、それともうひとつ。

男女平等。

とかいいつつ、男尊女卑は存在するし、それの逆で男性は悪くて女性は良いみたいな風潮が若干あると思います。つまりは男女平等の世の中では全くないです。男女平等は女性だけの特権の言葉ではないです。

男性にもあるのです。絶対。結局、男性と女性は全く同じ生き物ではないのだから、同じ価値基準で判断するの辞めてくれって感じです。

男女平等をうたっている人がある部分でレディーファーストとか言ってたりね。男女平等をうたうのであれば、トイレも一緒。お風呂も一緒。男性が育児することに特別視する必要ないし、女性が社長だからと言って取り上げる必要もない。

男女平等は都合のいい言葉じゃないんだ。完璧な男女平等、男女同じだったらなんと生きにくい世の中だ。だから、「男女平等」とか言葉変えてほしい。男女平等教撤廃。

つまりは男性には男性の悩みがあるし、女性には女性の悩みがあるし、大切なのは同じものとして扱おうとする姿勢ではなく、お互いを理解することなのでは。もう別のものなんだと認めちゃえばいいのに。「男性、女性である前にひとつの人間なのだ」ではなく、「人間である前に男性、女性であるのだ」としてほしい。

男性の国の住人がいて女性の国の住人がいてその他の国の住人がいて、みんな相手を理解して、引くところは引いて、主張することは主張する。持ちつ持たれつがいいんじゃないかな。

そういう点で、痴漢は女性の敵だけなのではなく、男性の敵でもあるのだよと。痴漢と聞くと「男性って最低」みたいな考えはなんとかならんのかと。

もう言いたいことが多すぎてまとまりがなくなってきたので終わります。こういう事を考えさせてくれた作品に感謝です。僕は結構好きですよこの映画。

ではでは。

今すぐ『それでもボクはやってない』をダウンロード

スポンサードリンク

この記事をシェアする

レンタルを辞めてわかった事…

このサイトで紹介している映画は基本的にHuluAmazonプライムビデオなどの見放題サービスで見ています。Huluは月額税込みで1,007円。Amazonの方は年額税込み3,900円。TSUTAYAとかで借りるしかなかった僕にとっては、だーいぶお財布に優しくなりました。

まぁ、毎月1000円、年間3900円が安いかどうかは人それぞれですが、とりあえずTSUTAYAとかで借りた場合、その映画がつまらなかった場合でも借りてしまった手前全部見ないともったいない気がしますが、見放題の場合、即ヤメが出来るのが一番のメリットでした。

一本に対してお金を払っているわけではないので、つまらなかったらやめる、気になったらちょっと見てみる、面白かったら何度も後で見返せる。っていうレンタルビデオでは出来ない事が気軽に出来ます。

結果、良い映画に出会える可能性が増え、クソ映画で人生を損するということも少なくなった気がします。もし、HuluやAmazonを使ったことがなければ一度使ってみてくださいませ。きっと分かる人にはわかってもらえるはず…。

あ、Huluについては使わない時はアカウントをホールド出来るのが地味に便利です。僕も忙しい時はホールドにして月額を払わずに過ごした事もありましたので…。まずは1ヶ月ほど使ってみて、あなたの生活に合う合わないを見極めてみてはいかがでしょう。

あぁ、映画だけを観て暮らしたい…。

Amazonプライムで無料の映画を検索する

この映画のあなたの感想・レビューへコメント

ABOUTこの記事をかいた人

好きな映画は『オーロラの彼方へ』。好きな小説は『十八の夏』。好きなCDは『Return to Forever』。好きな漫画は『惑星のさみだれ』。趣味はロードバイクで日本をぐるぐる。そんなノッポでうずまきな30代。埼玉出身。ブログは今年で9年目!!記事少ないけど。…でも、それぞれ魂込めて書いてきたはず。だから、今日も読んでくれてありがとう!