TAG アメリカ

ヒューマンドラマ映画

『ネバーランド』が駄作だと?馬鹿野郎!!泣いてしもうたやないか…

『ネバーランド』という映画をこのブログでは2012年に観て感想を書いた事があります。その時は、この映画の前知識もなく観て、わけもわからず、『ネバーランド』観る前に知る事。この映画は前情報が必須の映画だ!というタイトルで、僕には子供の心がなかったのかもしれませんね…的な事を書いて酷評していました。

今回、前に観た映画を改めて観ると感想が変わってくるという事をまじまじと感じました。映画とは、自分の人生によって変わる奥深いものなのかもしれません…。

ヒューマンドラマ映画

『ヘアスプレー』今まで観たミュージカル映画の中でこれが一番好きだ

ミュージカル映画があまり得意ではない僕ですが、過去に観てここに感想を書いたミュージカル映画作品(『シカゴ』)はよい作品でした。その他、ダンサー・イン・ザ・ダークとかドリームガールズとか観たことありますが、その中でも今回のが一番いいなと思える映画だったかも。

ヒューマンドラマ映画

『この森で、天使はバスを降りた』オススメ出来ないがお薦めしてみる

どうにも後味悪い記憶に残る映画を観た。『この森で、天使はバスを降りた』は色々な所で高評価で泣けるというので観てみたが、ダンサー・イン・ザ・ダークを見た時のような何ともいたたまれない気持ちになった。誰にもオススメ出来る映画じゃないけど、とりあえずあらすじと感想。

ヒューマンドラマ映画

『遠い空の向こうに』は評判通りにジワっときて(´;ω;`)ブワッ だった

高校生4人組がロケットづくりに励む映画、「遠い空の向こうに」を見た。「【感動】最も泣ける映画を教えてください。→涙でディスプレイが滲む」という記事を書いた時によく名前が挙がっていた作品だったのでずっと気になっていた。期待して観てみた結果…。