TAG 納谷悟朗

ホラー映画

『遊星からの物体X』が1982年の作品とは思えないぐらいおもろい

『遊星からの物体X』というホラー映画を僕は知りませんでした。そもそもがホラーがあまり得意ではなかったのですが、前回『シックス・センス』前々回『アザーズ』と軽めのホラーを観て面白かったので、本格ホラーを観てみようと思い立ちました。

敬遠していたためにホラーに詳しくない僕はAmazonプライムでレビューが200件以上あるもの、評価が☆4.5以上のものという条件で検索しました。すると現時点では『シャイニング』と『遊星からの物体X』だけがヒットしました。『シャイニング』は過去に観た事があったので『遊星からの物体X』を観ることに決めたのです…。

ヒューマンドラマ映画

『マジェスティック』隠れた名作。ラストのジム・キャリーが沁みる!

『マジェスティック』がフランク・ダラボン監督の映画だと言うし、大好きな俳優ジム・キャリーが出ていて二重で魅力的だったので観てみることにした。

フランク・ダラボン監督はショーシャンクの空にやグリーン・マイルの監督だが、この監督が作る映画は本当に観た後に爽快感を与えてくれる。

ショーシャンクもマジェスティックも、もちろんグリーン・マイルも実は過去に観たことがある作品で、TSUTAYAが旧作100円というのを始めたので自分の中で映画ブームが再熱し、もう一度観てみようと思ったのです。

ショーシャンクはもう、周りの評価からわかるように映画界のミスチルです。みんな大好きショーシャンクです。

一方、マジェスティックはそれほど話題に上がらない映画ですが、やっぱりこれも素敵でした。二回見ても泣きました。いい映画は何度見てもいいものです。